彼女の話

おでこのこり

投稿日:2017年1月6日 更新日:

最近とても気になっていることがある。
それは彼女のおでこのコリだ。

彼女は考えているときや本を読んでいるとき、人ごみにもまれたときなど
いつの間にか眉間に力が入ってしまう。
しわができない代わりにずっとおでこに力が入っているのだ。

おでこには筋肉があるし、肩とおなじようにコリができる。
最近だんだんとそれが膨らんで不機嫌に見えることがあるのだ。
彼女も混んだ街中を歩いていて店のウィンドウに映った自分の顔にぎょっとすることがある。


見かけも気になるが、最近はおでこや顔面全体が痛み頭痛になってしまうこともあって、
彼女もおでこやら頭皮やら目の周りやらいろいろマッサージしてみた。
しかしそもそものその癖を治すほかはあまり意味がないようで、
生まれながらに四六時中考え事が止まらない彼女は
歳の分培ってきたその筋肉の出来上がった動きに逆らうことができない。

ちなみに彼女はどうも眠っているときも何か考えているようで、
おでこの痛みに目を覚ますことがある。
彼女は考える脳とおでこが近いのがいけないのではないかとよく分からない仮説をたてながら今も悩む。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

彼女と酒

彼女と酒

彼女は酒が好きだ。 飲み会は嫌いだが、ひとりで飲むのはとても好きだ。 昔は平日も仕事の後の楽しみに発泡酒を1本飲んでいたが、 知り合いにノンアルコールをすすめられて以来、平日はALL FREEで事足り …

noimage

いちねんせいのかのじょ3

小学校に入学してからというもの、 一年生にお決まりの黄色い帽子を彼女はいつも引き出しの中にしまっていた。 おかげで彼女は毎日毎日毎日黄色い帽子をかぶり忘れ、 結局数回しか被らず、きれいなままでその帽子 …

noimage

人が好き至上主義者と彼女

彼女には劣等感がある。 幼いころは大きくなれば他の人と同じように周りとうまく付き合っていけるだろうと思っていた。 今自分がそうできないのは、まだ小さいからだと。 今は算数ができないけれど、大人になれば …

彼女のカーテン

彼女のカーテン

彼女の部屋のカーテンは大体いつも閉じられている。   彼女の瞳の色は普通のひとより真っ黒だ。 髪の色も真っ黒だが、たぶん瞳はもっと黒い。 でも彼女は眩しく明るい場所が好きじゃない。 年を経て …

彼女の時計

彼女の時計

残念ながら先日電池を交換した彼女の腕時計の針は 再び散漫な仕事を繰り返すようになってしまった。 修理査定に出そうと考えた彼女はまず時計屋の少なさに驚いた。 文明の利器スマホを頼っても彼女の住む周辺には …

記事内の彼女の絵や写真。
2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ