彼女の話

たくさんの小さなうれしいこと

投稿日:

朝、静かに降る雨のおかげで
彼女はとても落ち着いた気持ちで目を覚ますことができた。

外出先のお店で、この間まで体調不良を訴えていた店員さんが
病院で薬をもらってすっかり元気になっていた。

家に帰ったとき、お店に傘を忘れていることを
この時の店員さんがわざわざ連絡してきてくれた。

束の間、晴れ間をのぞかせた午後、
雨に濡れてキラキラ光る桜と目が合った。

家族のことやPTAのこと、GWの計画のことなどを毎日一生懸命こなしている
勤め先のパートさんはかっこいい。

会社を退勤するとき、まだものすごく忙しいはずの上司が
慌てるように彼女を呼び止め、雨は大丈夫かひどく降っていないかと声をかけてくれた。

大好きな海鮮丼がスーパーで半額になっていた。

ひどく疲れているような気がして、珍しく誰かと話したいと思っていると
タイムリーに友人からメッセージがきた。


普段気づいていないだけかもしれないけれど、
彼女は思えばこの日は小さな嬉しいことがたくさんあったなと振り返っていた。
そしてそれらの多くは誰かと接したことによるものだったということにきづいた。
いつしか面倒ごとしか持ってこないと思っていた他人が
こんなにもちょこちょこ幸せを運んでくれたということにきづいた。

彼女は自分を恥ずかしくも思ったし、照れくさくなった。



たくさんの小さなうれしいこと

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

彼女の右後ろと左斜め前

彼女はいつの頃からか死をごく親しみのある近しい存在に感じるようになっている。 いつ、どうしてそうなったのかは分からないが、 彼女は”それ”が”そこ”にある、ということを感じるのだ。 ちなみに”そこ”と …

noimage

おばあちゃんズ

彼女は人の話を聞くのが好きだ。 それも自分と全く関係のない人たちの話を聞くのがいい。 彼女がバス停へ向かうとおばあちゃんAが座ってバスを待っていた。 少し離れたところに彼女も腰を下ろした。 その後もう …

肺

彼女は最近ある男性がぜんそくで亡くなったことを聞いた。 知り合いの知り合いの話で彼女は会ったこともない。 男性は若いころからハチャメチャの生活をしていて、 周りによく迷惑をかけてる生活を送っていたそう …

noimage

嫌い

好き嫌いが激しい彼女の、今日は嫌う話だ。 誰でもときどーき会うことになる”どうも合わない”と困ってしまう人というのがいる。 生理的に受け付けない、というやつだ。 試しに今”生理的”を辞書でくってみたの …

だれかのことを思うとき

だれかのことを思うとき

今朝彼女の家には佐川急便やら郵便やらが入れ替わりたち替わりやってきて 大中小の箱をそれぞれ置いていった。 12月25日の朝、誰かから彼女へのクリスマスプレゼントだ。 彼女はみんなきちんとパーフェクトな …

優しい時間

2018/10/19

優しい時間

noimage

2018/09/18

アンビバレンス3

棚

2018/08/29

記事内の彼女の絵や写真。
2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ