彼女の話

どうしようもないこと

投稿日:2017年2月26日 更新日:

昨夜から彼女は貝になってしまった。
何も話さず、ただ海に中にいるみたいに顔がびしゃびしゃになっていた。
酸素を取り入れようとするけどうまくかない、といったように
ときどきゲホゲホと咳き込んだ。

すごく眠そうにしていたからすぐ眠るだろうと思っていたが、
布団に入っても2時間以上ゲホゲホいいながら鼻をすすっていた。
僕は久しく渡すことのなかった安定剤を渡した。
すごく小さい錠剤だからときどき奥歯とほっぺたの間に挟まったままになったりするので、
きちんと飲み込んだか訊いたが、
彼女は死んだ魚の目をさせて静かにふとんに戻っていった。
彼女の真っ黒な瞳がすべてをどこまでも吸い込んでいくブラックホールみたいに見えた。

僕は帰ることにした。


今朝見た彼女の目は真っ赤に腫れていた。
顔を洗って化粧水が凍みるたびに苦痛に顔をゆがませた。

とにかく何か食べさせないといけない。
買ってきた彼女のお気に入りのくるみパンをトーストしてコーヒーと一緒に渡すと食べた。
昼は食べなかった。

ずっと何かにとりつかれたように頭をゆらゆらさせながらどこか他の国だか世界だかにいっているみたいだった。
ときどき頭を振ったり、静かに涙を流したり、重い頭を必死で支えようとしていた


僕は帰ることにした。
どうしていいかわからないし。
夜は食べたか分からないけど。


でもスケッチブックを取り出していたから、きっと大丈夫だと思うんだよね。



どうしようもないこと

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

彼女のじんましん

ある夜、彼女は食事を作っていた。 冬の間は土鍋を好んで使う。 土鍋で作って食したものはどれも心身を熱くする。 土鍋の中に水を入れ、昆布を入れ、水でそそいだ茹でうどんを入れ、 卵を落として蓋をしたところ …

noimage

彼女と飲み会

昨夜は彼女の職場の飲み会があった。   彼女はいつだってできるだけ早く自分の城に帰りたいと思っているし、 何より人と長い時間接しているのが苦手だ。 彼女は飲み会が好きじゃない。 しかも一日中 …

noimage

認められるということ

認める、というのは人が成す行為だ。 彼女は認められたいと思っている。 彼女は”人”が彼女を『認める』ことを望んでいるということだ。 彼女は「たぶん絵を認めてほしい」と思っている。 絵はただの絵だ。 彼 …

noimage

(no title2)

彼女は最近ひどく不安定だ。 ゆらゆらしているのに、口は貝のようにしっかりと固く閉ざされている。 誰にでも憂鬱になるときはある。 僕はただ待つしかない。 関連

noimage

ダウンタイム

彼女には最近生活の変化があって、あまり仕事をしていない。 もちろん収入は減るが彼女はときどき食べるために働くことをやめて 心や体をリセットでもさせるようにダウンタイムを人生の端々で設けている。 出勤し …

PREV
痛み
NEXT
彼女の恥
表面下の世界

2019/01/16

表面下の世界

渇き

2019/01/07

渇き

秋晴れ

2018/11/24

秋晴れ

記事内の彼女の絵や写真。
2019年4月
« 1月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ