彼女の話

共鳴する彼女

投稿日:2017年1月29日 更新日:

彼女は知らない人と話すが苦手だ。
それにも関わらず見知らぬ人に話しかけられやすい。

たとえば職場に新しい人が入ってきたとき、
彼女はできるだけ自分の存在を薄く薄く振る舞い、必要に応じて
あの「どうか話しかけないでください」オーラを醸しても。

たとえば街中にたまに出てみてバスを待っているとき。
群集のなかで無意識に無防備になってしまったりして。


突然彼女は知らない人に話しかけられるのである。
老若男女、日本人、外国人、問わず。


彼女は自分では自分は知らない人と話す人間ではない、と思っているので、
基本的にそんなことは想定していないのだが、だから余計にびっくりする。


彼女がどんなに話しかけられたくないと思っていても、
たとえば職場で新人が慣れてきたころ、”一番話かけやすかった”などと言われるのである。
彼女からすると、良かれ悪かれ、「心外」なのだ。

これまでのそんな人たちの話を総合してみると、
どうも彼女の”見かけ”がそうさせているようなのだが、
彼女自身は自分の見かけなどはかえようがないし、
よく考える癖のせいでしかめっ面になっていることも多いので、
「そんな人に道を訊いたり、写真を頼んだり、よくするものだ」と不思議がっている。


でも僕は知ってる。
彼女は実はとても気にしている。
まるで自分のことのように気にしている。
職場に新しい人がやってきたとき、
「はじめての場所、初めての人、初めての人たち。あぁ、疲れるだろうな、大変だろうな」と思っていること。
バス停で一緒に立つ隣の外国人に
「この人、韓国の人だな。地図見るだけで乗るバス分かるのかな、どこ行くのかな」と思っていること。


彼女は知ってか知らずか、いつの間にか困った彼らと共鳴しているのかもしれない。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

落ち着かない人生

彼女は昔からどうも落ち着かない人生を送っているようだ。 ”波乱万丈だね”と言われることの多い生活なのである。 そして人によっては、彼女自身がそうしている、そういう選択をしているところがある、と言うので …

noimage

破れ仮面

彼女はそんなに簡単に仮面をつけることはできない。 自分の城、という自分だけの個室の空間にいていきなり”自分”以外にはなれないのである。 彼女がLINEを使わず、電話番号もごく一部の人にしか知らせないの …

noimage

彼女の右後ろと左斜め前

彼女はいつの頃からか死をごく親しみのある近しい存在に感じるようになっている。 いつ、どうしてそうなったのかは分からないが、 彼女は”それ”が”そこ”にある、ということを感じるのだ。 ちなみに”そこ”と …

そのおびただしい全存在

そのおびただしい全存在

彼女はそれを見たとき自分のそれが本当に白糸であると思った。 彼女はナイアガラの滝をみたのだ。 その腕はもう入れるところがない、と言うほどに白い切り傷でいっぱいだった。 上腕にも太く白いあとがいくつか残 …

noimage

ある朝

彼女はもう何年も飲まない日の方が少ない毎日だった。 飲みすぎることも時にはあったが、ほとんどは彼女の日々のささやかな楽しみであった。 ある朝彼女はいつものように目を醒まし、 いつものように布団から抜け …

記事内の彼女の絵や写真。
2019年5月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ