彼女の話

彼女はまだ

投稿日:2016年12月9日 更新日:

彼女はまだ自分の気質についてよく知らない。

彼女はまだ自分の気質についてはじめて書かれた本を一度も読み終えていない。

 

これまでに3回読もうとしたが、果たさなかった。

 

1回目ははじめから読んだ。

2回目はそのつづきから読んだ。

3回目は読めそうなところから読んだ。

 

どれも徐々にまたは突然に激しい動悸が訪れ、頭痛が吐き気を催し震えと渇きをなみだが助長し、

彼女を不快にするすべてが一度に押し寄せひどく苦しんだ。

 

大して読んではいないから「なに」といえる内容も憶えていないはずなのに、

彼女は目にするのも怖がるようになった。

今はぞんざいに他の本の中に紛らせて目立たない。

 

彼女はまだ知らない。

彼女はまだこれでいいと        いる。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

認められるということ

認める、というのは人が成す行為だ。 彼女は認められたいと思っている。 彼女は”人”が彼女を『認める』ことを望んでいるということだ。 彼女は「たぶん絵を認めてほしい」と思っている。 絵はただの絵だ。 彼 …

彼女に触れるもの

彼女に触れるもの

彼女はピッタリ肌にはりつくような服は嫌いだ。 窮屈で身に着けたがらない。 ダボっとしたのやふわふわした服をよく来ている。 ワンピースは好きだ。 もちろんチクチクする化学繊維のニットやマフラーなんかもよ …

noimage

何もない日

朝早く起きられたということ。 シンとした空気に触れられたこと。 本を読めたこと。 朝食をいつもより多く食べられたこと。 日焼け止めをきちんと塗って外出したこと。 通勤ラッシュの中知らない誰かが車を止め …

noimage

抑圧と創造

彼女にはしばらく絵を描かない時期があった。 描けなかったのか、描こうとしなかったのか、なんとなく理由をつけて描かなかったのか、わからない。 また描き始めたとき、 彼女は以前ももしかしたら描いているよう …

彼女と精油

彼女と精油

彼女は精油が好きでたくさんもっている。 高価なものなので、少しずつ少しずつ集めてきた。 中でもフランキンセンスが一番のお気に入りで欠かさない。 初めて精油の匂いをかいだとき、彼女はどれをとってもとにか …

記事内の彼女の絵や写真。
2019年5月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ