彼女の話

おでこのこり

投稿日:2017年1月6日 更新日:

最近とても気になっていることがある。
それは彼女のおでこのコリだ。

彼女は考えているときや本を読んでいるとき、人ごみにもまれたときなど
いつの間にか眉間に力が入ってしまう。
しわができない代わりにずっとおでこに力が入っているのだ。

おでこには筋肉があるし、肩とおなじようにコリができる。
最近だんだんとそれが膨らんで不機嫌に見えることがあるのだ。
彼女も混んだ街中を歩いていて店のウィンドウに映った自分の顔にぎょっとすることがある。


見かけも気になるが、最近はおでこや顔面全体が痛み頭痛になってしまうこともあって、
彼女もおでこやら頭皮やら目の周りやらいろいろマッサージしてみた。
しかしそもそものその癖を治すほかはあまり意味がないようで、
生まれながらに四六時中考え事が止まらない彼女は
歳の分培ってきたその筋肉の出来上がった動きに逆らうことができない。

ちなみに彼女はどうも眠っているときも何か考えているようで、
おでこの痛みに目を覚ますことがある。
彼女は考える脳とおでこが近いのがいけないのではないかとよく分からない仮説をたてながら今も悩む。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

ふきとぜんまい

彼女は先日見知らぬ人からふきとぜんまいの煮びたしをもらった。 見知らぬ人と言っても、道で会った人ではなくて、 知り合いを通して知り合いの知り合いからもらったのだ。 (なんだか余計分かりにくいが。) ( …

noimage

彼女と時計

彼女の城には時計がない。 もう何年も置かない。 とにかく彼女はあの秒針のカチコチ音が大嫌いだ。 他の空間で寝なければならない時などはどこかに隠してしまうが、 そうできるときとできない時がもちろんある。 …

noimage

彼女はまた少し小さくなった

彼女はあまり大きくない。 考えることを止めることができないので、そのために四六時中神経をすり減らし、 結果食べても食べてもほとんど太ることができない。   最近彼女はまた少し痩せた。 手首を …

なんという赤!

なんという赤!

無理して笑ってるでしょ 男は目の前にいたのだが、彼女は こいつ後ろから私を見ている、と悟った。 私のななめ後ろにいて、仮面と顔の境目にできた影を見てる、と思った。 はっと気づいた時、男はさらに畳みかけ …

noimage

沿線生活2

沿線生活はいつまでたってもうるさいことに変わりはなかったが、 しばらく住んでいるうちに彼女はいろいろな線路沿いの風景をみた。 撮り鉄と呼ばれる人々を見たのもここでだった。 そばの踏切や彼女のアパートの …

秋晴れ

2018/11/24

秋晴れ

優しい時間

2018/10/19

優しい時間

noimage

2018/09/18

アンビバレンス3

記事内の彼女の絵や写真。
2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ