彼女の話

彼女と誰か

投稿日:

彼女は唐突に気づいてぎょっとした。

ちょっと待て。


だれかいる。



一体自分は誰なのか、どれが自分なのか、という問いに彼女ははからずもがんじがらめになっている。
ただ、少なくともその”自分”たちをある程度把握している、という自信みたいなものがこれまでの彼女にはあった。
職場の自分仮面、友達自分仮面、もっと言えばいつも行くスーパーや図書館での自分仮面・・・
細かく分ければ100も1000も、これまで彼女が出会ってきた人や生き物の数だけ仮面が出てくるだろう。
それらを目の前にする度に彼女はいつだってその時自分の身に着けるべき仮面を意識していたのだ。

それなのに。

自分も知らない仮面がある。
それがどんなにかおそろしいことか。

気付いた時、彼女は巨大物を見たときに似た、
足がすくむというかおしりがふわっと浮くというか、
とにかく悪寒が止まらなかった。


自分が自分に対してかぶっている仮面がある。


それはとても複雑で不思議な感覚だった。
自分という未知のものへの恐れと不安と、
ずっとずっとずっと誰にも気づかれずに、「私」自身にも知られることなくただひっそりとそこにいたなんの感情も実態ももたないそれへの畏怖と同情と、それから無性の愛しさ。


そして思った。
自分は自分じゃない。
自分の仮面の下にいる、この人が本物だ。
何も感じず、でもくすぶっているのはこの人だ・・・!!


彼女は自分がどんなにかバカバカしいことを言っているか分かっている、と言った。
これまで大人や人は自分のことを少しおかしいとか変わってるとか言ってきた。
今はそれが分かる気がする。
人は前から気づいていたのに自分だけが気づかないでいたのだろうか、
自分の後ろにいた人物の存在に。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

水面に浮かび上がる絵

田植えの時期だ。 彼女は少しずつワクワクし始める。 今年の梅雨は降水量が少ないようだ。 梅雨に入ったとは言いながら日が差している日の方が多い。 彼女は少し知っているだけの農家のおじさんと顔を合わせるた …

温かみは城の外に

温かみは城の外に

最近彼女が恋しがっているのが分かる。 彼女はさみしがっている。 誰かにそばにいてほしいと思っているし、 横で寝息が聞こえたら頭痛と共に目が醒めることもなくなるだろうと思っている。 男。 今まで彼女はあ …

noimage

・線アフォーダンス

腱鞘炎が未だ治まらず点をあまり打たなくなった彼女は以前より線を多く引くようになった。 線を描いているときの彼女はすごく伸び伸びしているように見える。 なんというかもう少し大きなスケッチブックに描いたら …

雪の夜

雪の夜

夜道を歩く彼女の前にひとつの雪の塊りが降りてきた。 降ってきたのはたったひとつで、見上げてもそれに続くものはないかに見えた。 たったひとつで降りてきて、寂しかったろうなと思ったものの 宙を舞う小さなゴ …

noimage

彼女の中から消されるということ

彼女はあの日以来未だに少しふさぎ込んでいるのだが、 今日はだいぶ浮上してきたようだ。 というのも朝からある知り合いとずっとオンライン上で話をしていたようで それで気が紛れてきたようだ。 相手が慎重で明 …

記事内の彼女の絵や写真。
2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ