彼女の話

投稿日:

彼女は何の音もない世界にいるのが好きだ。
城の中は空気も動かないような静けさが横たわっている。
そんな時彼女は「ああ、なんて静かなんだろう」とその静謐に耳を傾ける。


嫌いな音が多い。

改造車やバイクのあの喉の奥に重くのしかかってくるような
ドォンとか「ブドンブドン」とかいうエンジン音は彼女の一番嫌うところだ。
それから隣人の生活音やぼそぼそ聞こえてしまう話声。
閉め足りなくて、ぽちゃんぽちゃんシンクを叩き続ける蛇口のしずく音。
どれも気が狂いそうになる。
いつもは聞こえてこないはずの雑音や機械の故障などのおかしな音も気になって仕方ない。


救急車のサイレンの音には反応する。
あの白い箱の中で起こっていることを想像して
「あまりひどくありませんように」と音を耳にする度いつも祈っている。


彼女は音楽を聴くのは好きだ。

音楽をかけるときは多くの人と同じように
大抵そういった気分になる必要であることが多い。
たとえば仕事に行く前、元気が出る音楽を聴く、とか
外から帰ってきたときの緊張と興奮のせいで
いつもの静けさに溶け込めない時に聴くやさしい音楽とか。
今の気持ちを代弁してくれる歌詞を求めて、とか。

音楽はいつも彼女を助けてくれる。
彼女がひとりでいることができるのも音楽のおかげであるところが大きい。


彼女にとって音ほど好き嫌いが激しいものもあまりない、と思う。
光とか味とかアートとかは別に興味がなくても不快感、とまではいかないのである。
「おう、そういうものがあるのか、あまり好きではないけれど」で留まる。


決して受け入れられないことがある、という点で
音は人間に近い、と彼女は言う。



-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

ふきとぜんまい

彼女は先日見知らぬ人からふきとぜんまいの煮びたしをもらった。 見知らぬ人と言っても、道で会った人ではなくて、 知り合いを通して知り合いの知り合いからもらったのだ。 (なんだか余計分かりにくいが。) ( …

noimage

青りんごの彼女

彼女は自分のことを話すのがあまり得意ではない。 そのせいで言葉足らずになって誤解を受けることも多い。 彼女はそれをものすごく気にする。 人は自分のイメージで話をすることが多い。 自分が青リンゴとして話 …

noimage

不幸自慢

彼女は前向きな人間だ。 僕が書いている彼女は人にどう映るだろう。 不幸だろうか。 ネチズンは彼女をメンヘラ認定するかもしれない。 彼女が精神をやられて不幸自慢していると。 実際最近の世の中は不幸自慢が …

noimage

彼女を掴んで離さない幸せなもの

冬の寒い日のこたつほど彼女を掴んで離さないものはないし、 これほど彼女に幸せをもたらすものもなかなかない。 こたつにかかる電気代は機種にもよるが1日つけっぱなしにしていても 「50円くらいで済む」らし …

なんという赤!

なんという赤!

無理して笑ってるでしょ 男は目の前にいたのだが、彼女は こいつ後ろから私を見ている、と悟った。 私のななめ後ろにいて、仮面と顔の境目にできた影を見てる、と思った。 はっと気づいた時、男はさらに畳みかけ …

PREV
NEXT
腱鞘炎
優しい時間

2018/10/19

優しい時間

noimage

2018/09/18

アンビバレンス3

棚

2018/08/29

記事内の彼女の絵や写真。
2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ