彼女の話

エビ反りする彼女

投稿日:

前回に引き続いて、次に訪ねたときは変わらず同じ背格好で彼女は横たわっていた。
もしやあの日僕が去ったあとからずっとそのまま一つの身動きもしなかったのではと
少し背筋が寒くなった。


確かに彼女は静かに横たわっているだけなのだが、
僕はなぜかその姿を眺めて赤ん坊を思い出していた。

彼らは時として自分を守る養育者に対してであっても
文字通り体をエビ反りにして、その全身全霊をかけて大きく拒否をすることがある。
あらんばかりの声と涙を出して、抱える人を拒絶する。

ぺしゃんこに潰れて黙る彼女から
彼女を抱え込む世界へ社会への声なきそして力の限りの忌避の爆風が僕の頬をかすめた気がした。



彼女は仕事を辞めたらしかった。


以前から辞めることになっていて辞めたのか、
突然辞めたのかはわからなかった。
いつ辞めたのかもわからないし、
僕が訪ねるまで彼女は一体どれくらいの間外に出ず、人と言葉をかわしていないのか
何もわからなかった。


最近調子がいいように思っていた。
それだけに今回はその落差が危うい。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

彼女の秘密

彼女はついに絵も描かなくなってしまった。 動悸もするし、ひどく憂鬱そうにしている。 呼吸がしにくいせいで酸素が脳や体内に行きわたっていないのか、 四六時中眠気と闘っている。 だからといって横になっても …

noimage

なぜ口でキスするのか

  どうしてキスは口でするのか。 いつからヒトは唇でキスするようになったのだろうか。   まつ毛とか鼻とかでキスみたいなことをする人たちも世界にはいるが、 彼女は映画なんかで唇でち …

だれかのことを思うとき

だれかのことを思うとき

今朝彼女の家には佐川急便やら郵便やらが入れ替わりたち替わりやってきて 大中小の箱をそれぞれ置いていった。 12月25日の朝、誰かから彼女へのクリスマスプレゼントだ。 彼女はみんなきちんとパーフェクトな …

noimage

紙と食器と重力と

自分は疲れてばかりだな、とある時彼女は思った。 真夜中にふと目を覚ました時、うっすらと瞳を開けてゆらゆらと瞳を浮遊させながら思った。 「やることは山ほどあるのに、ただの一つも済んでいかない」 部屋の中 …

noimage

彼女と自転車

彼女は車の免許をもっていないので、 必然的に移動は徒歩か電車やバス、そして自転車となる。 中でも自転車は彼女にとってとても愛着のある存在である。 エコで経済的で健康的、そして大体いつどこに行くにも一緒 …

表面下の世界

2019/01/16

表面下の世界

渇き

2019/01/07

渇き

秋晴れ

2018/11/24

秋晴れ

記事内の彼女の絵や写真。
2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ