彼女の話

彼女の影

投稿日:

最近ある人が鼻について小さなイライラになっている。
でもイライラしているのはその人にではなく自分自身にだと彼女は毎晩気づく。


職場で会うMはどうも要領が悪い。
その上機敏にも動けず、気が利かない。
声だけはやたら大きくて、自己正当化ばかり目立つ。
その上自信がなく、いつも自分がやっていることに不安をもつ心配性。
みんなにどうしたって白い目で見られてしまっている。

彼女もはじめからこのMの特に主体性のなさに辟易してしまったひとりだ。
自分で考えて自分で判断し自分で動く、ということが社会人としてそれなりの年月を経てきたはずなのにできない。
質問ばかりが目立つ。


周りからMへのひどい評価を聞くたびに、まったくもってその通りだ、と思うのだが、
Mと一対一で話をしてみると、MはMなりにそれらの評価を受け止めていて、
申し訳なさそうにしているのである。
人の感情に影響されやすい彼女は、Mと話すたびに「この人はこの人で悪い人ではないのだがなぁ」と
毎度複雑な気持ちになる。


だからこそ彼女はMにもっとうまく立ち回ってほしいのだ。
Mが失敗するたびに彼女も心の中で舌打ちをして、アドバイス気取って助言してしまったりする。
そしてそれを彼女は毎晩思い出して後悔しているのだ。
一体自分は何様のつもりだったのだ、偉そうに、と。

別に助言することは悪いことではない。
言わなければ気づいていないこともある。
ただそれが純粋にMのためとかみんなのためとかいう思いやりから来ているものではないから彼女は気持ちが悪いのだ。
それは単なる自分のエゴだ、それが気持ち悪いのだ。
それが恥ずかしくてたまらないのだ。


そして彼女はMがうまく立ち回れない理由を知っている。
Mはおそらく彼女と同じ気質をもっていて、彼女と同じでエゴが強く、
どうにも苦しく空回りしているのだ。
事実、Mのしでかす失敗はどれも気の緩んだ彼女もやってしまいそうなことばかりだ。
彼女はまるで仮面を外した自分の姿を間近で直視しているようでMと関わるのが嫌なのだ。
Mをみていると、自分の仮面の裏からひっそりと覗く影が見えるような気がするのだ。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

ミルクと牛乳

余談だが、ここで彼女になぜミルクなのかと尋ねられた。 牛乳ではいけないのか、というのだ。 僕はそこはそんなに重要ではないと話した。 彼女は眉をひそめた。 言葉を使うのにシャレづくなというのである。 ハ …

彼女のカメラ

彼女のカメラ

彼女はときどき写真を撮るが、そのカメラがハッキリ言ってくそだ。 学生時代彼女はコニカミノルタのものすごく古い一眼レフカメラを使って撮っていた。 その頃はもうデジカメもあったが、彼女はわざわざ白黒フィル …

noimage

おばあちゃんズ

彼女は人の話を聞くのが好きだ。 それも自分と全く関係のない人たちの話を聞くのがいい。 彼女がバス停へ向かうとおばあちゃんAが座ってバスを待っていた。 少し離れたところに彼女も腰を下ろした。 その後もう …

noimage

アンビバレンス3

僕は彼女に何か言うということはほとんどないのだが、 この日はなんとなく口にしてしまった。 君が時々行っちゃうあっちの世界だけど、別に完全にさよならすることはないんじゃないの。 彼女は相変わらずの寝ぼけ …

空腹の彼女

空腹の彼女

彼女の体は燃費が悪い。 普段から少ししか食べない。 その分しか胃のキャパがないのか、食べるとすぐにお腹がいっぱいになってしまう。 もしくは食べた、という事実で満腹になったような気になって食事は終わる。 …

PREV
距離
NEXT
カラフル
優しい時間

2018/10/19

優しい時間

noimage

2018/09/18

アンビバレンス3

棚

2018/08/29

記事内の彼女の絵や写真。
2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ