彼女の話

雪の夜

投稿日:

夜道を歩く彼女の前にひとつの雪の塊りが降りてきた。
降ってきたのはたったひとつで、見上げてもそれに続くものはないかに見えた。
たったひとつで降りてきて、寂しかったろうなと思ったものの
宙を舞う小さなゴミだったのだろうかとおかしくなった。


食事をすませ一息ついた彼女はふと外がザワついているのに気が付いた。
外に誰かいるかのような違和感を覚えて恐る恐るカーテンを開けた。
するとそこにいたのは無数の雪だった。
雪降る夜独特の、シンとした無音の声で満ちた世界が
いつの間にか彼女の城の周りで踊っていた。


彼女はたったひとつで降りてきた雪の結晶を思った。
ゴミでもなければひとりでもなかった。

彼女が眺めている内にも雪の結晶は我も我もと言わんばかりに、
次から次へと降り立ち、ふんわりと仲間の上にかぶさった。

彼女は自分のスケッチブックみたいだなと思った。
白地に黒い点々を打つように、闇の世界に白い結晶が満ちていく。
彼女が余すことなく点や線で塗りつぶそうとするように、
高級車も、その上に張られた電線も、その下で照らされていた石ころにも
同じに降り注いで同じに白い塊に変えていく。
悪いことも良いことも全ては同じになっていく。


彼女はふっと視線をずらした先に蜘蛛の巣があったのを思い出した。
街灯に張られていたその網は絶妙な角度を保って
雪を滑落させその半分はまだ姿をみせていた。
解けた雪で濡らされたシルクのような糸は街灯の光に照らされて
白い世界の中で風に吹かれてキラキラしていた。

彼女はこの巣の主を思った。
このまま雪が降り続けばその重さを支え切れずに
ある時プッツンと切れてしまうかもしれない。
明日の朝にはもうないかもしれない。
彼女は願った。
どうか耐えてほしい。


無辜に見えるこの白い世界も
やっと出来上がったかと思えば消えて行く水たまりと同じ。
虚像が消えてしまっても、創った何かが変わらずにそこでフラフラ揺れている。
明日の朝目覚めても、そうであってほしい。
彼女は白が一層ざわめく夜の闇を見ながらどこかに姿を隠すこの巣の主を思った。



雪の夜

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

彼女の頭の中のいちばん外側

彼女はいつも自分は結局一体なんなのだろう、と考える。 自分の行動を振り返る。 その時にそれは一般的な行動であったのか、 それとも自分の本来の性格によるものだったのか、 そして、それとも自分のその気質の …

noimage

随時更新予定

欲求 回避依存 快晴 不信 恋 強くない体 良心 人 HSP 感情 ペルソナ LINE 信頼 疑問 頭痛 彼女を孤独にさせるもの。 彼女を彼女たらしめているもの。 随時更新予定。 関連

アンビバレンス

アンビバレンス

「もういいから!!出てこないで!もう必要ないからもう行って!!!」 朝4時前だった。 彼女はずっと眠れずにいて、数時間眠っていたかと思うとまた目が覚めを繰り返し、 この時は起き上がってベッドに腰かけ文 …

noimage

何もない日

朝早く起きられたということ。 シンとした空気に触れられたこと。 本を読めたこと。 朝食をいつもより多く食べられたこと。 日焼け止めをきちんと塗って外出したこと。 通勤ラッシュの中知らない誰かが車を止め …

noimage

彼女とLINE

彼女はLINEをやっていない。 できるだけ多くの人とつながらないようにしているのだから当然といえば当然だが、 まあ大体人はそれを聞いただけで彼女を少し変わった人だ、と思うだろう。   LIN …

表面下の世界

2019/01/16

表面下の世界

渇き

2019/01/07

渇き

秋晴れ

2018/11/24

秋晴れ

記事内の彼女の絵や写真。
2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ