彼女の話

彼女の秘密

投稿日:

彼女はついに絵も描かなくなってしまった。
動悸もするし、ひどく憂鬱そうにしている。
呼吸がしにくいせいで酸素が脳や体内に行きわたっていないのか、
四六時中眠気と闘っている。

だからといって横になってもきちんと眠ることはできないようで
ずっと頭は何事か考えているのが眠っていても分かるそうだ。
眠りたい、と彼女は言う。


思考のループにまた深くはまり込んでしまったようだ。
それは時には答えの出ない、そもそも答えなどないことであったり、
時には彼女自身がしっかりと向き合えば、答えがでたり決断できたりすることもある。

今回はどちらだろう。


彼女は秘密主義だ。
意図せずそうなってしまうのだが、
職場ではプライベートが謎の人間になってしまっている。
何かあっても親しい友人にも話さずにいることも多く、
後に聞いて「どうしてもっと早く話さないのか」と怒られたりしている。

今回彼女が何について考えているのか知らないが、
今回も彼女は誰に話すことも相談することもないだろう。
憂鬱であることも動悸がすることも本当は苦しいことも
誰にも言わないだろう。


僕はもう少し待とうと思う。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

『鑑定士と顔のない依頼人』

『鑑定士と顔のない依頼人』(The Best Offer、2013) ネタバレ注意 この間彼女は放心したような興奮したような様子で観た映画のエンディングについて話し出した。 とてもとても美しいラストシ …

ざわざわする

ざわざわする

彼女はざわざわすると言って落ち着かないことがある。 それは「心臓がいつもの場所から2cmほど重く浮かんだり沈んだりしている」感じだという。 動悸がする。 眉間にはずっと力が入ったままになる。 ときどき …

たそがれ

たそがれ

彼女が一日の中で一番すきな時間はたそがれ時だ。 早朝の「キリっとパリッとした空気」も好きだが(彼女は早起きが苦手だし)、 その日一日あつく熱された世界を静かに穏やかに落ち着かせようとするあの時間には変 …

noimage

彼女とtwitter

彼女は僕が作ったこのブログ用のtwitterアカウントで少し向こうの大きな存在に近づいた。 大げさに思うかもしれないが、彼女にとってはあなたが初めて人前で歌うということと同じくらい緊張することなのだ。 …

そのおびただしい全存在

そのおびただしい全存在

彼女はそれを見たとき自分のそれが本当に白糸であると思った。 彼女はナイアガラの滝をみたのだ。 その腕はもう入れるところがない、と言うほどに白い切り傷でいっぱいだった。 上腕にも太く白いあとがいくつか残 …

記事内の彼女の絵や写真。
2019年5月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ