彼女の話

彼女のおでかけー駅

投稿日:

彼女が駅をつかうようになったのはごくごく最近のことだ。
彼女が生まれ育った場所には駅はなくほとんど小説の中の想像上の場所だった。
ラピュタみたいなものだった。


今彼女が住む町には駅がある。
ベッドタウンの最寄り駅のわりに小さな駅だ。
駅は彼女のそれまでのイメージと違った。


彼女はみんなが行く上りよりも下りの電車に乗ることが多い。

みんなとは逆のプラットホームに立つ。


彼女が行くその場所はいつも人がいなくてガラガラなのに
彼女は改札を抜けると緊張する。

ホームはステージだからだ。


いつも思う。


下り線のプラットホームに立った時、レールを挟んで向こう側には
いつもたくさんの人がいる。
反して彼女が立つホームには彼女のほかにひとりかふたり。
それはまるで劇場やホールのステージと観客席のようなのだ。


彼女は少し離れたところにいる共演者に目をやる。
いつなんどきも80%を超える確率で彼らはスマホに目をやっている。
彼女には目もくれない。

彼女はおずおずとベンチに腰をかける。
向かい側の観客達を見ないふりをする。
彼らはカボチャでイモだ・・・!


一瞬目をやるとなぜか向こう側の人間に限ってスマホをあまり見ていないような気がする。
それよりも面白い何かがステージ上にあるかのようにこちら側をみている。
彼女はその凝視を意識する自分に気付く。


そしてまっすぐに前を向く。


駅はステージだ。
彼女の中で今駅はラピュタではなくステージになっている。



彼女のおでかけー駅

-彼女の話

執筆者:

関連記事

3月9日

3月9日

今日は3月9日だ。 3月9日と言えばレミオロメンだ。 最近では卒業ソングの定番らしい。 彼女は卒業式に特になんの思い入れも思い出もないが、 高校の卒業式だけは死ぬほどうれしかったのを覚えている。 10 …

noimage

いちねんせいのかのじょ3

小学校に入学してからというもの、 一年生にお決まりの黄色い帽子を彼女はいつも引き出しの中にしまっていた。 おかげで彼女は毎日毎日毎日黄色い帽子をかぶり忘れ、 結局数回しか被らず、きれいなままでその帽子 …

彼女の恥

彼女の恥

彼女はどうやら「ものすごく恥ずかしいこと」をしてしまったようだ。 ある人と話しているうちに頭にきて派手に口喧嘩をかましたらしい。 そんなことはなんの恥でもない、生きていればそんな経験の一度や二度はある …

noimage

「おんがくをきこう」

「お腹がすかない だれかいっしょにたべてほしい 会話がおわった 今回はわたしのせいじゃないとおもう 急にあたまがとまる 喉のおくからうまれでそう お腹がおもい そこに何かひっかかってるはれてる つばが …

noimage

彼女と少女のコスモロジー

『内なるものへの適切な態度』 彼女ははっとした。 いつも彼女は遥か上空のようなところから白い箱と少女を眺めていた。 絵本に出てくるような神様や天国にいる人たちは下界をこんな風に見下ろしているのかもな、 …

怒りと光り

2019/07/07

怒りと光り

noimage

2019/06/26

吐き出される夢

noimage

2019/06/23

6月

記事内の彼女の絵や写真。
2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ