彼女の話

彼女を包む音

投稿日:

引越しをして彼女は色んな音に耳を傾けるようになった。

近くに川や木々が多くあることで、鳥が多い。
色んなさえずりが聞こえてくる。
時々は雨どいをトントン跳ねながらぴーちく言っている。
その足音はなんともたどたどしくて愛おしい。
彼女はその間気を遣って窓に近づかない。

午前中は決まってトランペットの音が聞こえてくる。
実際にはトランペットかは分からないし、
音がするときに川沿いを歩いた時も姿を探してみれどどこにいるのか分からない。
なんの曲か知らないが、2時間くらいはいつも聴こえてくる。
その安定した響きは立派なBGMの役割を果たしており、
彼女は毎朝なんだか得をした気分になる。


昼間は比較的静かだ。
彼女はよく眠たくなる。
静かの音に浸る。


夕方になるとまたトランペットの音が聞こえてくる。
しかし奏者が朝とは明らかに違う。
彼女が越してきて少し経つが、相変わらず最初に聴いた音の羅列と全く同じものが今も聞こえてくる。
ほぼ毎日。
トランペットの基礎であるフレーズなのかもしれない。
誰だか知らないが、音が聞こえてこない夕方は彼女は勝手に心配している。



夜7時ごろになると、これも決まって近所の子供たちの声が聞こえ始める。
どうも姉妹のようだが、祖母が付き添って外で遊ぶ。
よく「ごはんはたべましたか」の問いかけではじまり、
「おふろにはいろう」で静かになるので、
夕飯と入浴の間の時間に外に出てくるようだ。
かなりおてんばな二人であるようで、めちゃくちゃ騒がしい。
以前たまたま見かけたが下の子はまだ2歳くらいだ。
憶えたばかりの言葉を鼻にかかった声で一生懸命にずっとしゃべっている。

これは夜にかぎったことではないのだが、この下の子がすぐ泣く。
ほんとにすぐ泣く。ことあるごとに泣く。
毎晩この時間もあまりにすぐ泣くので彼女はおかしくてたまらないのである。
すぐ泣くがすぐ泣き止む。
この自己主張が微笑ましい。
小さい子は自分を表現する手立てがまだ少ないだけなのだ。



彼女はここでよく窓を開けるようになったために、
騒音を耳にすることも増えた。
近くに駅があるのでかすかな電車の音や踏切にアナウンス。
前を通る車の音や日曜大工の機械音。

あまりに大きな音でない限り、彼女はなんとなくそれらを生活の音と捉えることができるような、そんな可能性を感じている。
そこに恐ろしさを感じなくなるかもしれないということ。



雨の日は彼女にとってはちょうどいい小休止となる。
いつも聴こえる音も声も聞こえない。
窓を閉めきればいよいよ静寂があるのみ。
夜自分だけの世界で彼女は少しあの泣き声が恋しくなる。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

落ち着かない人生

彼女は昔からどうも落ち着かない人生を送っているようだ。 ”波乱万丈だね”と言われることの多い生活なのである。 そして人によっては、彼女自身がそうしている、そういう選択をしているところがある、と言うので …

noimage

涙の世界

彼女は目に涙をいっぱいに溜めていた。 僕は彼女が一体どこに視線を定めているのか分からなかった。 それはおそらく彼女から見えた世界も同じだったに違いない。 ちょうどプールで水面があなたの網膜を横切った時 …

noimage

認められるということ

認める、というのは人が成す行為だ。 彼女は認められたいと思っている。 彼女は”人”が彼女を『認める』ことを望んでいるということだ。 彼女は「たぶん絵を認めてほしい」と思っている。 絵はただの絵だ。 彼 …

noimage

彼女の正月

休みの前の彼女は完全に引きこもれるだけの食料と本とレンタルDVDなどを調達する。 ただし今回の連休はそれに加えて、きちんと年末の大掃除を済ませ、 年越しと新年の準備も欠かさなかった。 ひとりで新年を迎 …

noimage

沿線生活2

沿線生活はいつまでたってもうるさいことに変わりはなかったが、 しばらく住んでいるうちに彼女はいろいろな線路沿いの風景をみた。 撮り鉄と呼ばれる人々を見たのもここでだった。 そばの踏切や彼女のアパートの …

記事内の彼女の絵や写真。
2019年5月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ