彼女の話

彼女とHSSと著作権と僕4

投稿日:

ちなみにアメリカへお伺いをたてていた件だが、
もちろん返事はノーだった。
ドクターアーロンは出版社との契約によって厳しく制限を受けていて
文献からもウェブサイトからも引用は許可できない。
ドクターのアイデアを参考に自分の言葉で伝えてほしい。

リエゾンのおねえさんがくれた返信はとても丁寧なものだった。
分かりきったことを訊いて手を煩わせてしまったが僕は感謝した。



彼女に伝えると少し肩をすくめてみせたが視線を落としただけで何も言わなかった。
自分は言いすぎてしまったとずっと気にしていたからどうリアクションしていいか分からないんだろう。


僕に言いすぎたと気にしているのならその必要はない。
君は何も間違っていないし、僕も嫌な言い方をして悪かったと思っている。

と、言ったとして。
彼女はそれはそれで僕に謝罪をさせてしまったことにおかしな罪悪感を感じてまた気にし始めるに違いない。

それはそうだけど、謝られるとなんで申し訳なくなっちゃうんだろう。
そもそも私謝ってほしかったんだっけ。それが大事なんだったっけ。
いや違うな、ただなんとなく納得できなかっただけなんだ。それを押し付けただけだったんだ。
えーとえーとそれにすごくいやな言い方をしたのはむしろ私のほうだったんだよなぁ・・・

とかね。

だから僕は謝らないよ。
向き合おうとしてくれてありがとう。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

消えた野良犬たち

彼女は『平成狸合戦ぽんぽこ』が大好きで何度も観ている。 ある人と地域猫の話をしている時、彼女はふと そういえば最近野良犬を全く見ない、と気付いた。 地域犬というのは聞きませんね、と言うと その人は『犬 …

noimage

沿線生活

彼女は昔お金がとてもなかったとき、 線路沿いの安いアパートに住んでいた。 すごく安かったけど、すごくうるさかった。 騒音や刺激に打たれ強い人だって線路沿いの部屋は安くても避ける。 だれだって静かな生活 …

彼女の恥

彼女の恥

彼女はどうやら「ものすごく恥ずかしいこと」をしてしまったようだ。 ある人と話しているうちに頭にきて派手に口喧嘩をかましたらしい。 そんなことはなんの恥でもない、生きていればそんな経験の一度や二度はある …

noimage

彼女と陰口

職場というのは時に陰口の宝庫となりうる。 彼女の職場も残念ながら例外ではない。 彼女は陰口というのは色んな人の分かりやすい価値観の集まりであるな、とつくづく思う。 「それは本当におもしろくて、いいかげ …

noimage

彼女と自転車

彼女は車の免許をもっていないので、 必然的に移動は徒歩か電車やバス、そして自転車となる。 中でも自転車は彼女にとってとても愛着のある存在である。 エコで経済的で健康的、そして大体いつどこに行くにも一緒 …

記事内の彼女の絵や写真。
2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ