彼女の話

雪の夜

投稿日:

夜道を歩く彼女の前にひとつの雪の塊りが降りてきた。
降ってきたのはたったひとつで、見上げてもそれに続くものはないかに見えた。
たったひとつで降りてきて、寂しかったろうなと思ったものの
宙を舞う小さなゴミだったのだろうかとおかしくなった。


食事をすませ一息ついた彼女はふと外がザワついているのに気が付いた。
外に誰かいるかのような違和感を覚えて恐る恐るカーテンを開けた。
するとそこにいたのは無数の雪だった。
雪降る夜独特の、シンとした無音の声で満ちた世界が
いつの間にか彼女の城の周りで踊っていた。


彼女はたったひとつで降りてきた雪の結晶を思った。
ゴミでもなければひとりでもなかった。

彼女が眺めている内にも雪の結晶は我も我もと言わんばかりに、
次から次へと降り立ち、ふんわりと仲間の上にかぶさった。

彼女は自分のスケッチブックみたいだなと思った。
白地に黒い点々を打つように、闇の世界に白い結晶が満ちていく。
彼女が余すことなく点や線で塗りつぶそうとするように、
高級車も、その上に張られた電線も、その下で照らされていた石ころにも
同じに降り注いで同じに白い塊に変えていく。
悪いことも良いことも全ては同じになっていく。


彼女はふっと視線をずらした先に蜘蛛の巣があったのを思い出した。
街灯に張られていたその網は絶妙な角度を保って
雪を滑落させその半分はまだ姿をみせていた。
解けた雪で濡らされたシルクのような糸は街灯の光に照らされて
白い世界の中で風に吹かれてキラキラしていた。

彼女はこの巣の主を思った。
このまま雪が降り続けばその重さを支え切れずに
ある時プッツンと切れてしまうかもしれない。
明日の朝にはもうないかもしれない。
彼女は願った。
どうか耐えてほしい。


無辜に見えるこの白い世界も
やっと出来上がったかと思えば消えて行く水たまりと同じ。
虚像が消えてしまっても、創った何かが変わらずにそこでフラフラ揺れている。
明日の朝目覚めても、そうであってほしい。
彼女は白が一層ざわめく夜の闇を見ながらどこかに姿を隠すこの巣の主を思った。



雪の夜

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

吐き出される夢

しばらく会わない間に彼女は大量の夢をみていた。 彼女は夜でも昼でも眠る前や、ただ風を感じようと目を閉じた瞬間に 前夜にみた夢をふと思い出すことが多い。 正確には夢を思い出すというよりは、夢の雰囲気や夢 …

たくさんの小さなうれしいこと

たくさんの小さなうれしいこと

朝、静かに降る雨のおかげで 彼女はとても落ち着いた気持ちで目を覚ますことができた。 外出先のお店で、この間まで体調不良を訴えていた店員さんが 病院で薬をもらってすっかり元気になっていた。 家に帰ったと …

noimage

彼女とLINE

彼女はLINEをやっていない。 できるだけ多くの人とつながらないようにしているのだから当然といえば当然だが、 まあ大体人はそれを聞いただけで彼女を少し変わった人だ、と思うだろう。   LIN …

noimage

好きなことを憂違う

彼女は絵を描くのが好きだ。 本を読むのも好きだ。 音楽を聴くのも好きだし、興味のあることを勉強するのも好きだ。 でもそれらのひとつも出来ない時がある。 彼女は人より少し疲れやすい。 一日中あらゆる刺激 …

noimage

「おんがくをきこう」

「お腹がすかない だれかいっしょにたべてほしい 会話がおわった 今回はわたしのせいじゃないとおもう 急にあたまがとまる 喉のおくからうまれでそう お腹がおもい そこに何かひっかかってるはれてる つばが …

怒りと光り

2019/07/07

怒りと光り

noimage

2019/06/26

吐き出される夢

noimage

2019/06/23

6月

記事内の彼女の絵や写真。
2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ