彼女の話

おでこのこり

投稿日:2017年1月6日 更新日:

最近とても気になっていることがある。
それは彼女のおでこのコリだ。

彼女は考えているときや本を読んでいるとき、人ごみにもまれたときなど
いつの間にか眉間に力が入ってしまう。
しわができない代わりにずっとおでこに力が入っているのだ。

おでこには筋肉があるし、肩とおなじようにコリができる。
最近だんだんとそれが膨らんで不機嫌に見えることがあるのだ。
彼女も混んだ街中を歩いていて店のウィンドウに映った自分の顔にぎょっとすることがある。


見かけも気になるが、最近はおでこや顔面全体が痛み頭痛になってしまうこともあって、
彼女もおでこやら頭皮やら目の周りやらいろいろマッサージしてみた。
しかしそもそものその癖を治すほかはあまり意味がないようで、
生まれながらに四六時中考え事が止まらない彼女は
歳の分培ってきたその筋肉の出来上がった動きに逆らうことができない。

ちなみに彼女はどうも眠っているときも何か考えているようで、
おでこの痛みに目を覚ますことがある。
彼女は考える脳とおでこが近いのがいけないのではないかとよく分からない仮説をたてながら今も悩む。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

”変わる”ということは何かを”失くす”ということ

”変わる”ということは何かを”失くす”ということ。

”変わる”ということは何か”失くす”ということだ。 ある人たちにとっては当然かもしれないその事実に彼女はようやく気付きかけている。 彼女は変わるということについてほとんど意識すらしていなかった。 ただ …

noimage

彼女はそんなふうにできている

彼女は自分は風邪をひかないと思っている。 はっきり言って彼女がそう妄信する根拠は何もないのだが、 強いて言えば彼女の体温が高い、ということはあるかもしれない。 37度ある日もざらで、 検診などで毎度微 …

スペクトルの中の零れる虚しさ

スペクトルの中に零れる虚しさ

どうしてこうなってしまったんだろう。 彼女は後ろを振り返ると、 嬉しかったことや楽しかったことをよく思い出す。 それなのになぜだか彼女は生まれて来なくてもよかった、と思っているのだ。 正確には彼女がハ …

noimage

冬の彼女

ハッキリ言って冬の彼女はまるで役に立たない。 朝はますます起きなくなり、ぎりぎりまでコタツに居座り、外に出たくないとばかり考えていた挙句仕事に行くのに仕事着を忘れ、遅刻寸前に出社、帰ればエアコンとコタ …

失い

失い

彼女はテレビをみない。 ニュースを見ていても、次々と流れてくる憂鬱な事件の連続に だんだん生気を奪われていくような心持がしてくる。 汚職、強盗、放火、飲酒運転、詐欺、暴行・・・ もしかしたらニュースは …

表面下の世界

2019/01/16

表面下の世界

渇き

2019/01/07

渇き

秋晴れ

2018/11/24

秋晴れ

記事内の彼女の絵や写真。
2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ