彼女の話

彼女のおでかけー駅

投稿日:

彼女が駅をつかうようになったのはごくごく最近のことだ。
彼女が生まれ育った場所には駅はなくほとんど小説の中の想像上の場所だった。
ラピュタみたいなものだった。


今彼女が住む町には駅がある。
ベッドタウンの最寄り駅のわりに小さな駅だ。
駅は彼女のそれまでのイメージと違った。


彼女はみんなが行く上りよりも下りの電車に乗ることが多い。

みんなとは逆のプラットホームに立つ。


彼女が行くその場所はいつも人がいなくてガラガラなのに
彼女は改札を抜けると緊張する。

ホームはステージだからだ。


いつも思う。


下り線のプラットホームに立った時、レールを挟んで向こう側には
いつもたくさんの人がいる。
反して彼女が立つホームには彼女のほかにひとりかふたり。
それはまるで劇場やホールのステージと観客席のようなのだ。


彼女は少し離れたところにいる共演者に目をやる。
いつなんどきも80%を超える確率で彼らはスマホに目をやっている。
彼女には目もくれない。

彼女はおずおずとベンチに腰をかける。
向かい側の観客達を見ないふりをする。
彼らはカボチャでイモだ・・・!


一瞬目をやるとなぜか向こう側の人間に限ってスマホをあまり見ていないような気がする。
それよりも面白い何かがステージ上にあるかのようにこちら側をみている。
彼女はその凝視を意識する自分に気付く。


そしてまっすぐに前を向く。


駅はステージだ。
彼女の中で今駅はラピュタではなくステージになっている。



彼女のおでかけー駅

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

ある朝

彼女はもう何年も飲まない日の方が少ない毎日だった。 飲みすぎることも時にはあったが、ほとんどは彼女の日々のささやかな楽しみであった。 ある朝彼女はいつものように目を醒まし、 いつものように布団から抜け …

彼女が失うもの

彼女が失うもの

彼女は、こういう自分が失うものは何だろうと考える。 人と距離をあけすぎる自分。みんなができることができない自分。嫌なことにはどうしても我慢ができない自分。そしてそれらすべての自分から逃げている自分。 …

noimage

いちねんせいのかのじょ3

小学校に入学してからというもの、 一年生にお決まりの黄色い帽子を彼女はいつも引き出しの中にしまっていた。 おかげで彼女は毎日毎日毎日黄色い帽子をかぶり忘れ、 結局数回しか被らず、きれいなままでその帽子 …

noimage

彼女と声

誰にでも何人かはいると思うが、 彼女にも別に悪い人ではないのだろうができれば避けたい人たちがいる。 彼女にとっては特異な声や話し方の持ち主たちだ。 ひとつはとても声が大きい人。 それから声が高い人。 …

noimage

彼女が人を殺した朝

彼女はひどく青白い顔をして落ち着かない様子で言った。 「人を殺した」 僕は何をバカなことを、と一蹴しかけたのだが、 彼女のあまりにおびえた様子に少し動揺してしまった。 とにかく 彼女は人を殺したと言っ …

表面下の世界

2019/01/16

表面下の世界

渇き

2019/01/07

渇き

秋晴れ

2018/11/24

秋晴れ

記事内の彼女の絵や写真。
2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ