彼女の話

”この人は結局ワガママなんだよ、自分が一番かわいくて一番大事なんだ”

投稿日:2017年1月18日 更新日:

彼女は人に好かれるのも苦手だ。
以前”この人は結局ワガママなんだよ、自分が一番かわいくて一番大事なんだ”と言われ、
彼女は全くもってその通りだと笑ってしまった。


なので彼女はあまり人に予定を合わせたり、何かの予約を前もって入れておく、ということも得意ではない。
いざその時になったら気が変わって嫌になってしまうことが多いからだ。
だから最初からそんな約束事はできるだけしないようにしている。


そんな社交性の低い彼女だが、それにも関わらず彼女はよく飲みの席に誘われてしまうのである。
それは彼女の「愛想のよい」「明るくて」「おもしろい」仮面の成果かと思われ、
彼女が来ないとおもしろくない、とまで言われてしまうことさえあるのである。
残念ながら彼女にとっては完全に副作用以外の何物でもない。
彼女は言ってしまいたい。
「みなさん、これは本当の私ではないのです!私はそんな人間ではないのです!すみません!でもどうか分かって!」


職場の仲良し同士で飲みに行く計画が上がり、彼女は当然不参加を伝えていたのだが
午前中に同僚Pが次の日出勤しなくてもいいから来いと誘いつづけ、午後にはUから来ないとつまらないじゃないかという旨の連絡があり、夜にはAからしつこいのは分かっているが本当に来ないのかとメールが入った。

「・・・・・・・・・・・・・・・。」


嬉しくないわけではない。
でも困る、というほうが圧倒的に勝るのである。
それから申し訳ないと思う。
こんなに求められても応えられない自分をどうしていいか分からない。
むしろこんな時はみんなに嫌われてしまいたいとさえ思ってしまう。


そして彼女は今も困った顔で悩み続けている。
必要とされることを煩わしく感じる自分はどこからやってくるのだろう、と。
愛されることも嫌われることもどちらも引き受けられないワガママな自分を思い出して。



ワガママ

-彼女の話

執筆者:

関連記事

彼女のカメラ

彼女のカメラ

彼女はときどき写真を撮るが、そのカメラがハッキリ言ってくそだ。 学生時代彼女はコニカミノルタのものすごく古い一眼レフカメラを使って撮っていた。 その頃はもうデジカメもあったが、彼女はわざわざ白黒フィル …

優しい時間

優しい時間

彼女はここひと月ほどとっても長い夢を毎晩みている。 朝意識が起きると、何か6時間ほどの長い長い映画をみたような それでいて自分が異世界にいたかのような見事な浮遊感をもって目を覚ます。 目覚めたときの気 …

noimage

とどめようがないこと

暗い気持ちでいることは悪いことじゃない。 みんなポジティブに前向きにって疲れるんだよ。 ネガティブだからダメなんだって、だれが決めたんだろう。 自己啓発本か脳科学か誰かの経験則か。 恨みも怒りも妬みも …

ナンバーワン

ナンバーワン

あなたは誰かのナンバーワンだろうか。 またはあなたにとってナンバーワンだと思える人はいるだろうか。 彼女はそんな誰かを失った。 友人Nは彼女にとってナンバーワンだった。 ナンバーワンはオンリーワンだ。 …

noimage

彼女と誰か

彼女は唐突に気づいてぎょっとした。 ちょっと待て。 だれかいる。 一体自分は誰なのか、どれが自分なのか、という問いに彼女ははからずもがんじがらめになっている。 ただ、少なくともその”自分”たちをある程 …

記事内の彼女の絵や写真。
2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ