彼女の話

雪の夜

投稿日:

夜道を歩く彼女の前にひとつの雪の塊りが降りてきた。
降ってきたのはたったひとつで、見上げてもそれに続くものはないかに見えた。
たったひとつで降りてきて、寂しかったろうなと思ったものの
宙を舞う小さなゴミだったのだろうかとおかしくなった。


食事をすませ一息ついた彼女はふと外がザワついているのに気が付いた。
外に誰かいるかのような違和感を覚えて恐る恐るカーテンを開けた。
するとそこにいたのは無数の雪だった。
雪降る夜独特の、シンとした無音の声で満ちた世界が
いつの間にか彼女の城の周りで踊っていた。


彼女はたったひとつで降りてきた雪の結晶を思った。
ゴミでもなければひとりでもなかった。

彼女が眺めている内にも雪の結晶は我も我もと言わんばかりに、
次から次へと降り立ち、ふんわりと仲間の上にかぶさった。

彼女は自分のスケッチブックみたいだなと思った。
白地に黒い点々を打つように、闇の世界に白い結晶が満ちていく。
彼女が余すことなく点や線で塗りつぶそうとするように、
高級車も、その上に張られた電線も、その下で照らされていた石ころにも
同じに降り注いで同じに白い塊に変えていく。
悪いことも良いことも全ては同じになっていく。


彼女はふっと視線をずらした先に蜘蛛の巣があったのを思い出した。
街灯に張られていたその網は絶妙な角度を保って
雪を滑落させその半分はまだ姿をみせていた。
解けた雪で濡らされたシルクのような糸は街灯の光に照らされて
白い世界の中で風に吹かれてキラキラしていた。

彼女はこの巣の主を思った。
このまま雪が降り続けばその重さを支え切れずに
ある時プッツンと切れてしまうかもしれない。
明日の朝にはもうないかもしれない。
彼女は願った。
どうか耐えてほしい。


無辜に見えるこの白い世界も
やっと出来上がったかと思えば消えて行く水たまりと同じ。
虚像が消えてしまっても、創った何かが変わらずにそこでフラフラ揺れている。
明日の朝目覚めても、そうであってほしい。
彼女は白が一層ざわめく夜の闇を見ながらどこかに姿を隠すこの巣の主を思った。



雪の夜

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

終わりどころ

彼女は点を描いているとき、一体どこで終わればいいのか毎回分からなくなる。 これでこの紙に打つ点は終わり、、、かなぁ?と。 ここにもそこにもまだ打とうと思えば打てるのだけど、あと一点だけ打ってもう手をつ …

noimage

ふきとぜんまい

彼女は先日見知らぬ人からふきとぜんまいの煮びたしをもらった。 見知らぬ人と言っても、道で会った人ではなくて、 知り合いを通して知り合いの知り合いからもらったのだ。 (なんだか余計分かりにくいが。) ( …

noimage

彼女の城

彼女は家をとてもとても愛する。 仕事に行っても友達と会っても、出来るだけ早くこの場所に戻りたいといつも願っている。 ロフト付き1Kが彼女の縄張り、彼女の城。   彼女は最近DIYにハマってい …

noimage

夢の話3

彼女はドラえもんやのび太たちが住んでるような 平たい街にすんでいるようだった。 高い建物がなく、一軒家がただ立ち並ぶ住宅街。 あの塀に囲まれた、車一台と人がやっと通れるような 薄いグレイの道を彼女は誰 …

どうしようもないこと

昨夜から彼女は貝になってしまった。 何も話さず、ただ海に中にいるみたいに顔がびしゃびしゃになっていた。 酸素を取り入れようとするけどうまくかない、といったように ときどきゲホゲホと咳き込んだ。 すごく …

優しい時間

2018/10/19

優しい時間

noimage

2018/09/18

アンビバレンス3

棚

2018/08/29

記事内の彼女の絵や写真。
2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ