彼女の話

箱の中の

投稿日:

彼女はKと箱の中に居るときいつも不思議に眠くなるという。
そして何も感じなくなるのだと。



Kは彼女が唯一長い間接触している心理士だ。
Kは心理士としては時として少ししゃべりすぎるというきらいはあるようだが、
ベテランで経験も豊富な人物である。


彼女はKに定期的に会っているわけではない。
会っても何も話していないということもある。
ふたりでいて何もしゃべらない。


Kの部屋には黄色い絵がかかっているらしい。
どこかの街角の2風景を切り取って描かれたような連作で
全体的にとにかく黄色く、連作のうちの一つは軒先の階段の手すりが描かれている。
彼女はいつもいつの間にかその灰色の手すりと黄色をずっと見ている。
そしてだんだん何も感じなくなる。


Kがどんな人かときいても、彼女は覚えていないと言う。
髪の毛が長いとか、色白だとか、背が低いとか、
そういった一般的な外見の特徴も何度何度も会っているのに覚えていないと言う。


箱の中の彼女はKをみていない。
話しているときも話していない時もずっと黄色い壁の絵をぼんやり眺めて。
Kの目を見たことは一度もないと言う。


いや、目を合わせたことはあるのかもしれないが
それが”彼女”かは分からない。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

彼女がつくり、守ってきたもの

彼女がつくり、守ってきたもの

彼女はときどき放心している。 急に頭が重たくなってひどく眠たくなって頭を床に打ち付けるように倒れこむ。 目が覚めたとき、まるで眠っている間に誰かが頭に鉛を詰め込んでいったかのように さらに重たくなって …

noimage

共鳴する彼女

彼女は知らない人と話すが苦手だ。 それにも関わらず見知らぬ人に話しかけられやすい。 たとえば職場に新しい人が入ってきたとき、 彼女はできるだけ自分の存在を薄く薄く振る舞い、必要に応じて あの「どうか話 …

noimage

アンビバレンス3

僕は彼女に何か言うということはほとんどないのだが、 この日はなんとなく口にしてしまった。 君が時々行っちゃうあっちの世界だけど、別に完全にさよならすることはないんじゃないの。 彼女は相変わらずの寝ぼけ …

noimage

燻る-くすぶる

彼女はある夜自分の中が激しく噴火したがっているのを感じた。 くやしい くやしいくやしいくやしい!! 怒りのような欲求不満のようなハラワタがとび出てきそうな そんな不快感。 そして熱。 食いしばった歯の …

ナンバーワン

ナンバーワン

あなたは誰かのナンバーワンだろうか。 またはあなたにとってナンバーワンだと思える人はいるだろうか。 彼女はそんな誰かを失った。 友人Nは彼女にとってナンバーワンだった。 ナンバーワンはオンリーワンだ。 …

表面下の世界

2019/01/16

表面下の世界

渇き

2019/01/07

渇き

秋晴れ

2018/11/24

秋晴れ

記事内の彼女の絵や写真。
2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ