彼女の話

たくさんの小さなうれしいこと

投稿日:

朝、静かに降る雨のおかげで
彼女はとても落ち着いた気持ちで目を覚ますことができた。

外出先のお店で、この間まで体調不良を訴えていた店員さんが
病院で薬をもらってすっかり元気になっていた。

家に帰ったとき、お店に傘を忘れていることを
この時の店員さんがわざわざ連絡してきてくれた。

束の間、晴れ間をのぞかせた午後、
雨に濡れてキラキラ光る桜と目が合った。

家族のことやPTAのこと、GWの計画のことなどを毎日一生懸命こなしている
勤め先のパートさんはかっこいい。

会社を退勤するとき、まだものすごく忙しいはずの上司が
慌てるように彼女を呼び止め、雨は大丈夫かひどく降っていないかと声をかけてくれた。

大好きな海鮮丼がスーパーで半額になっていた。

ひどく疲れているような気がして、珍しく誰かと話したいと思っていると
タイムリーに友人からメッセージがきた。


普段気づいていないだけかもしれないけれど、
彼女は思えばこの日は小さな嬉しいことがたくさんあったなと振り返っていた。
そしてそれらの多くは誰かと接したことによるものだったということにきづいた。
いつしか面倒ごとしか持ってこないと思っていた他人が
こんなにもちょこちょこ幸せを運んでくれたということにきづいた。

彼女は自分を恥ずかしくも思ったし、照れくさくなった。



たくさんの小さなうれしいこと

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

彼女と『深夜特急』

彼女がはじめて『深夜特急』を知ったのはある年の正月で ドラマ『劇的紀行 深夜特急』三作が三箇日にわたって一話ずつ放映されたのがきっかけだった。 今思えば年が明けて早々の深夜(放映は深夜だった)になぜ『 …

noimage

箱の中の

彼女はKと箱の中に居るときいつも不思議に眠くなるという。 そして何も感じなくなるのだと。 Kは彼女が唯一長い間接触している心理士だ。 Kは心理士としては時として少ししゃべりすぎるというきらいはあるよう …

noimage

彼女を掴んで離さない幸せなもの

冬の寒い日のこたつほど彼女を掴んで離さないものはないし、 これほど彼女に幸せをもたらすものもなかなかない。 こたつにかかる電気代は機種にもよるが1日つけっぱなしにしていても 「50円くらいで済む」らし …

noimage

「嘘ってなんだろう」 彼女は嘘についてよく考える。 昔彼女は嘘は2種類あると思っていた。 黒い嘘と白い嘘ってやつだ。 「大人」になって、もう一つそのどちらにも分類できない 自分を守るための嘘があること …

表面下の世界

表面下の世界

「表面の世界でも生きていける。 そしてそれはそんなに悪くない。」 自分は一体何を表現すればいいのだろう。 文字を綴れば、黒鉛を重ねれば、世界をつなげれば、 それらを続けて行けばどこかに直角が訪れるのだ …

表面下の世界

2019/01/16

表面下の世界

渇き

2019/01/07

渇き

秋晴れ

2018/11/24

秋晴れ

記事内の彼女の絵や写真。
2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ