彼女の話

共鳴する彼女

投稿日:2017年1月29日 更新日:

彼女は知らない人と話すが苦手だ。
それにも関わらず見知らぬ人に話しかけられやすい。

たとえば職場に新しい人が入ってきたとき、
彼女はできるだけ自分の存在を薄く薄く振る舞い、必要に応じて
あの「どうか話しかけないでください」オーラを醸しても。

たとえば街中にたまに出てみてバスを待っているとき。
群集のなかで無意識に無防備になってしまったりして。


突然彼女は知らない人に話しかけられるのである。
老若男女、日本人、外国人、問わず。


彼女は自分では自分は知らない人と話す人間ではない、と思っているので、
基本的にそんなことは想定していないのだが、だから余計にびっくりする。


彼女がどんなに話しかけられたくないと思っていても、
たとえば職場で新人が慣れてきたころ、”一番話かけやすかった”などと言われるのである。
彼女からすると、良かれ悪かれ、「心外」なのだ。

これまでのそんな人たちの話を総合してみると、
どうも彼女の”見かけ”がそうさせているようなのだが、
彼女自身は自分の見かけなどはかえようがないし、
よく考える癖のせいでしかめっ面になっていることも多いので、
「そんな人に道を訊いたり、写真を頼んだり、よくするものだ」と不思議がっている。


でも僕は知ってる。
彼女は実はとても気にしている。
まるで自分のことのように気にしている。
職場に新しい人がやってきたとき、
「はじめての場所、初めての人、初めての人たち。あぁ、疲れるだろうな、大変だろうな」と思っていること。
バス停で一緒に立つ隣の外国人に
「この人、韓国の人だな。地図見るだけで乗るバス分かるのかな、どこ行くのかな」と思っていること。


彼女は知ってか知らずか、いつの間にか困った彼らと共鳴しているのかもしれない。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

強烈ノスタルジー

今年彼女は強烈なノスタルジーを感じる存在に出会った。 その存在をみたりきいたりしているとこころがぎゅいんとしたりほわんとしたりする。 その存在についてもっと知ろうと思えば知ることはできるのだが、 彼女 …

肺

彼女は最近ある男性がぜんそくで亡くなったことを聞いた。 知り合いの知り合いの話で彼女は会ったこともない。 男性は若いころからハチャメチャの生活をしていて、 周りによく迷惑をかけてる生活を送っていたそう …

noimage

彼女のじんましん

ある夜、彼女は食事を作っていた。 冬の間は土鍋を好んで使う。 土鍋で作って食したものはどれも心身を熱くする。 土鍋の中に水を入れ、昆布を入れ、水でそそいだ茹でうどんを入れ、 卵を落として蓋をしたところ …

noimage

コラージュ惹起

コラージュとはチラシとか雑誌とか新聞とかの切り抜きや、 麻布とか糸とか針金とかを紙やキャンパスに貼り付けられてできる作品たちのことだ。 誰でも一回くらいはみたことがあると思うのだが、 自分の好きなもの …

noimage

冬の彼女

ハッキリ言って冬の彼女はまるで役に立たない。 朝はますます起きなくなり、ぎりぎりまでコタツに居座り、外に出たくないとばかり考えていた挙句仕事に行くのに仕事着を忘れ、遅刻寸前に出社、帰ればエアコンとコタ …

記事内の彼女の絵や写真。
2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ