彼女の話

彼女の買い物

投稿日:

彼女はなかなかの倹約家だ。
もったいない精神とムダ嫌いの魂をもつ。


彼女は普段かなり質素に暮らしている。
特に欲しいものもなく、ブランド物にもあまりステータスを感じない。
だから通常お金を使うことと言ったら食費とか週末に飲むお酒くらいだろうか。

今持っているものでなんとかなれば新しく物を買うこともない。
修理したり補修したりして、できるだけ長く使う。
物が増えることを嫌うので、ただカワイイとか言う理由で物を買うこともない。
買い物に行っても必要でかつとてもとても気に入らなければ城には連れ帰らない。


そんな彼女も年に2回くらい「ドカ買い」してくるときがある。
それは主にアウトレットモールがセールをするときらしいのだが、
この時彼女は「たくさん」買う。

「たくさん」「たくさん」というのだが、普通の女子から見れば
一年に買う数や金額としてはかなり「たくさん」ではない。
(セール中のモールは混み合うので、あまり長くは居られないことも要因だろう。)

彼女は50~80%以上OFFになっているもので、
ベーシックであまり流行を選ばない、それでいて浮きすぎない明るい色味のものを買う。
最近特にお買い得で大変気に入ったのは靴で、
本革にエナメルが塗られたパンプスと春用のショートブーツなのだと自慢してみせる。
彼女は一度買うと長く大事に使うたちなので、こと革製品は助かるのだ。


そうやってみていると、彼女のもとに来たモノたちは幸せだよなと思う。
どれもしまい込まれずむしろ使い込まれているし、なんとなくある、というようなものも少ない。
手放すときもできるだけきれいにしてリサイクルできるものはしているようだ。


買い物はあまり頻繁に行く必要はない分、行くと結構楽しんで帰ってくる。
ただし、服や靴に関してはもう少し活躍させてあげられるよう
今年は外出を増やしたいと思っているようだ。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

女の価値観

彼女はいわゆるなんでも一人で自分でやってしまう人で、 いわゆる男性が守ってやりたくなるような「か弱い」女性ではない。 それどころかそういう「女」を嫌っている。 たとえば届かないところにあるものを、取っ …

noimage

(no title)

いつの頃からか眠りに落ちる間際に 時折ふぅっと決まったシーンが彼女のどこかをよぎるようになった。 それはこころかもしれないし、頭の中にかもしれない。 そこは真っ暗だ。 真っ暗な中に白い直方体がぼんわり …

noimage

痛み

彼女は痛がりだ。 彼女はそんなことない、ほんとに痛いのだと神妙に言うのだが、 ちょっと大げさなような気もする、と時々思う。 たとえばマッサージに行ったとき、痛かったらいってくださいね、と言われたので …

恣意的彼女

恣意的彼女

あなたは誰かのことをとても知りたい、と思ったことはあるだろうか。 彼女はあまり自分のことを話さない。 話すが好きじゃないのだ。 でも話さないからこそ余計に人は彼女に関心をもってどんな人なのか知ろうとし …

noimage

落ち着かない人生

彼女は昔からどうも落ち着かない人生を送っているようだ。 ”波乱万丈だね”と言われることの多い生活なのである。 そして人によっては、彼女自身がそうしている、そういう選択をしているところがある、と言うので …

記事内の彼女の絵や写真。
2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ