彼女の話

投稿日:

彼女は何の音もない世界にいるのが好きだ。
城の中は空気も動かないような静けさが横たわっている。
そんな時彼女は「ああ、なんて静かなんだろう」とその静謐に耳を傾ける。


嫌いな音が多い。

改造車やバイクのあの喉の奥に重くのしかかってくるような
ドォンとか「ブドンブドン」とかいうエンジン音は彼女の一番嫌うところだ。
それから隣人の生活音やぼそぼそ聞こえてしまう話声。
閉め足りなくて、ぽちゃんぽちゃんシンクを叩き続ける蛇口のしずく音。
どれも気が狂いそうになる。
いつもは聞こえてこないはずの雑音や機械の故障などのおかしな音も気になって仕方ない。


救急車のサイレンの音には反応する。
あの白い箱の中で起こっていることを想像して
「あまりひどくありませんように」と音を耳にする度いつも祈っている。


彼女は音楽を聴くのは好きだ。

音楽をかけるときは多くの人と同じように
大抵そういった気分になる必要であることが多い。
たとえば仕事に行く前、元気が出る音楽を聴く、とか
外から帰ってきたときの緊張と興奮のせいで
いつもの静けさに溶け込めない時に聴くやさしい音楽とか。
今の気持ちを代弁してくれる歌詞を求めて、とか。

音楽はいつも彼女を助けてくれる。
彼女がひとりでいることができるのも音楽のおかげであるところが大きい。


彼女にとって音ほど好き嫌いが激しいものもあまりない、と思う。
光とか味とかアートとかは別に興味がなくても不快感、とまではいかないのである。
「おう、そういうものがあるのか、あまり好きではないけれど」で留まる。


決して受け入れられないことがある、という点で
音は人間に近い、と彼女は言う。



-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

彼女と絵: パウル・クレー

パウル・クレーは彼女が今のところ「いちばん好きだ」という画家だ。 (今のところ、というのは自分はまだ世界中のすべての絵を見たわけではないから、ということだ。)   彼の作品にはたくさんの色を …

noimage

彼女と自転車

彼女は車の免許をもっていないので、 必然的に移動は徒歩か電車やバス、そして自転車となる。 中でも自転車は彼女にとってとても愛着のある存在である。 エコで経済的で健康的、そして大体いつどこに行くにも一緒 …

2001.9.11のあの夜

2001.9.11のあの夜

あの9.11から16年も経った。 彼女はあの夜のことを16回も思い出しているということだ。 その頃彼女はMD/CDラジカセを愛用していた。 使うのはもっぱらMDやCDでラジオの電源を入れることはほとん …

noimage

いちねんせいのかのじょ3

小学校に入学してからというもの、 一年生にお決まりの黄色い帽子を彼女はいつも引き出しの中にしまっていた。 おかげで彼女は毎日毎日毎日黄色い帽子をかぶり忘れ、 結局数回しか被らず、きれいなままでその帽子 …

noimage

彼女が人を殺した朝

彼女はひどく青白い顔をして落ち着かない様子で言った。 「人を殺した」 僕は何をバカなことを、と一蹴しかけたのだが、 彼女のあまりにおびえた様子に少し動揺してしまった。 とにかく 彼女は人を殺したと言っ …

PREV
NEXT
腱鞘炎
記事内の彼女の絵や写真。
2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ