彼女の話

惜しい音

投稿日:

彼女にしか聴こえない音がある。
ごく小さいころから聴こえていたので、それがどうも他の人には聴こえていないようだ、と気付いた時はかなり仰天した。


一番最初に気付いた音は太鼓の音だった。
夏だったので近所の夏祭りのために誰かが近くで練習しているんだな、と思った。
しばらくして季節が過ぎ、冬になってまた聴こえた。
彼女はまた何かの行事のために練習しているのかなと思った。
いつの間にか年が明けて、春になってもまた聴こえた。
ああ、きっと太鼓クラブみたいものがあって通年練習しているんだろう、普段も聴こえているのかもしれないけど気に留めていないと全然聴こえないものだな、と思っていた。


引っ越したりして、太鼓の音は聴こえなくなったが
いつの頃からかロックフェスティバルのような音が聴こえるようになった。
(ちなみに大きな音も人ごみも嫌いな彼女はロックフェスなど行ったことがないのだが)
ドラムだけでなくシンバルとかベースみたいな重い音も聴こえてくる。
それから周りでわいわい騒いでいるたくさんの人の気配を感じる音も。
それはときどきクラブミュージックのようなドッドッドッとかドゥンドゥンドゥンドゥンとかいう
「胸に重しをひっかけようとしているかのような音」が目立って、
静かに過ごすのが好きな彼女をイラつかせることがあった。

こういった音が自分にしか聴こえていないと知ったとき、彼女は知人と大きな公園にいた。
かなり巨大な公園で、園内を車道が通っていたり大きな林が点在していたりゴルフコースもあった。
ふとあのロックフェスの音が聴こえてきて一緒にいた知人に今日はなんのイベントがあっているのか、訊いた。
知人は、さぁ平日だし何もあっていないのではないか、と答えた。
彼女はびっくりして、でもライブがあってるみたいじゃないか、と畳みかけると
どこで?と訊き返された。

そのあと彼女は聴こえる方角やその音楽のイメージなど説明したが相手は全く聞こえないという。
彼女には遠くではあるがハッキリ聴こえたので気持ち悪くなってあとでその公園のイベント情報を調べた。
が、やはり何も開催されてはいなかった。
当時の彼女は自分は頭がおかしくなったんだと困惑した。

確かに思えば子供の頃聴こえていた太鼓の音だって、太鼓の練習なんかするには近所迷惑としか思えない時間帯であったし、
太鼓にしてもロックフェスの音にしてもいつも聴こえていたのは左耳だったのである。
「なぜこんなことに気付かなかったのか」
こういう時の彼女は右耳が詰まっている感じがすると思ったことはあったが、それが聴こえてくる音と関連づけて考えられることはなぜかなかった。

その後はあまり聴こえなくなって忘れていたのだが、
最近また聴こえることがあるようで、それはロックというよりポップスっぽいそうだ。
そして気づいたのだが、いつだって聴こえているときはそれを幻聴だとは思いもしないのだ。
決まって少し経って「そういえばさっきのあれはもしかすると・・・」とハッとするのである。


僕も少しこれについては心配になって調べてみたが、
どうもこういう体験をする人はときどきいるようで、
四六時中それに悩まされて不眠になってしまうというようなことでもない限り問題はないようだ。

彼女は若い時のようにこの現象を怖がることはなくなったが、
時折聴こえてくるこれらの音は時に頬が緩むこともあるようで、
自分におたまじゃくしが理解できれば書き起こして紡ぐのになともったいなく思っている。



惜しい音

-彼女の話

執筆者:

関連記事

3月9日

3月9日

今日は3月9日だ。 3月9日と言えばレミオロメンだ。 最近では卒業ソングの定番らしい。 彼女は卒業式に特になんの思い入れも思い出もないが、 高校の卒業式だけは死ぬほどうれしかったのを覚えている。 10 …

彼女が大切に大切にこれ以上崩れてしまわないよう手の中に柔らかく包んだ美しいもの

彼女が大切に大切にこれ以上崩れてしまわないよう手の中に柔らかく包んだ美しいもの

誰か、助けてほしい。 彼女は分かっている。 自分は誰かに甘えようとしている。 彼女は分かっている。 本当は誰も助けてなどくれない。 だから余計に願ってしまう。 誰か、助けてほしい。   (追 …

noimage

どんよりからの突破口

彼女は人に何かしてもらうのが苦手だ。 何かをもらう、とか手伝ってもらう、とか。 それはよくあるように人の手を煩わせるのは申し訳ないと思うから、というわけではなく、 できればそういったことはしてほしくな …

noimage

彼女の最大の矛盾2

彼女は、どんなに悪いことが起こったとしても最後は必ず良いほうに帰結していくのだから 基本的に人生は楽しいことしかない、と思っている。 彼女は、たとえば誰かがしあわせになれることで、 それと引き換えに自 …

noimage

彼女を掴んで離さない幸せなもの

冬の寒い日のこたつほど彼女を掴んで離さないものはないし、 これほど彼女に幸せをもたらすものもなかなかない。 こたつにかかる電気代は機種にもよるが1日つけっぱなしにしていても 「50円くらいで済む」らし …

表面下の世界

2019/01/16

表面下の世界

渇き

2019/01/07

渇き

秋晴れ

2018/11/24

秋晴れ

記事内の彼女の絵や写真。
2019年4月
« 1月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ