彼女の話

彼女の秘密

投稿日:

彼女はついに絵も描かなくなってしまった。
動悸もするし、ひどく憂鬱そうにしている。
呼吸がしにくいせいで酸素が脳や体内に行きわたっていないのか、
四六時中眠気と闘っている。

だからといって横になってもきちんと眠ることはできないようで
ずっと頭は何事か考えているのが眠っていても分かるそうだ。
眠りたい、と彼女は言う。


思考のループにまた深くはまり込んでしまったようだ。
それは時には答えの出ない、そもそも答えなどないことであったり、
時には彼女自身がしっかりと向き合えば、答えがでたり決断できたりすることもある。

今回はどちらだろう。


彼女は秘密主義だ。
意図せずそうなってしまうのだが、
職場ではプライベートが謎の人間になってしまっている。
何かあっても親しい友人にも話さずにいることも多く、
後に聞いて「どうしてもっと早く話さないのか」と怒られたりしている。

今回彼女が何について考えているのか知らないが、
今回も彼女は誰に話すことも相談することもないだろう。
憂鬱であることも動悸がすることも本当は苦しいことも
誰にも言わないだろう。


僕はもう少し待とうと思う。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

それが問題だ。

最近の彼女はあまり考え込んではいないようだ。 やることがたくさんあるから考えこむ暇がないのである。 思考のループにはまって抜け出せなくなったとき、よく聞く提案。 運動をしろ、とか 好きな音楽を聴け、と …

花がら

アンビバレンス2 ー花がら

HSPはとかく外界からの刺激に対する敏感さを挙げられることが多いが、 自分の内界からの刺激にもそれは同じである。 自分が作り上げた妄想世界を自分自身で衝撃的に拒否してしまったあとも、 彼女が完全にその …

だれかのことを思うとき

だれかのことを思うとき

今朝彼女の家には佐川急便やら郵便やらが入れ替わりたち替わりやってきて 大中小の箱をそれぞれ置いていった。 12月25日の朝、誰かから彼女へのクリスマスプレゼントだ。 彼女はみんなきちんとパーフェクトな …

noimage

(no title)

いつの頃からか眠りに落ちる間際に 時折ふぅっと決まったシーンが彼女のどこかをよぎるようになった。 それはこころかもしれないし、頭の中にかもしれない。 そこは真っ暗だ。 真っ暗な中に白い直方体がぼんわり …

noimage

何もない日

朝早く起きられたということ。 シンとした空気に触れられたこと。 本を読めたこと。 朝食をいつもより多く食べられたこと。 日焼け止めをきちんと塗って外出したこと。 通勤ラッシュの中知らない誰かが車を止め …

秋晴れ

2018/11/24

秋晴れ

優しい時間

2018/10/19

優しい時間

noimage

2018/09/18

アンビバレンス3

記事内の彼女の絵や写真。
2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ