彼女の話

彼女と絵 :柴田鋭一『せっけんのせ』

投稿日:

彼女は今年”Art Calendar by Three Artist 2017”というタイトルのカレンダーを貼っている。
タイトル通り、3人のアーティストの作品が月替わりで印刷されている。

その中に柴田鋭一さんという画家の絵がある。
彼女は彼の作品が大変好きで、彼の目が一度目に留まるとしばらくそこから動かない。
5月は柴田さんの絵の月なもので、彼女はしょっちゅうぼんやり眺めている。


彼女は色を使わないから、彼の作品の色に惹かれるようだ。
それから彼の絵を見て、彼女は指頭画を描くようになった。
腱鞘炎が悪化してしばらくは点描画が描けないし、
点でなくても当分長時間何かを握る作業から遠のいている。
柴田さんは指頭画を描いているわけではないが、
そののびのびとした作品を羨ましがって、
彼女はできるだけぎゅいんぎゅいん自由に、指を黒や白でべちょべちょにしながら描く。

「ぜんぶぜんぶ塗りつぶしてしまいたくなる」

塗りつぶし終えると軽く呼吸が乱れている。
描いている間心が全力疾走しているか、息を止めているのかもしれない。


書き終えた自分の絵と、壁にぶら下がっている柴田さんの絵を交互に見比べて
なんだかなぁというように彼女は首をかしげて困っている。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

忘れていく彼女 -感情

前回と前々回のつづき 彼女にはときどき顔を合わせるおばあさんがいる。 顔を合わせても話すときもあるし、話さないときもある、 それくらいほんの少しの時間一緒にいるおばあさんだ。 そんなおばあさんが小学生 …

noimage

それが問題だ。

最近の彼女はあまり考え込んではいないようだ。 やることがたくさんあるから考えこむ暇がないのである。 思考のループにはまって抜け出せなくなったとき、よく聞く提案。 運動をしろ、とか 好きな音楽を聴け、と …

noimage

沿線生活2

沿線生活はいつまでたってもうるさいことに変わりはなかったが、 しばらく住んでいるうちに彼女はいろいろな線路沿いの風景をみた。 撮り鉄と呼ばれる人々を見たのもここでだった。 そばの踏切や彼女のアパートの …

noimage

バランスボールの中の小人

彼女は自分の中で何かが急速に変化していくのに気付き始めた。 まるでバランスボールの中にいつの間にか閉じ込められた小人みたいな自分。 どんなに抜け出そうともがいても、もがいた方向に転がるだけで突き破れな …

noimage

トリガー

”やりたいことがない”という人は意外なほどたくさんいる。 彼女は知っている。 昔は自分もそうだった。 「本当はアレもコレもやりたい。でも現実的ではない。だからできない」 結果”できることがない”と”し …

noimage

2019/06/23

6月

noimage

2019/05/18

3月11日-ある春の日

表面下の世界

2019/01/16

表面下の世界

記事内の彼女の絵や写真。
2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ