彼女の話

どうしようもないこと

投稿日:2017年2月26日 更新日:

昨夜から彼女は貝になってしまった。
何も話さず、ただ海に中にいるみたいに顔がびしゃびしゃになっていた。
酸素を取り入れようとするけどうまくかない、といったように
ときどきゲホゲホと咳き込んだ。

すごく眠そうにしていたからすぐ眠るだろうと思っていたが、
布団に入っても2時間以上ゲホゲホいいながら鼻をすすっていた。
僕は久しく渡すことのなかった安定剤を渡した。
すごく小さい錠剤だからときどき奥歯とほっぺたの間に挟まったままになったりするので、
きちんと飲み込んだか訊いたが、
彼女は死んだ魚の目をさせて静かにふとんに戻っていった。
彼女の真っ黒な瞳がすべてをどこまでも吸い込んでいくブラックホールみたいに見えた。

僕は帰ることにした。


今朝見た彼女の目は真っ赤に腫れていた。
顔を洗って化粧水が凍みるたびに苦痛に顔をゆがませた。

とにかく何か食べさせないといけない。
買ってきた彼女のお気に入りのくるみパンをトーストしてコーヒーと一緒に渡すと食べた。
昼は食べなかった。

ずっと何かにとりつかれたように頭をゆらゆらさせながらどこか他の国だか世界だかにいっているみたいだった。
ときどき頭を振ったり、静かに涙を流したり、重い頭を必死で支えようとしていた


僕は帰ることにした。
どうしていいかわからないし。
夜は食べたか分からないけど。


でもスケッチブックを取り出していたから、きっと大丈夫だと思うんだよね。



どうしようもないこと

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

彼女の買い物

彼女はなかなかの倹約家だ。 もったいない精神とムダ嫌いの魂をもつ。 彼女は普段かなり質素に暮らしている。 特に欲しいものもなく、ブランド物にもあまりステータスを感じない。 だから通常お金を使うことと言 …

noimage

それが問題だ。

最近の彼女はあまり考え込んではいないようだ。 やることがたくさんあるから考えこむ暇がないのである。 思考のループにはまって抜け出せなくなったとき、よく聞く提案。 運動をしろ、とか 好きな音楽を聴け、と …

良き不幸

良き不幸

彼女のダウンタイムは今日で終わるらしい。 彼女もまた本格的に復帰し、朝から晩まで箱の中、 様々な人たちに囲まれて仕事をすることになる。 この約2ヶ月のダウンタイム中、彼女は比較的穏やかだった。 彼女を …

消えた『群集の中の孤独』

消えた『群集の中の孤独』

彼女は最近彼女にしては頻繁に人ごみの中へ出かけている。 用があって出ているのだが、久しぶりに雑踏の中へ出かけて新鮮味があるようだ。 彼女は萩原朔太郎の『群集の中に居て』という詩がとても好きだ。 都会へ …

noimage

イニシャルドリーム2

彼女は訪れたこともない外国にいた。 見慣れない家の、親しみのない玄関で、 強引に押し入ってこようとする数人の異邦人を何とか入れまいと ドアノブを握りしめていた。 彼らは全員男性だった。 いやだ、こわい …

PREV
痛み
NEXT
彼女の恥
優しい時間

2018/10/19

優しい時間

noimage

2018/09/18

アンビバレンス3

棚

2018/08/29

記事内の彼女の絵や写真。
2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ