彼女の話

彼女とゴミ

投稿日:

彼女は意外とエコな人だ。
彼女自身は貧乏性からくるものだと思っているようだが、結構地球に優しいのである。
(寒いというだけで心まで死んでしまう人なので、
冬は暖房がつけっぱなしになってしまうことを除けば、だが。)


その最たるところはゴミだ。
燃えるゴミは小さく結んだりできるものは結んでできるだけコンパクトにして捨てる。
彼女曰くゴミ袋を買うのがもったいないからできるだけたくさんゴミ袋に入れるためなのだそうだ。
以前はプラスチックゴミも分別できるところに住んでいたのが、
今は燃えるゴミに入れなくてはならず、彼女はいつももったいないなぁと思っている。
再利用しないのもゴミ袋がすぐにいっぱいになってしまうのも。


アルミ缶と紙ゴミは近くの小学校で収集しているので、
たくさん溜ったら持っていくようにしている。
そうでなければゴミとして捨てなければならないが、
何になるか知らないが何かになるなら持っていこうといつもまとめてとっておく。

紙ゴミにしても、封筒や納品書なんかは自分の個人情報部分だけわざわざ切り取ってシュレッダーにかけ、
残りの大部分はリサイクルとして出す。
菓子箱なんかの見ただけで分別が難しい紙は手でちぎってみる。
ちぎって表面にビニールがついてくればそれは紙ゴミといて再利用はできないのだそうだ。


トレーや牛乳パックも洗って近くの収集しているスーパーへ持っていく。
スーパーもどんなトレーでも収集しているわけではないから
リサイクルマークのチェックも余念がない。


割れてしまった食器や鏡なんかは新聞紙にくるんでデカデカと
「注意!割れたグラスです。」とか書いて貼っている。
燃えないゴミを分別する人たちだってケガをしないよう特別な手袋などはめているのだろうけど、
彼女は彼らが働く姿を、自分のゴミ袋を開いて、自分からのメッセージに目をやる彼らの姿を想像する。
「もう少し大きく書かないと急いで仕事をこなしている人は気づかないかもしれない」と
わざわざ書き直したりする。


彼女は毎日毎日ひとりしかいないのにゴミが出ない日はほんとにないなと辟易する。
捨てられるために生まれているようなゴミも時々ある。
彼女はときどきそんな存在を気の毒に思いながらそっとゴミ箱の底に置くのだ。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

彼女がつくり、守ってきたもの

彼女がつくり、守ってきたもの

彼女はときどき放心している。 急に頭が重たくなってひどく眠たくなって頭を床に打ち付けるように倒れこむ。 目が覚めたとき、まるで眠っている間に誰かが頭に鉛を詰め込んでいったかのように さらに重たくなって …

肺

彼女は最近ある男性がぜんそくで亡くなったことを聞いた。 知り合いの知り合いの話で彼女は会ったこともない。 男性は若いころからハチャメチャの生活をしていて、 周りによく迷惑をかけてる生活を送っていたそう …

noimage

彼女とHSSと著作権と僕4

ちなみにアメリカへお伺いをたてていた件だが、 もちろん返事はノーだった。 ドクターアーロンは出版社との契約によって厳しく制限を受けていて 文献からもウェブサイトからも引用は許可できない。 ドクターのア …

白糸

白糸

ふと気付くと彼女の左手首に新しい傷があった。 熱したフライパンの淵があたり火傷したそうだ。 その火傷は細く長く茶色くなっていて、 今となっては白糸のようになった他の無数の傷跡たちを 否応なしに目立たせ …

noimage

青りんごの彼女

彼女は自分のことを話すのがあまり得意ではない。 そのせいで言葉足らずになって誤解を受けることも多い。 彼女はそれをものすごく気にする。 人は自分のイメージで話をすることが多い。 自分が青リンゴとして話 …

秋晴れ

2018/11/24

秋晴れ

優しい時間

2018/10/19

優しい時間

noimage

2018/09/18

アンビバレンス3

記事内の彼女の絵や写真。
2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ