彼女の話

彼女の影

投稿日:

最近ある人が鼻について小さなイライラになっている。
でもイライラしているのはその人にではなく自分自身にだと彼女は毎晩気づく。


職場で会うMはどうも要領が悪い。
その上機敏にも動けず、気が利かない。
声だけはやたら大きくて、自己正当化ばかり目立つ。
その上自信がなく、いつも自分がやっていることに不安をもつ心配性。
みんなにどうしたって白い目で見られてしまっている。

彼女もはじめからこのMの特に主体性のなさに辟易してしまったひとりだ。
自分で考えて自分で判断し自分で動く、ということが社会人としてそれなりの年月を経てきたはずなのにできない。
質問ばかりが目立つ。


周りからMへのひどい評価を聞くたびに、まったくもってその通りだ、と思うのだが、
Mと一対一で話をしてみると、MはMなりにそれらの評価を受け止めていて、
申し訳なさそうにしているのである。
人の感情に影響されやすい彼女は、Mと話すたびに「この人はこの人で悪い人ではないのだがなぁ」と
毎度複雑な気持ちになる。


だからこそ彼女はMにもっとうまく立ち回ってほしいのだ。
Mが失敗するたびに彼女も心の中で舌打ちをして、アドバイス気取って助言してしまったりする。
そしてそれを彼女は毎晩思い出して後悔しているのだ。
一体自分は何様のつもりだったのだ、偉そうに、と。

別に助言することは悪いことではない。
言わなければ気づいていないこともある。
ただそれが純粋にMのためとかみんなのためとかいう思いやりから来ているものではないから彼女は気持ちが悪いのだ。
それは単なる自分のエゴだ、それが気持ち悪いのだ。
それが恥ずかしくてたまらないのだ。


そして彼女はMがうまく立ち回れない理由を知っている。
Mはおそらく彼女と同じ気質をもっていて、彼女と同じでエゴが強く、
どうにも苦しく空回りしているのだ。
事実、Mのしでかす失敗はどれも気の緩んだ彼女もやってしまいそうなことばかりだ。
彼女はまるで仮面を外した自分の姿を間近で直視しているようでMと関わるのが嫌なのだ。
Mをみていると、自分の仮面の裏からひっそりと覗く影が見えるような気がするのだ。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

彼女はまた少し小さくなった

彼女はあまり大きくない。 考えることを止めることができないので、そのために四六時中神経をすり減らし、 結果食べても食べてもほとんど太ることができない。   最近彼女はまた少し痩せた。 手首を …

noimage

ミルクと牛乳

余談だが、ここで彼女になぜミルクなのかと尋ねられた。 牛乳ではいけないのか、というのだ。 僕はそこはそんなに重要ではないと話した。 彼女は眉をひそめた。 言葉を使うのにシャレづくなというのである。 ハ …

優しい時間

優しい時間

彼女はここひと月ほどとっても長い夢を毎晩みている。 朝意識が起きると、何か6時間ほどの長い長い映画をみたような それでいて自分が異世界にいたかのような見事な浮遊感をもって目を覚ます。 目覚めたときの気 …

noimage

彼女と飲み会

昨夜は彼女の職場の飲み会があった。   彼女はいつだってできるだけ早く自分の城に帰りたいと思っているし、 何より人と長い時間接しているのが苦手だ。 彼女は飲み会が好きじゃない。 しかも一日中 …

彼女の時計

彼女の時計

残念ながら先日電池を交換した彼女の腕時計の針は 再び散漫な仕事を繰り返すようになってしまった。 修理査定に出そうと考えた彼女はまず時計屋の少なさに驚いた。 文明の利器スマホを頼っても彼女の住む周辺には …

PREV
距離
NEXT
カラフル
記事内の彼女の絵や写真。
2019年5月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ