彼女の話

エビ反りする彼女

投稿日:

前回に引き続いて、次に訪ねたときは変わらず同じ背格好で彼女は横たわっていた。
もしやあの日僕が去ったあとからずっとそのまま一つの身動きもしなかったのではと
少し背筋が寒くなった。


確かに彼女は静かに横たわっているだけなのだが、
僕はなぜかその姿を眺めて赤ん坊を思い出していた。

彼らは時として自分を守る養育者に対してであっても
文字通り体をエビ反りにして、その全身全霊をかけて大きく拒否をすることがある。
あらんばかりの声と涙を出して、抱える人を拒絶する。

ぺしゃんこに潰れて黙る彼女から
彼女を抱え込む世界へ社会への声なきそして力の限りの忌避の爆風が僕の頬をかすめた気がした。



彼女は仕事を辞めたらしかった。


以前から辞めることになっていて辞めたのか、
突然辞めたのかはわからなかった。
いつ辞めたのかもわからないし、
僕が訪ねるまで彼女は一体どれくらいの間外に出ず、人と言葉をかわしていないのか
何もわからなかった。


最近調子がいいように思っていた。
それだけに今回はその落差が危うい。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

モフモフ

彼女は「モフモフ」したものが好きだ。 夜はモフモフしたムーミンの抱き枕を抱いて寝る。 他にもゾウとかカバとかブタとかの「プクプク」したものも好きだ。 スヌーピーなど白いものは尚いい。 女性でも男性でも …

彼女が失うもの

彼女が失うもの

彼女は、こういう自分が失うものは何だろうと考える。 人と距離をあけすぎる自分。みんなができることができない自分。嫌なことにはどうしても我慢ができない自分。そしてそれらすべての自分から逃げている自分。 …

良き不幸

良き不幸

彼女のダウンタイムは今日で終わるらしい。 彼女もまた本格的に復帰し、朝から晩まで箱の中、 様々な人たちに囲まれて仕事をすることになる。 この約2ヶ月のダウンタイム中、彼女は比較的穏やかだった。 彼女を …

noimage

彼女と夏

夏は子供のころから彼女に懐かしい何かを感じさせる。 自分に何か大きな転機が訪れるとするなら 冬でも春でもなくそれは夏だろうと今でもなぜか確信している。 このまとわりつくような暑さと、生の匂いのような緑 …

noimage

女の価値観

彼女はいわゆるなんでも一人で自分でやってしまう人で、 いわゆる男性が守ってやりたくなるような「か弱い」女性ではない。 それどころかそういう「女」を嫌っている。 たとえば届かないところにあるものを、取っ …

noimage

2019/06/23

6月

noimage

2019/05/18

3月11日-ある春の日

表面下の世界

2019/01/16

表面下の世界

記事内の彼女の絵や写真。
2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ