彼女の話

箱の中の

投稿日:

彼女はKと箱の中に居るときいつも不思議に眠くなるという。
そして何も感じなくなるのだと。



Kは彼女が唯一長い間接触している心理士だ。
Kは心理士としては時として少ししゃべりすぎるというきらいはあるようだが、
ベテランで経験も豊富な人物である。


彼女はKに定期的に会っているわけではない。
会っても何も話していないということもある。
ふたりでいて何もしゃべらない。


Kの部屋には黄色い絵がかかっているらしい。
どこかの街角の2風景を切り取って描かれたような連作で
全体的にとにかく黄色く、連作のうちの一つは軒先の階段の手すりが描かれている。
彼女はいつもいつの間にかその灰色の手すりと黄色をずっと見ている。
そしてだんだん何も感じなくなる。


Kがどんな人かときいても、彼女は覚えていないと言う。
髪の毛が長いとか、色白だとか、背が低いとか、
そういった一般的な外見の特徴も何度何度も会っているのに覚えていないと言う。


箱の中の彼女はKをみていない。
話しているときも話していない時もずっと黄色い壁の絵をぼんやり眺めて。
Kの目を見たことは一度もないと言う。


いや、目を合わせたことはあるのかもしれないが
それが”彼女”かは分からない。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

彼女の買い物

彼女はなかなかの倹約家だ。 もったいない精神とムダ嫌いの魂をもつ。 彼女は普段かなり質素に暮らしている。 特に欲しいものもなく、ブランド物にもあまりステータスを感じない。 だから通常お金を使うことと言 …

noimage

彼女の最大の矛盾1

彼女は、たとえば誰かがしあわせになれることで、 それと引き換えに自分が生まれて来ないことになったとしてもそれでよかったのに、と思っている。 彼女は、どんなに悪いことが起こったとしても最後は必ず良いほう …

noimage

彼女の影

最近ある人が鼻について小さなイライラになっている。 でもイライラしているのはその人にではなく自分自身にだと彼女は毎晩気づく。 職場で会うMはどうも要領が悪い。 その上機敏にも動けず、気が利かない。 声 …

noimage

冬の彼女

ハッキリ言って冬の彼女はまるで役に立たない。 朝はますます起きなくなり、ぎりぎりまでコタツに居座り、外に出たくないとばかり考えていた挙句仕事に行くのに仕事着を忘れ、遅刻寸前に出社、帰ればエアコンとコタ …

noimage

彼女はまた少し小さくなった

彼女はあまり大きくない。 考えることを止めることができないので、そのために四六時中神経をすり減らし、 結果食べても食べてもほとんど太ることができない。   最近彼女はまた少し痩せた。 手首を …

秋晴れ

2018/11/24

秋晴れ

優しい時間

2018/10/19

優しい時間

noimage

2018/09/18

アンビバレンス3

記事内の彼女の絵や写真。
2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ