彼女の話

彼女とゴミ

投稿日:

彼女は意外とエコな人だ。
彼女自身は貧乏性からくるものだと思っているようだが、結構地球に優しいのである。
(寒いというだけで心まで死んでしまう人なので、
冬は暖房がつけっぱなしになってしまうことを除けば、だが。)


その最たるところはゴミだ。
燃えるゴミは小さく結んだりできるものは結んでできるだけコンパクトにして捨てる。
彼女曰くゴミ袋を買うのがもったいないからできるだけたくさんゴミ袋に入れるためなのだそうだ。
以前はプラスチックゴミも分別できるところに住んでいたのが、
今は燃えるゴミに入れなくてはならず、彼女はいつももったいないなぁと思っている。
再利用しないのもゴミ袋がすぐにいっぱいになってしまうのも。


アルミ缶と紙ゴミは近くの小学校で収集しているので、
たくさん溜ったら持っていくようにしている。
そうでなければゴミとして捨てなければならないが、
何になるか知らないが何かになるなら持っていこうといつもまとめてとっておく。

紙ゴミにしても、封筒や納品書なんかは自分の個人情報部分だけわざわざ切り取ってシュレッダーにかけ、
残りの大部分はリサイクルとして出す。
菓子箱なんかの見ただけで分別が難しい紙は手でちぎってみる。
ちぎって表面にビニールがついてくればそれは紙ゴミといて再利用はできないのだそうだ。


トレーや牛乳パックも洗って近くの収集しているスーパーへ持っていく。
スーパーもどんなトレーでも収集しているわけではないから
リサイクルマークのチェックも余念がない。


割れてしまった食器や鏡なんかは新聞紙にくるんでデカデカと
「注意!割れたグラスです。」とか書いて貼っている。
燃えないゴミを分別する人たちだってケガをしないよう特別な手袋などはめているのだろうけど、
彼女は彼らが働く姿を、自分のゴミ袋を開いて、自分からのメッセージに目をやる彼らの姿を想像する。
「もう少し大きく書かないと急いで仕事をこなしている人は気づかないかもしれない」と
わざわざ書き直したりする。


彼女は毎日毎日ひとりしかいないのにゴミが出ない日はほんとにないなと辟易する。
捨てられるために生まれているようなゴミも時々ある。
彼女はときどきそんな存在を気の毒に思いながらそっとゴミ箱の底に置くのだ。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

強烈ノスタルジー

今年彼女は強烈なノスタルジーを感じる存在に出会った。 その存在をみたりきいたりしているとこころがぎゅいんとしたりほわんとしたりする。 その存在についてもっと知ろうと思えば知ることはできるのだが、 彼女 …

noimage

彼女と陰口

職場というのは時に陰口の宝庫となりうる。 彼女の職場も残念ながら例外ではない。 彼女は陰口というのは色んな人の分かりやすい価値観の集まりであるな、とつくづく思う。 「それは本当におもしろくて、いいかげ …

知ること

知ること

彼女はいつも何かを考えている。 「考える」とは一見思慮深く大切なことのように思えるがなにごともやりすぎはよくない。 彼女は考えることを止めることができない。 ひとは脳で「考える」。 「考える」と感情が …

noimage

彼女の正月

休みの前の彼女は完全に引きこもれるだけの食料と本とレンタルDVDなどを調達する。 ただし今回の連休はそれに加えて、きちんと年末の大掃除を済ませ、 年越しと新年の準備も欠かさなかった。 ひとりで新年を迎 …

ランドリー・ニューヨーク

ランドリー・ニューヨーク

彼女はこたつ布団をようやく剥がした。 寒がりの彼女にようやく春がやってきたというわけだ。 ある夜こたつ布団を持ってコインランドリーへ向かった。 車が使えないので、イケアの大きな青い袋に入れ自転車のカゴ …

優しい時間

2018/10/19

優しい時間

noimage

2018/09/18

アンビバレンス3

棚

2018/08/29

記事内の彼女の絵や写真。
2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ