彼女の話

彼女の影

投稿日:

最近ある人が鼻について小さなイライラになっている。
でもイライラしているのはその人にではなく自分自身にだと彼女は毎晩気づく。


職場で会うMはどうも要領が悪い。
その上機敏にも動けず、気が利かない。
声だけはやたら大きくて、自己正当化ばかり目立つ。
その上自信がなく、いつも自分がやっていることに不安をもつ心配性。
みんなにどうしたって白い目で見られてしまっている。

彼女もはじめからこのMの特に主体性のなさに辟易してしまったひとりだ。
自分で考えて自分で判断し自分で動く、ということが社会人としてそれなりの年月を経てきたはずなのにできない。
質問ばかりが目立つ。


周りからMへのひどい評価を聞くたびに、まったくもってその通りだ、と思うのだが、
Mと一対一で話をしてみると、MはMなりにそれらの評価を受け止めていて、
申し訳なさそうにしているのである。
人の感情に影響されやすい彼女は、Mと話すたびに「この人はこの人で悪い人ではないのだがなぁ」と
毎度複雑な気持ちになる。


だからこそ彼女はMにもっとうまく立ち回ってほしいのだ。
Mが失敗するたびに彼女も心の中で舌打ちをして、アドバイス気取って助言してしまったりする。
そしてそれを彼女は毎晩思い出して後悔しているのだ。
一体自分は何様のつもりだったのだ、偉そうに、と。

別に助言することは悪いことではない。
言わなければ気づいていないこともある。
ただそれが純粋にMのためとかみんなのためとかいう思いやりから来ているものではないから彼女は気持ちが悪いのだ。
それは単なる自分のエゴだ、それが気持ち悪いのだ。
それが恥ずかしくてたまらないのだ。


そして彼女はMがうまく立ち回れない理由を知っている。
Mはおそらく彼女と同じ気質をもっていて、彼女と同じでエゴが強く、
どうにも苦しく空回りしているのだ。
事実、Mのしでかす失敗はどれも気の緩んだ彼女もやってしまいそうなことばかりだ。
彼女はまるで仮面を外した自分の姿を間近で直視しているようでMと関わるのが嫌なのだ。
Mをみていると、自分の仮面の裏からひっそりと覗く影が見えるような気がするのだ。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

おばあちゃんズ

彼女は人の話を聞くのが好きだ。 それも自分と全く関係のない人たちの話を聞くのがいい。 彼女がバス停へ向かうとおばあちゃんAが座ってバスを待っていた。 少し離れたところに彼女も腰を下ろした。 その後もう …

noimage

抗えないもの

彼女は自分の体の異変を認めざるを得なくなってきた。 頭痛に悩まされているのは以前からだが、それ以上におかしいのだと呟いた。 少し不安気だった。 朝目が覚めたとき、脳がとけてスライムになったようにドロリ …

noimage

彼女の頭の中のいちばん外側

彼女はいつも自分は結局一体なんなのだろう、と考える。 自分の行動を振り返る。 その時にそれは一般的な行動であったのか、 それとも自分の本来の性格によるものだったのか、 そして、それとも自分のその気質の …

noimage

彼女と鉛筆

彼女は鉛筆がめちゃくちゃ好きだ。 それから鉛筆をカッターで削るのが更に好きだ。 彼女は鉛筆のあの柔らかさが好きだ。 いわゆるシャーペンは紙を傷つけながらかいている感があるのだという。 かいたあとに紙を …

noimage

(no title2)

彼女は最近ひどく不安定だ。 ゆらゆらしているのに、口は貝のようにしっかりと固く閉ざされている。 誰にでも憂鬱になるときはある。 僕はただ待つしかない。 関連

PREV
距離
NEXT
カラフル
表面下の世界

2019/01/16

表面下の世界

渇き

2019/01/07

渇き

秋晴れ

2018/11/24

秋晴れ

記事内の彼女の絵や写真。
2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ