彼女の話

彼女の買い物

投稿日:

彼女はなかなかの倹約家だ。
もったいない精神とムダ嫌いの魂をもつ。


彼女は普段かなり質素に暮らしている。
特に欲しいものもなく、ブランド物にもあまりステータスを感じない。
だから通常お金を使うことと言ったら食費とか週末に飲むお酒くらいだろうか。

今持っているものでなんとかなれば新しく物を買うこともない。
修理したり補修したりして、できるだけ長く使う。
物が増えることを嫌うので、ただカワイイとか言う理由で物を買うこともない。
買い物に行っても必要でかつとてもとても気に入らなければ城には連れ帰らない。


そんな彼女も年に2回くらい「ドカ買い」してくるときがある。
それは主にアウトレットモールがセールをするときらしいのだが、
この時彼女は「たくさん」買う。

「たくさん」「たくさん」というのだが、普通の女子から見れば
一年に買う数や金額としてはかなり「たくさん」ではない。
(セール中のモールは混み合うので、あまり長くは居られないことも要因だろう。)

彼女は50~80%以上OFFになっているもので、
ベーシックであまり流行を選ばない、それでいて浮きすぎない明るい色味のものを買う。
最近特にお買い得で大変気に入ったのは靴で、
本革にエナメルが塗られたパンプスと春用のショートブーツなのだと自慢してみせる。
彼女は一度買うと長く大事に使うたちなので、こと革製品は助かるのだ。


そうやってみていると、彼女のもとに来たモノたちは幸せだよなと思う。
どれもしまい込まれずむしろ使い込まれているし、なんとなくある、というようなものも少ない。
手放すときもできるだけきれいにしてリサイクルできるものはしているようだ。


買い物はあまり頻繁に行く必要はない分、行くと結構楽しんで帰ってくる。
ただし、服や靴に関してはもう少し活躍させてあげられるよう
今年は外出を増やしたいと思っているようだ。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

沿線生活2

沿線生活はいつまでたってもうるさいことに変わりはなかったが、 しばらく住んでいるうちに彼女はいろいろな線路沿いの風景をみた。 撮り鉄と呼ばれる人々を見たのもここでだった。 そばの踏切や彼女のアパートの …

noimage

彼女のじんましん2

その後も彼女は突拍子もない痒みと肌のツッパリと腫れに襲われた。 時には顔だけでなく、首や鎖骨辺りまで赤くなることがあった。 ほとんどは夜だったが、出勤まえに起こるとすごく焦った。 彼女はキノコが大好き …

noimage

涙の世界

彼女は目に涙をいっぱいに溜めていた。 僕は彼女が一体どこに視線を定めているのか分からなかった。 それはおそらく彼女から見えた世界も同じだったに違いない。 ちょうどプールで水面があなたの網膜を横切った時 …

noimage

彼女はあんまり神様は信じていない。 いや、正確に言えば都合のいい時だけ頼っている存在があるにはある。 そんなときに「ああ、神様お願いです」と思ったりするけれど、 それがいわゆる神社や教会によくいる神様 …

noimage

(no title4)

優しい時間

2018/10/19

優しい時間

noimage

2018/09/18

アンビバレンス3

棚

2018/08/29

記事内の彼女の絵や写真。
2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ