彼女の話

彼女と誰か

投稿日:

彼女は唐突に気づいてぎょっとした。

ちょっと待て。


だれかいる。



一体自分は誰なのか、どれが自分なのか、という問いに彼女ははからずもがんじがらめになっている。
ただ、少なくともその”自分”たちをある程度把握している、という自信みたいなものがこれまでの彼女にはあった。
職場の自分仮面、友達自分仮面、もっと言えばいつも行くスーパーや図書館での自分仮面・・・
細かく分ければ100も1000も、これまで彼女が出会ってきた人や生き物の数だけ仮面が出てくるだろう。
それらを目の前にする度に彼女はいつだってその時自分の身に着けるべき仮面を意識していたのだ。

それなのに。

自分も知らない仮面がある。
それがどんなにかおそろしいことか。

気付いた時、彼女は巨大物を見たときに似た、
足がすくむというかおしりがふわっと浮くというか、
とにかく悪寒が止まらなかった。


自分が自分に対してかぶっている仮面がある。


それはとても複雑で不思議な感覚だった。
自分という未知のものへの恐れと不安と、
ずっとずっとずっと誰にも気づかれずに、「私」自身にも知られることなくただひっそりとそこにいたなんの感情も実態ももたないそれへの畏怖と同情と、それから無性の愛しさ。


そして思った。
自分は自分じゃない。
自分の仮面の下にいる、この人が本物だ。
何も感じず、でもくすぶっているのはこの人だ・・・!!


彼女は自分がどんなにかバカバカしいことを言っているか分かっている、と言った。
これまで大人や人は自分のことを少しおかしいとか変わってるとか言ってきた。
今はそれが分かる気がする。
人は前から気づいていたのに自分だけが気づかないでいたのだろうか、
自分の後ろにいた人物の存在に。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

ミルクと牛乳

余談だが、ここで彼女になぜミルクなのかと尋ねられた。 牛乳ではいけないのか、というのだ。 僕はそこはそんなに重要ではないと話した。 彼女は眉をひそめた。 言葉を使うのにシャレづくなというのである。 ハ …

noimage

「おんがくをきこう」

「お腹がすかない だれかいっしょにたべてほしい 会話がおわった 今回はわたしのせいじゃないとおもう 急にあたまがとまる 喉のおくからうまれでそう お腹がおもい そこに何かひっかかってるはれてる つばが …

”変わる”ということは何かを”失くす”ということ

”変わる”ということは何かを”失くす”ということ。

”変わる”ということは何か”失くす”ということだ。 ある人たちにとっては当然かもしれないその事実に彼女はようやく気付きかけている。 彼女は変わるということについてほとんど意識すらしていなかった。 ただ …

noimage

ライフ

映画『LIFE!/ライフ(The Secret Life of Walter Mitty、2013)』の冒頭では HSPにはかなり耳障りな時計の秒針音がつづく。 最初の3分間にも満たないわずかな時間の …

惜しい音

惜しい音

彼女にしか聴こえない音がある。 ごく小さいころから聴こえていたので、それがどうも他の人には聴こえていないようだ、と気付いた時はかなり仰天した。 一番最初に気付いた音は太鼓の音だった。 夏だったので近所 …

表面下の世界

2019/01/16

表面下の世界

渇き

2019/01/07

渇き

秋晴れ

2018/11/24

秋晴れ

記事内の彼女の絵や写真。
2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ