彼女の話

におい

投稿日:

彼女の鼻は大抵詰まっている。
なので匂いにはそんなに敏感ではないはずなのだが、
そんな時でもやたらと気になる匂いというのがいくつかある。

まず決して受けつけないのはタバコの臭いだ。
これはいついかなる時でも嫌悪感を隠せない。
居酒屋の類に行けば絶対に嗅ぐことになるので、それも飲みに行くのが苦痛な大きな理由のひとつだ。
髪や服についた煙たさを取るために寝る前のシャワーとファブリーズしゅっしゅっは欠かせない。
歩きたばこも最悪だ。
前を歩く人が吸っていると、風向きによってはその後をずっとわざわざ息を止めて歩かなければならない。
彼女は足が短いので追い越すには走るしかない。

それから食べ物の匂い。
食事を作るときは必ずクローゼットを閉める。
担々麺とかおでんとかの匂いは食べ終わった後もいつまでもいつまでもひどく残ってしまうことが多い。
彼女はそんな匂いが残ったままの部屋で本を読んだり眠ったりすることができない。
一度匂いを消そうとアロマオイルを焚いてみたりしたが、匂いが混じって何が何だか分からなくなり気分が悪くなってしまった。
寒い時期はただでさえ部屋の換気を嫌がるので、冬はそもそもそういう匂いの強いものを食べないようにしている。

困るのは牛乳なんかの匂いが悪くなっていると言うことがあるのだが、
そんな匂いはしないし、口にしても別段悪くなってなどいないのである。
それでも彼女はどうしてもその酸っぱい匂いが不快なようなので、
賞味期限も量も余裕があるのに捨ててしまわなければならないことが時々ある。
どうもここまで過敏になるのは体調にもよるようだ。


香水もあまり好きではない。
自分もつけることはないし、まれにいい匂いをさせている人もいるが、
ほとんどはあまり近づきたがらない。
バスの中などの密室でつけている人に出くわしたときはなかなか苦労する。
少し香っているだけなのかもしれないが、やたらと気になって鼻がもげそうな思いで鼻にハンカチを当てる。

花の香りも好きではないが、これは積極的に近づかない限り安全だし、
鼻が詰まっていると匂ってこないことも多いのであまり気にならない。


こんな風に敏感だとなかなか不便が多そうだと思うのだが、
当の彼女は、高いアロマオイルを焚くときは人より少量で済むし、
香水や花束を欲しがることもないので自分はなかなか経済的だと思っていたりする。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

涙の世界

彼女は目に涙をいっぱいに溜めていた。 僕は彼女が一体どこに視線を定めているのか分からなかった。 それはおそらく彼女から見えた世界も同じだったに違いない。 ちょうどプールで水面があなたの網膜を横切った時 …

noimage

彼女の影

最近ある人が鼻について小さなイライラになっている。 でもイライラしているのはその人にではなく自分自身にだと彼女は毎晩気づく。 職場で会うMはどうも要領が悪い。 その上機敏にも動けず、気が利かない。 声 …

noimage

彼女とゴミ

彼女は意外とエコな人だ。 彼女自身は貧乏性からくるものだと思っているようだが、結構地球に優しいのである。 (寒いというだけで心まで死んでしまう人なので、 冬は暖房がつけっぱなしになってしまうことを除け …

朽ちかけの大木

彼女の写真: 朽ちかけの大木

彼女は写真を撮る。見るのも撮るのもマクロの写真が好きだ。 その中でも朽ちかけた木を特に愛する。 なぜかはよく分からない。   ちなみに彼女はカバやゾウも好きで、 朽ちかけた木の皮はそんな彼ら …

noimage

彼女と時計

彼女の城には時計がない。 もう何年も置かない。 とにかく彼女はあの秒針のカチコチ音が大嫌いだ。 他の空間で寝なければならない時などはどこかに隠してしまうが、 そうできるときとできない時がもちろんある。 …

記事内の彼女の絵や写真。
2019年5月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ