彼女の話

たくさんの小さなうれしいこと

投稿日:

朝、静かに降る雨のおかげで
彼女はとても落ち着いた気持ちで目を覚ますことができた。

外出先のお店で、この間まで体調不良を訴えていた店員さんが
病院で薬をもらってすっかり元気になっていた。

家に帰ったとき、お店に傘を忘れていることを
この時の店員さんがわざわざ連絡してきてくれた。

束の間、晴れ間をのぞかせた午後、
雨に濡れてキラキラ光る桜と目が合った。

家族のことやPTAのこと、GWの計画のことなどを毎日一生懸命こなしている
勤め先のパートさんはかっこいい。

会社を退勤するとき、まだものすごく忙しいはずの上司が
慌てるように彼女を呼び止め、雨は大丈夫かひどく降っていないかと声をかけてくれた。

大好きな海鮮丼がスーパーで半額になっていた。

ひどく疲れているような気がして、珍しく誰かと話したいと思っていると
タイムリーに友人からメッセージがきた。


普段気づいていないだけかもしれないけれど、
彼女は思えばこの日は小さな嬉しいことがたくさんあったなと振り返っていた。
そしてそれらの多くは誰かと接したことによるものだったということにきづいた。
いつしか面倒ごとしか持ってこないと思っていた他人が
こんなにもちょこちょこ幸せを運んでくれたということにきづいた。

彼女は自分を恥ずかしくも思ったし、照れくさくなった。



たくさんの小さなうれしいこと

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

知覚過敏

彼女は再び知覚過敏に悩まされている。 知覚過敏というのは、何らかの原因で歯の表面のエナメル質が剥がれ落ち 象牙質がむき出しになることで、神経に刺激が伝わりやすくなり痛みとなってしまう症状だ。 予防歯科 …

noimage

暖房便座と彼女の熱量

彼女はフローリングの床の上に文字通り転がっていた。 「真冬の立体駐車場のコンクリートの上に転がっているみたいだ」と呟いた。 「今日はすごく寒いね」 真夏ほどではないにしても外気温はまだ30度近くある。 …

noimage

ミルクと牛乳

余談だが、ここで彼女になぜミルクなのかと尋ねられた。 牛乳ではいけないのか、というのだ。 僕はそこはそんなに重要ではないと話した。 彼女は眉をひそめた。 言葉を使うのにシャレづくなというのである。 ハ …

noimage

怒った顔

彼女にはおかしなクセがあって 男を見るといつもその人が怒った顔を想像してしまう。 相手がとても親切な人で、どんなににこやかに話していても 彼女はふうっと 「この人は怒ったらどんな顔になるんだろう」とそ …

noimage

そこにこころが

彼女は手紙とかLINEとかメールが苦手だ。 そこに心があるかもと思うと開くのがいつも億劫になる。 彼女は時節のあいさつを大切に思っている人で、 そういう時期になればハガキをだす。 でもお別れの手紙とか …

秋晴れ

2018/11/24

秋晴れ

優しい時間

2018/10/19

優しい時間

noimage

2018/09/18

アンビバレンス3

記事内の彼女の絵や写真。
2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ