彼女の話

彼女と夏

投稿日:

夏は子供のころから彼女に懐かしい何かを感じさせる。
自分に何か大きな転機が訪れるとするなら
冬でも春でもなくそれは夏だろうと今でもなぜか確信している。


このまとわりつくような暑さと、生の匂いのような緑の青臭さが鼻先に触れたとき
彼女は何か白いものが自分のそばに近づいてくるような気がしていた。
そんな時、彼女はふと後ろを振り返ったり窓に近づいてみたりした。
それは新たな生なのか、はたまた死のようなものであるのか分からないが、
恐怖などはなくそれはむしろ自分を包み込むために迎えに来てくれるものだと思っていた。
そんな子供のころの感覚は最近では感じる、というよりその時の感覚を思い出すに過ぎないが、
あの頃から今もどうしてだが懐かしい、と思うのだ。


あの白い存在について考えるとき、彼女は決まって同じことを思い出す。
その頃もう高校生くらいにはなっていたから、
彼女もすっかり「みんなと同じ言語」を十分に操れるようになっていたはずなのだが、
その夏それまでにないくらいのハッキリとした白い存在の感覚に興奮して
うっかり友人に話したことがあった。
それまでは自分の感覚や言葉では伝わらないだろうと誰にも口外することはなかったが、
案の定その時の友人は『彼女の王子さまは白馬に乗って夏にやってくるらしい』と笑った。
その友人も彼女をバカにしたわけではなく、なんと純粋なことかと笑ったのだろう。
彼女は仮面上取り繕って笑ったが、自分の言葉が全く伝わっていないという
あの幼いころの途方もない寂しさを久々に体感して自分はまだ違う星にいるのだ、と確認した。
これはみんなにはない、自分だけの感覚なのだ、と。

本当に白馬に乗った王子ならどれだけいいだろうか。


前述したように何かの転機であることを確信している彼女は、
そんな懐かしさに身を包まれながらも少し警戒して過ごしている。
事実今までこの季節にはろくなことがなかったのだ。
「白い感覚」は決して嫌なものではない、が、生も死も感じる何かなのだ。
大きく柔らかく白いそれはこの夏も彼女を包み込もうとしているのだろうか。


-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

彼女はそんなふうにできている

彼女は自分は風邪をひかないと思っている。 はっきり言って彼女がそう妄信する根拠は何もないのだが、 強いて言えば彼女の体温が高い、ということはあるかもしれない。 37度ある日もざらで、 検診などで毎度微 …

noimage

彼女の年賀状

世の中はクリスマスが迫り、年の瀬が近づき、なんとなく気ぜわしい時節だ。 彼女にはクリスマス一緒に過ごす人もいないし、正月に帰る家もないので この時期も格別予定を考えたりすることもなく、毎年いつもの日々 …

noimage

彼女とゴミ

彼女は意外とエコな人だ。 彼女自身は貧乏性からくるものだと思っているようだが、結構地球に優しいのである。 (寒いというだけで心まで死んでしまう人なので、 冬は暖房がつけっぱなしになってしまうことを除け …

noimage

彼女の最大の矛盾2

彼女は、どんなに悪いことが起こったとしても最後は必ず良いほうに帰結していくのだから 基本的に人生は楽しいことしかない、と思っている。 彼女は、たとえば誰かがしあわせになれることで、 それと引き換えに自 …

彼女が死ぬとき

彼女が死ぬとき

彼女は願っている。 自分が死ぬとき それは誰かが生き延びるとき。 彼女は死をとても恐れている。 死ぬときのことを思うと怖くて怖くてたまらない。 死ななければならないのに、どうして生まれてきてしまったの …

表面下の世界

2019/01/16

表面下の世界

渇き

2019/01/07

渇き

秋晴れ

2018/11/24

秋晴れ

記事内の彼女の絵や写真。
2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ