彼女の話

彼女と夏

投稿日:

夏は子供のころから彼女に懐かしい何かを感じさせる。
自分に何か大きな転機が訪れるとするなら
冬でも春でもなくそれは夏だろうと今でもなぜか確信している。


このまとわりつくような暑さと、生の匂いのような緑の青臭さが鼻先に触れたとき
彼女は何か白いものが自分のそばに近づいてくるような気がしていた。
そんな時、彼女はふと後ろを振り返ったり窓に近づいてみたりした。
それは新たな生なのか、はたまた死のようなものであるのか分からないが、
恐怖などはなくそれはむしろ自分を包み込むために迎えに来てくれるものだと思っていた。
そんな子供のころの感覚は最近では感じる、というよりその時の感覚を思い出すに過ぎないが、
あの頃から今もどうしてだが懐かしい、と思うのだ。


あの白い存在について考えるとき、彼女は決まって同じことを思い出す。
その頃もう高校生くらいにはなっていたから、
彼女もすっかり「みんなと同じ言語」を十分に操れるようになっていたはずなのだが、
その夏それまでにないくらいのハッキリとした白い存在の感覚に興奮して
うっかり友人に話したことがあった。
それまでは自分の感覚や言葉では伝わらないだろうと誰にも口外することはなかったが、
案の定その時の友人は『彼女の王子さまは白馬に乗って夏にやってくるらしい』と笑った。
その友人も彼女をバカにしたわけではなく、なんと純粋なことかと笑ったのだろう。
彼女は仮面上取り繕って笑ったが、自分の言葉が全く伝わっていないという
あの幼いころの途方もない寂しさを久々に体感して自分はまだ違う星にいるのだ、と確認した。
これはみんなにはない、自分だけの感覚なのだ、と。

本当に白馬に乗った王子ならどれだけいいだろうか。


前述したように何かの転機であることを確信している彼女は、
そんな懐かしさに身を包まれながらも少し警戒して過ごしている。
事実今までこの季節にはろくなことがなかったのだ。
「白い感覚」は決して嫌なものではない、が、生も死も感じる何かなのだ。
大きく柔らかく白いそれはこの夏も彼女を包み込もうとしているのだろうか。


-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

彼女と自転車

彼女は車の免許をもっていないので、 必然的に移動は徒歩か電車やバス、そして自転車となる。 中でも自転車は彼女にとってとても愛着のある存在である。 エコで経済的で健康的、そして大体いつどこに行くにも一緒 …

noimage

青りんごの彼女

彼女は自分のことを話すのがあまり得意ではない。 そのせいで言葉足らずになって誤解を受けることも多い。 彼女はそれをものすごく気にする。 人は自分のイメージで話をすることが多い。 自分が青リンゴとして話 …

彼女に触れるもの

彼女に触れるもの

彼女はピッタリ肌にはりつくような服は嫌いだ。 窮屈で身に着けたがらない。 ダボっとしたのやふわふわした服をよく来ている。 ワンピースは好きだ。 もちろんチクチクする化学繊維のニットやマフラーなんかもよ …

noimage

何もない日

朝早く起きられたということ。 シンとした空気に触れられたこと。 本を読めたこと。 朝食をいつもより多く食べられたこと。 日焼け止めをきちんと塗って外出したこと。 通勤ラッシュの中知らない誰かが車を止め …

恣意的彼女

恣意的彼女

あなたは誰かのことをとても知りたい、と思ったことはあるだろうか。 彼女はあまり自分のことを話さない。 話すが好きじゃないのだ。 でも話さないからこそ余計に人は彼女に関心をもってどんな人なのか知ろうとし …

記事内の彼女の絵や写真。
2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ