彼女の話

プラグマティックシャッター

投稿日:2017年2月6日 更新日:

だから彼女はだれとも親しくならない。

少しよく話すようになった人がいても、どこかのある一線の手前で
意図的にまたは恣意的にまたは無意識に突き放す一言を発する。
そして相手は”こんな人だったのか”と思って去っていく。
時には寂しさを、怒りを、失望を露わにして、その人たちは彼女に背を向ける。
彼女はほっとする。


そして罪悪感をもつ。
自分が少し油断してしまったばっかりに相手に期待させ、そのくせ怖くなってとたんにシャッターを下ろしてしまうことに。
「ああ、最初からあんなに親しげにするのではなかった」
「次は気をつけよう、もう誰ともあんな風には接しないようにしよう」
「自分も面倒、相手も傷つく。いいことは一つも残らない」


でも実際は彼女はこれを繰り返している。
ときどき彼女に踏み込んで来ようとする人たちは大抵「いい人」だったりする。
だから彼女の仮面は「油断して」外れかけ、突如相手が自分の目の前に迫っている現実と”自分の現実”のはざまで慌ててしかしハッキリと音を立ててシャッターを引き下ろす。

なぜ繰り返すのか。
それは仮面と同じでこのシャッターも彼女にとってよくも悪くも必要でかなり実用的であるからなのだ。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

彼女のじんましん

ある夜、彼女は食事を作っていた。 冬の間は土鍋を好んで使う。 土鍋で作って食したものはどれも心身を熱くする。 土鍋の中に水を入れ、昆布を入れ、水でそそいだ茹でうどんを入れ、 卵を落として蓋をしたところ …

noimage

”HSPは恋に落ちやすい” この”恋”は本当に恋だろうか。 彼女が恋をしているかもしれない。 しかもガチでリアルかもしれない。 もしそうなら、かなりしばらくぶりだ。 彼女の恋愛 …

noimage

愛する自信・愛される自信

僕は待つつもりだったのだが、思いがけず彼女が口を開いた。 それは彼女がコラージュをしているときだった。 「私は頭がおかしいんじゃない。 愛する自信も愛される自信もないだけなのだ」 それはとてもネガティ …

noimage

彼女と少女のコスモロジー

『内なるものへの適切な態度』 彼女ははっとした。 いつも彼女は遥か上空のようなところから白い箱と少女を眺めていた。 絵本に出てくるような神様や天国にいる人たちは下界をこんな風に見下ろしているのかもな、 …

彼女と精油

彼女と精油

彼女は精油が好きでたくさんもっている。 高価なものなので、少しずつ少しずつ集めてきた。 中でもフランキンセンスが一番のお気に入りで欠かさない。 初めて精油の匂いをかいだとき、彼女はどれをとってもとにか …

記事内の彼女の絵や写真。
2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ