彼女の話

彼女とHSSと著作権と僕4

投稿日:

ちなみにアメリカへお伺いをたてていた件だが、
もちろん返事はノーだった。
ドクターアーロンは出版社との契約によって厳しく制限を受けていて
文献からもウェブサイトからも引用は許可できない。
ドクターのアイデアを参考に自分の言葉で伝えてほしい。

リエゾンのおねえさんがくれた返信はとても丁寧なものだった。
分かりきったことを訊いて手を煩わせてしまったが僕は感謝した。



彼女に伝えると少し肩をすくめてみせたが視線を落としただけで何も言わなかった。
自分は言いすぎてしまったとずっと気にしていたからどうリアクションしていいか分からないんだろう。


僕に言いすぎたと気にしているのならその必要はない。
君は何も間違っていないし、僕も嫌な言い方をして悪かったと思っている。

と、言ったとして。
彼女はそれはそれで僕に謝罪をさせてしまったことにおかしな罪悪感を感じてまた気にし始めるに違いない。

それはそうだけど、謝られるとなんで申し訳なくなっちゃうんだろう。
そもそも私謝ってほしかったんだっけ。それが大事なんだったっけ。
いや違うな、ただなんとなく納得できなかっただけなんだ。それを押し付けただけだったんだ。
えーとえーとそれにすごくいやな言い方をしたのはむしろ私のほうだったんだよなぁ・・・

とかね。

だから僕は謝らないよ。
向き合おうとしてくれてありがとう。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

抗えないもの

彼女は自分の体の異変を認めざるを得なくなってきた。 頭痛に悩まされているのは以前からだが、それ以上におかしいのだと呟いた。 少し不安気だった。 朝目が覚めたとき、脳がとけてスライムになったようにドロリ …

noimage

夢の話3

彼女はドラえもんやのび太たちが住んでるような 平たい街にすんでいるようだった。 高い建物がなく、一軒家がただ立ち並ぶ住宅街。 あの塀に囲まれた、車一台と人がやっと通れるような 薄いグレイの道を彼女は誰 …

彼女の隣人

彼女の隣人

彼女の城の隣では最近何か変化が起きたようだ。 時々宅配のおにいさんがピンポンを鳴らしたりしていたから 誰か住んでいるのは確かなようだった。 2,3ヶ月前まで隣人はおそらくほとんど帰っていないか、 もし …

アンビバレンス

アンビバレンス

「もういいから!!出てこないで!もう必要ないからもう行って!!!」 朝4時前だった。 彼女はずっと眠れずにいて、数時間眠っていたかと思うとまた目が覚めを繰り返し、 この時は起き上がってベッドに腰かけ文 …

noimage

彼女とtwitter

彼女は僕が作ったこのブログ用のtwitterアカウントで少し向こうの大きな存在に近づいた。 大げさに思うかもしれないが、彼女にとってはあなたが初めて人前で歌うということと同じくらい緊張することなのだ。 …

記事内の彼女の絵や写真。
2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ