彼女の話

彼女と絵 :柴田鋭一『せっけんのせ』

投稿日:

彼女は今年”Art Calendar by Three Artist 2017”というタイトルのカレンダーを貼っている。
タイトル通り、3人のアーティストの作品が月替わりで印刷されている。

その中に柴田鋭一さんという画家の絵がある。
彼女は彼の作品が大変好きで、彼の目が一度目に留まるとしばらくそこから動かない。
5月は柴田さんの絵の月なもので、彼女はしょっちゅうぼんやり眺めている。


彼女は色を使わないから、彼の作品の色に惹かれるようだ。
それから彼の絵を見て、彼女は指頭画を描くようになった。
腱鞘炎が悪化してしばらくは点描画が描けないし、
点でなくても当分長時間何かを握る作業から遠のいている。
柴田さんは指頭画を描いているわけではないが、
そののびのびとした作品を羨ましがって、
彼女はできるだけぎゅいんぎゅいん自由に、指を黒や白でべちょべちょにしながら描く。

「ぜんぶぜんぶ塗りつぶしてしまいたくなる」

塗りつぶし終えると軽く呼吸が乱れている。
描いている間心が全力疾走しているか、息を止めているのかもしれない。


書き終えた自分の絵と、壁にぶら下がっている柴田さんの絵を交互に見比べて
なんだかなぁというように彼女は首をかしげて困っている。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

プラグマティックシャッター

だから彼女はだれとも親しくならない。 少しよく話すようになった人がいても、どこかのある一線の手前で 意図的にまたは恣意的にまたは無意識に突き放す一言を発する。 そして相手は”こんな人だったのか”と思っ …

noimage

消えた野良犬たち

彼女は『平成狸合戦ぽんぽこ』が大好きで何度も観ている。 ある人と地域猫の話をしている時、彼女はふと そういえば最近野良犬を全く見ない、と気付いた。 地域犬というのは聞きませんね、と言うと その人は『犬 …

noimage

彼女はまだ

彼女はまだ自分の気質についてよく知らない。 彼女はまだ自分の気質についてはじめて書かれた本を一度も読み終えていない。   これまでに3回読もうとしたが、果たさなかった。   1回目 …

忘れていく彼女

忘れていく彼女

彼女はあまり記憶力がよくない。 まるでわざとそうしているようかのように、これまでのことをどんどん忘れて行ってしまう。 彼女は特にそういったハンディキャップや疾患があるわけではない。 なのでつい最近のこ …

noimage

彼女を包む音

引越しをして彼女は色んな音に耳を傾けるようになった。 近くに川や木々が多くあることで、鳥が多い。 色んなさえずりが聞こえてくる。 時々は雨どいをトントン跳ねながらぴーちく言っている。 その足音はなんと …

記事内の彼女の絵や写真。
2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ