彼女の話

ふきとぜんまい

投稿日:2017年4月19日 更新日:

彼女は先日見知らぬ人からふきとぜんまいの煮びたしをもらった。
見知らぬ人と言っても、道で会った人ではなくて、
知り合いを通して知り合いの知り合いからもらったのだ。
(なんだか余計分かりにくいが。)


(ちなみに彼女は普段他人の手作りというのはよほど親しい人でない限り食べたがらない。
すみません。)
彼女は買ってくる味にも自分の味にも飽き飽きしていたところだったので、
知らない誰かの味というものに「お」と新鮮な気持ちになった。


スーパーの惣菜のパックに4種類。

しいたけ
ふき
ぜんまいの紫蘇和え(?)
ぜんまいと卵の和え物


「おお」

季節の野菜。
全体的に茶色いビジュアルだったが、季節の野菜はピカピカしてみえた。

味付けは彼女には濃かった。
でもそれ以上に季節の野菜たちの風味が主張してきた。
彼女は「むーーーーーーーーふっっ」と鼻息をふいた。
ふきの香りが鼻から抜けていったようだった。

しいたけはもはや茶色く煮詰められたイカかと思われるほどつるつるしていた。
噛むとじゅわわわんと出汁が染み出てきた。

ぜんまいは2種類入っていて、卵和えより紫蘇和えみたいなものが彼女は大変気に入った。
実際紫蘇和えかは分からなかったが、ほんわり紫蘇みたいな梅干しみたいな味がしたのだ。
味が一番薄くて、ぜんまい!らしい一番春を感じた。


彼女は「冷めてもおいしいなぁ」とかみしめた。
「あたたかいなぁ」とも思った。

これを分けてくれた知り合いが言うには
作ってくれた人はその地域のみんなのお母さん的な存在の人で、
時折こうやって何物か作っては周りの人たちに分けているそうなのである。


「春だなぁ
あたたかいなぁ」

もったいなくて彼女は半分次の日のためにわざと残した。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

おばあちゃんズ

彼女は人の話を聞くのが好きだ。 それも自分と全く関係のない人たちの話を聞くのがいい。 彼女がバス停へ向かうとおばあちゃんAが座ってバスを待っていた。 少し離れたところに彼女も腰を下ろした。 その後もう …

noimage

(no title2)

彼女は最近ひどく不安定だ。 ゆらゆらしているのに、口は貝のようにしっかりと固く閉ざされている。 誰にでも憂鬱になるときはある。 僕はただ待つしかない。 関連

noimage

愛する自信・愛される自信

僕は待つつもりだったのだが、思いがけず彼女が口を開いた。 それは彼女がコラージュをしているときだった。 「私は頭がおかしいんじゃない。 愛する自信も愛される自信もないだけなのだ」 それはとてもネガティ …

noimage

結婚

彼女は結婚していない。 する予定もないし、する相手もいないし、するつもりもない。 結婚とは不思議なものだよなぁと彼女は思う。 たった一枚の紙切れに辿り着くまでに、 喜怒哀楽どころか希望とか目標とか不安 …

noimage

(no title3)

「おいてく気持ちもおいてかれる気持ちもしってるよ。 そこからはじまったものもそこからつづいてったものも、あったよね。 確実にいえるただひとつのことは、それが今もそこにあるってこと。 それはとてもせつな …

記事内の彼女の絵や写真。
2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ