彼女の話

彼女と誰か

投稿日:

彼女は唐突に気づいてぎょっとした。

ちょっと待て。


だれかいる。



一体自分は誰なのか、どれが自分なのか、という問いに彼女ははからずもがんじがらめになっている。
ただ、少なくともその”自分”たちをある程度把握している、という自信みたいなものがこれまでの彼女にはあった。
職場の自分仮面、友達自分仮面、もっと言えばいつも行くスーパーや図書館での自分仮面・・・
細かく分ければ100も1000も、これまで彼女が出会ってきた人や生き物の数だけ仮面が出てくるだろう。
それらを目の前にする度に彼女はいつだってその時自分の身に着けるべき仮面を意識していたのだ。

それなのに。

自分も知らない仮面がある。
それがどんなにかおそろしいことか。

気付いた時、彼女は巨大物を見たときに似た、
足がすくむというかおしりがふわっと浮くというか、
とにかく悪寒が止まらなかった。


自分が自分に対してかぶっている仮面がある。


それはとても複雑で不思議な感覚だった。
自分という未知のものへの恐れと不安と、
ずっとずっとずっと誰にも気づかれずに、「私」自身にも知られることなくただひっそりとそこにいたなんの感情も実態ももたないそれへの畏怖と同情と、それから無性の愛しさ。


そして思った。
自分は自分じゃない。
自分の仮面の下にいる、この人が本物だ。
何も感じず、でもくすぶっているのはこの人だ・・・!!


彼女は自分がどんなにかバカバカしいことを言っているか分かっている、と言った。
これまで大人や人は自分のことを少しおかしいとか変わってるとか言ってきた。
今はそれが分かる気がする。
人は前から気づいていたのに自分だけが気づかないでいたのだろうか、
自分の後ろにいた人物の存在に。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

ある朝

彼女はもう何年も飲まない日の方が少ない毎日だった。 飲みすぎることも時にはあったが、ほとんどは彼女の日々のささやかな楽しみであった。 ある朝彼女はいつものように目を醒まし、 いつものように布団から抜け …

noimage

冬の彼女

ハッキリ言って冬の彼女はまるで役に立たない。 朝はますます起きなくなり、ぎりぎりまでコタツに居座り、外に出たくないとばかり考えていた挙句仕事に行くのに仕事着を忘れ、遅刻寸前に出社、帰ればエアコンとコタ …

失い

失い

彼女はテレビをみない。 ニュースを見ていても、次々と流れてくる憂鬱な事件の連続に だんだん生気を奪われていくような心持がしてくる。 汚職、強盗、放火、飲酒運転、詐欺、暴行・・・ もしかしたらニュースは …

noimage

随時更新予定

欲求 回避依存 快晴 不信 恋 強くない体 良心 人 HSP 感情 ペルソナ LINE 信頼 疑問 頭痛 彼女を孤独にさせるもの。 彼女を彼女たらしめているもの。 随時更新予定。 関連

noimage

彼女の右後ろと左斜め前

彼女はいつの頃からか死をごく親しみのある近しい存在に感じるようになっている。 いつ、どうしてそうなったのかは分からないが、 彼女は”それ”が”そこ”にある、ということを感じるのだ。 ちなみに”そこ”と …

優しい時間

2018/10/19

優しい時間

noimage

2018/09/18

アンビバレンス3

棚

2018/08/29

記事内の彼女の絵や写真。
2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ