彼女の話

彼女はまだ

投稿日:2016年12月9日 更新日:

彼女はまだ自分の気質についてよく知らない。

彼女はまだ自分の気質についてはじめて書かれた本を一度も読み終えていない。

 

これまでに3回読もうとしたが、果たさなかった。

 

1回目ははじめから読んだ。

2回目はそのつづきから読んだ。

3回目は読めそうなところから読んだ。

 

どれも徐々にまたは突然に激しい動悸が訪れ、頭痛が吐き気を催し震えと渇きをなみだが助長し、

彼女を不快にするすべてが一度に押し寄せひどく苦しんだ。

 

大して読んではいないから「なに」といえる内容も憶えていないはずなのに、

彼女は目にするのも怖がるようになった。

今はぞんざいに他の本の中に紛らせて目立たない。

 

彼女はまだ知らない。

彼女はまだこれでいいと        いる。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

”変わる”ということは何かを”失くす”ということ

”変わる”ということは何かを”失くす”ということ。

”変わる”ということは何か”失くす”ということだ。 ある人たちにとっては当然かもしれないその事実に彼女はようやく気付きかけている。 彼女は変わるということについてほとんど意識すらしていなかった。 ただ …

noimage

みんなと同じ彼女

彼女はときどき突っ走ってしまう。 そして突然傀儡が人の手を離れて首をうなだれるようにぱったりと動かなくなってしまう。 しなければいけないことがあるとき、したいことがあるとき、彼女はもう半分自分を捨てる …

have a good day

HAVE A GOOD DAY!

  「朝だれも言ってくれないからお皿に言ってもらう」そうだ。   彼女は、ささやかなことで人よりも深く考え人より深く傷つく。 それは損をしているようにも見えるし、とても疲れる。 彼 …

noimage

彼女を包む音

引越しをして彼女は色んな音に耳を傾けるようになった。 近くに川や木々が多くあることで、鳥が多い。 色んなさえずりが聞こえてくる。 時々は雨どいをトントン跳ねながらぴーちく言っている。 その足音はなんと …

noimage

彼女と誰か

彼女は唐突に気づいてぎょっとした。 ちょっと待て。 だれかいる。 一体自分は誰なのか、どれが自分なのか、という問いに彼女ははからずもがんじがらめになっている。 ただ、少なくともその”自分”たちをある程 …

優しい時間

2018/10/19

優しい時間

noimage

2018/09/18

アンビバレンス3

棚

2018/08/29

記事内の彼女の絵や写真。
2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ