彼女の話

彼女と誰か

投稿日:

彼女は唐突に気づいてぎょっとした。

ちょっと待て。


だれかいる。



一体自分は誰なのか、どれが自分なのか、という問いに彼女ははからずもがんじがらめになっている。
ただ、少なくともその”自分”たちをある程度把握している、という自信みたいなものがこれまでの彼女にはあった。
職場の自分仮面、友達自分仮面、もっと言えばいつも行くスーパーや図書館での自分仮面・・・
細かく分ければ100も1000も、これまで彼女が出会ってきた人や生き物の数だけ仮面が出てくるだろう。
それらを目の前にする度に彼女はいつだってその時自分の身に着けるべき仮面を意識していたのだ。

それなのに。

自分も知らない仮面がある。
それがどんなにかおそろしいことか。

気付いた時、彼女は巨大物を見たときに似た、
足がすくむというかおしりがふわっと浮くというか、
とにかく悪寒が止まらなかった。


自分が自分に対してかぶっている仮面がある。


それはとても複雑で不思議な感覚だった。
自分という未知のものへの恐れと不安と、
ずっとずっとずっと誰にも気づかれずに、「私」自身にも知られることなくただひっそりとそこにいたなんの感情も実態ももたないそれへの畏怖と同情と、それから無性の愛しさ。


そして思った。
自分は自分じゃない。
自分の仮面の下にいる、この人が本物だ。
何も感じず、でもくすぶっているのはこの人だ・・・!!


彼女は自分がどんなにかバカバカしいことを言っているか分かっている、と言った。
これまで大人や人は自分のことを少しおかしいとか変わってるとか言ってきた。
今はそれが分かる気がする。
人は前から気づいていたのに自分だけが気づかないでいたのだろうか、
自分の後ろにいた人物の存在に。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

結婚

彼女は結婚していない。 する予定もないし、する相手もいないし、するつもりもない。 結婚とは不思議なものだよなぁと彼女は思う。 たった一枚の紙切れに辿り着くまでに、 喜怒哀楽どころか希望とか目標とか不安 …

noimage

彼女の一番古い記憶

-覚えている限りの一番古い記憶がわかるか。 「わかる」   -何歳頃だったと思うか。 「3歳から5歳…たぶん、3歳か4歳だと思う。」   -思い出した記憶には色がついているか。 「 …

彼女と精油

彼女と精油

彼女は精油が好きでたくさんもっている。 高価なものなので、少しずつ少しずつ集めてきた。 中でもフランキンセンスが一番のお気に入りで欠かさない。 初めて精油の匂いをかいだとき、彼女はどれをとってもとにか …

彼女の洞窟リテラシー

彼女の洞窟リテラシー

彼女は本当はずっと小さな頃からずっとずっと感じていたのだ。 自分は何か違うということを。 どんなに自己主張が強くてもちっとも伝わらないことはどこかで分かっていた。 むしろあの頃の方が自分の中の宇宙に気 …

noimage

コラージュ惹起

コラージュとはチラシとか雑誌とか新聞とかの切り抜きや、 麻布とか糸とか針金とかを紙やキャンパスに貼り付けられてできる作品たちのことだ。 誰でも一回くらいはみたことがあると思うのだが、 自分の好きなもの …

記事内の彼女の絵や写真。
2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ