彼女の話

ふきとぜんまい

投稿日:2017年4月19日 更新日:

彼女は先日見知らぬ人からふきとぜんまいの煮びたしをもらった。
見知らぬ人と言っても、道で会った人ではなくて、
知り合いを通して知り合いの知り合いからもらったのだ。
(なんだか余計分かりにくいが。)


(ちなみに彼女は普段他人の手作りというのはよほど親しい人でない限り食べたがらない。
すみません。)
彼女は買ってくる味にも自分の味にも飽き飽きしていたところだったので、
知らない誰かの味というものに「お」と新鮮な気持ちになった。


スーパーの惣菜のパックに4種類。

しいたけ
ふき
ぜんまいの紫蘇和え(?)
ぜんまいと卵の和え物


「おお」

季節の野菜。
全体的に茶色いビジュアルだったが、季節の野菜はピカピカしてみえた。

味付けは彼女には濃かった。
でもそれ以上に季節の野菜たちの風味が主張してきた。
彼女は「むーーーーーーーーふっっ」と鼻息をふいた。
ふきの香りが鼻から抜けていったようだった。

しいたけはもはや茶色く煮詰められたイカかと思われるほどつるつるしていた。
噛むとじゅわわわんと出汁が染み出てきた。

ぜんまいは2種類入っていて、卵和えより紫蘇和えみたいなものが彼女は大変気に入った。
実際紫蘇和えかは分からなかったが、ほんわり紫蘇みたいな梅干しみたいな味がしたのだ。
味が一番薄くて、ぜんまい!らしい一番春を感じた。


彼女は「冷めてもおいしいなぁ」とかみしめた。
「あたたかいなぁ」とも思った。

これを分けてくれた知り合いが言うには
作ってくれた人はその地域のみんなのお母さん的な存在の人で、
時折こうやって何物か作っては周りの人たちに分けているそうなのである。


「春だなぁ
あたたかいなぁ」

もったいなくて彼女は半分次の日のためにわざと残した。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

いちねんせいのかのじょ2

彼女はそもそも学校を思い出すのも苦手だ。 小学校も中学校も高校も大嫌いだった。 小学校に入学してから数ヶ月間、彼女は教室へ行けなかった。 いつもお腹を痛がって保健室で過ごしていた。 仮病だと言われたり …

noimage

ダウンタイム

彼女には最近生活の変化があって、あまり仕事をしていない。 もちろん収入は減るが彼女はときどき食べるために働くことをやめて 心や体をリセットでもさせるようにダウンタイムを人生の端々で設けている。 出勤し …

noimage

彼女の最大の矛盾1

彼女は、たとえば誰かがしあわせになれることで、 それと引き換えに自分が生まれて来ないことになったとしてもそれでよかったのに、と思っている。 彼女は、どんなに悪いことが起こったとしても最後は必ず良いほう …

ヘドロの中で

ヘドロの中で

「ヘドロの中で生殺しにされている気分だ」 僕はこの日、点滴にするか牛乳プリンにするかで悩んでいた。 点滴は今の彼女を直接的に物理的に助けることを明らかだった。 ただし僕の記憶では彼女は牛乳プリンが実は …

ことばのパラレルワールドをいきる2

ことばのパラレルワールドをいきる

「あたまの中で考えているときには言葉を使っていなくてもある程度の、 ”何について、どう思って、だから結論が出ないんだ”、みたいな形があるのに 口で表現してみたとたんまったく別の話みたいになる」 「あれ …

表面下の世界

2019/01/16

表面下の世界

渇き

2019/01/07

渇き

秋晴れ

2018/11/24

秋晴れ

記事内の彼女の絵や写真。
2019年4月
« 1月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ