彼女の話

おでこのこり

投稿日:2017年1月6日 更新日:

最近とても気になっていることがある。
それは彼女のおでこのコリだ。

彼女は考えているときや本を読んでいるとき、人ごみにもまれたときなど
いつの間にか眉間に力が入ってしまう。
しわができない代わりにずっとおでこに力が入っているのだ。

おでこには筋肉があるし、肩とおなじようにコリができる。
最近だんだんとそれが膨らんで不機嫌に見えることがあるのだ。
彼女も混んだ街中を歩いていて店のウィンドウに映った自分の顔にぎょっとすることがある。


見かけも気になるが、最近はおでこや顔面全体が痛み頭痛になってしまうこともあって、
彼女もおでこやら頭皮やら目の周りやらいろいろマッサージしてみた。
しかしそもそものその癖を治すほかはあまり意味がないようで、
生まれながらに四六時中考え事が止まらない彼女は
歳の分培ってきたその筋肉の出来上がった動きに逆らうことができない。

ちなみに彼女はどうも眠っているときも何か考えているようで、
おでこの痛みに目を覚ますことがある。
彼女は考える脳とおでこが近いのがいけないのではないかとよく分からない仮説をたてながら今も悩む。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

彼女と夏

夏は子供のころから彼女に懐かしい何かを感じさせる。 自分に何か大きな転機が訪れるとするなら 冬でも春でもなくそれは夏だろうと今でもなぜか確信している。 このまとわりつくような暑さと、生の匂いのような緑 …

noimage

彼女の買い物

彼女はなかなかの倹約家だ。 もったいない精神とムダ嫌いの魂をもつ。 彼女は普段かなり質素に暮らしている。 特に欲しいものもなく、ブランド物にもあまりステータスを感じない。 だから通常お金を使うことと言 …

noimage

消えた野良犬たち

彼女は『平成狸合戦ぽんぽこ』が大好きで何度も観ている。 ある人と地域猫の話をしている時、彼女はふと そういえば最近野良犬を全く見ない、と気付いた。 地域犬というのは聞きませんね、と言うと その人は『犬 …

noimage

彼女の頭の中のいちばん外側

彼女はいつも自分は結局一体なんなのだろう、と考える。 自分の行動を振り返る。 その時にそれは一般的な行動であったのか、 それとも自分の本来の性格によるものだったのか、 そして、それとも自分のその気質の …

もの・もの・もの・

もの・もの・もの・

彼女はなるべくものを持ちたくないと思っている。 それにも関わらず、昨年末の大掃除で彼女は自分の持っているものの多さに仰天した。 「いつの間にこんなに増殖したのか」 彼女は数年の外国での暮らしから帰国し …

表面下の世界

2019/01/16

表面下の世界

渇き

2019/01/07

渇き

秋晴れ

2018/11/24

秋晴れ

記事内の彼女の絵や写真。
2019年4月
« 1月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ