彼女の話

共鳴する彼女

投稿日:2017年1月29日 更新日:

彼女は知らない人と話すが苦手だ。
それにも関わらず見知らぬ人に話しかけられやすい。

たとえば職場に新しい人が入ってきたとき、
彼女はできるだけ自分の存在を薄く薄く振る舞い、必要に応じて
あの「どうか話しかけないでください」オーラを醸しても。

たとえば街中にたまに出てみてバスを待っているとき。
群集のなかで無意識に無防備になってしまったりして。


突然彼女は知らない人に話しかけられるのである。
老若男女、日本人、外国人、問わず。


彼女は自分では自分は知らない人と話す人間ではない、と思っているので、
基本的にそんなことは想定していないのだが、だから余計にびっくりする。


彼女がどんなに話しかけられたくないと思っていても、
たとえば職場で新人が慣れてきたころ、”一番話かけやすかった”などと言われるのである。
彼女からすると、良かれ悪かれ、「心外」なのだ。

これまでのそんな人たちの話を総合してみると、
どうも彼女の”見かけ”がそうさせているようなのだが、
彼女自身は自分の見かけなどはかえようがないし、
よく考える癖のせいでしかめっ面になっていることも多いので、
「そんな人に道を訊いたり、写真を頼んだり、よくするものだ」と不思議がっている。


でも僕は知ってる。
彼女は実はとても気にしている。
まるで自分のことのように気にしている。
職場に新しい人がやってきたとき、
「はじめての場所、初めての人、初めての人たち。あぁ、疲れるだろうな、大変だろうな」と思っていること。
バス停で一緒に立つ隣の外国人に
「この人、韓国の人だな。地図見るだけで乗るバス分かるのかな、どこ行くのかな」と思っていること。


彼女は知ってか知らずか、いつの間にか困った彼らと共鳴しているのかもしれない。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

静けさと感情でいっぱいの場所

彼女はときどき美術館に行く。 行ったことのない遠くの美術館へも気になる展示があれば出かけていく。 美術館は大抵街の真ん中にあったりして、 駅の改札を抜け、雑踏を抜け、美術館の入り口を抜けると突然ロビー …

noimage

必然想起

ただだらりんと生活していてもふと必然に気づくことがある。 その度に僕らは意味のないことなんてないのかもと気付いたりする。 彼女には時折ぽん、と突拍子もなく思い出される記憶とか感覚とかいうものがあって、 …

彼女と絵: 『私は絵の中で、音楽のように何か心慰めるものを表現したい(ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ)』

彼女が世界でいちばん好きな黄色はゴッホの『夜のカフェテラス』の黄色だ。 ゴッホが黄色を多用したのは有名な話だが、例によって彼女も世界中の多くの人たちと同じくあの黄色を愛している。 ゴッホは弟テオへ送っ …

ワガママ

”この人は結局ワガママなんだよ、自分が一番かわいくて一番大事なんだ”

彼女は人に好かれるのも苦手だ。 以前”この人は結局ワガママなんだよ、自分が一番かわいくて一番大事なんだ”と言われ、 彼女は全くもってその通りだと笑ってしまった。 なので彼女はあまり人に予定を合わせたり …

noimage

彼女と時計

彼女の城には時計がない。 もう何年も置かない。 とにかく彼女はあの秒針のカチコチ音が大嫌いだ。 他の空間で寝なければならない時などはどこかに隠してしまうが、 そうできるときとできない時がもちろんある。 …

表面下の世界

2019/01/16

表面下の世界

渇き

2019/01/07

渇き

秋晴れ

2018/11/24

秋晴れ

記事内の彼女の絵や写真。
2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ