彼女の話

退行する彼女

投稿日:

彼女は自分は成長どころか退行していると感じている。



彼女はNと相変わらず連絡をとっていない。
Nからは、週末を使った小旅行に行かないかと誘いがあったのだが答えていない。
読んだときは何も思わなかった。
嬉しくもなかったし、不機嫌になったわけでもない、文字通り何も感じなかった。

彼女は最近どうも自分は怒っているのではないかと気付いた。
週末休みじゃないし、お金ないし、行けないの分かり切ってることをなんで訊いてくるわけ?


それからNのことを考え出すと、
今までNがいなければ生きづらかったから感じないようにしていただけで、
本当はNに対して我慢していたことがあったんじゃないか、という気がしてきた。

今までのことを回想しながら彼女はNへの嫌悪感を自覚せざるを得なくなってきた。
それがNが努力した結果であろうとなかろうと
頼れる家族も、恵まれた容姿も、確固たる自信も、素直で正直な心も、
社会的地位の高い仕事も、理想通りの婚約者も、ほかに友人もたくさんいる。
でも何でも話せるあなたという友達も大事なの、とNは思っているだろう。

彼女はそんなのおかしいと思った。
自分はそのひとつも持っていないのに、
それらすべてを持っていながらそれでも自分とも繋がっていたいなんて贅沢だと思った。
Nは自分という親しい旧友の一人くらい失うべきだ、と思った。
そうでなければおかしいじゃないか、と。


彼女はNともう連絡をとらないつもりでいる。

彼女も分かっている。これは明らかに彼女の勝手だ。
Nからしたら20年以上付き合ってきた一番古い友人が
何だか具合も悪そうなまま音信不通になるのである。
訳が分からない。

以前にも書いたようにハッキリ言って彼女は社会的にも精神的にも
これまでNの助けなしには生きてこれなかっただろう。
でも彼女はここでもうそれも終わりにしたいのだ。

Nが保証人をしてくれている今の城から引っ越して
次は保証人不要で契約できるところを探そうとも思っている。
その時にこれまでのお礼と引っ越しの連絡をしたらもうそれで終わりにしたい。
それまでもそれからも話したくない。
もう頼りたくない、関わりたくないのだ。

近い将来Nが結婚して子供が生まれ、Nの念願の一軒家が建とうとも
彼女はちっとも嬉しくない。
何も祝える気がしない。
きっと本当は今までだってずっと妬んでいたのだ。
Nが自慢する物事やNから与えられたものへの称賛もただ愛想よくしていただけだ。
本当は全部面倒くさかったのだ。


彼女はざまあみろと思った。
「あなたが私を思っているほど、私はあなたのことを思ってなんかいない。
でも大丈夫、あなたは私がいなくても今この瞬間も笑えてるでしょ」



果たしてどうだろう?
彼女は「退行」しているのだろうか?

-彼女の話

執筆者:

関連記事

恣意的彼女

恣意的彼女

あなたは誰かのことをとても知りたい、と思ったことはあるだろうか。 彼女はあまり自分のことを話さない。 話すが好きじゃないのだ。 でも話さないからこそ余計に人は彼女に関心をもってどんな人なのか知ろうとし …

noimage

彼女と時計

彼女の城には時計がない。 もう何年も置かない。 とにかく彼女はあの秒針のカチコチ音が大嫌いだ。 他の空間で寝なければならない時などはどこかに隠してしまうが、 そうできるときとできない時がもちろんある。 …

恋判定

判定

その人について考えが止まらない間、他のことが完全に飛んでしまう。 そしてそれは彼女が彼女であるという自信を喪失させ、 自分が自分ではなく、誰かに乗っ取られてしまったかのような不安が押し寄せてくる。 そ …

noimage

彼女の頭の中のいちばん外側

彼女はいつも自分は結局一体なんなのだろう、と考える。 自分の行動を振り返る。 その時にそれは一般的な行動であったのか、 それとも自分の本来の性格によるものだったのか、 そして、それとも自分のその気質の …

noimage

忘れていく彼女 -感情

前回と前々回のつづき 彼女にはときどき顔を合わせるおばあさんがいる。 顔を合わせても話すときもあるし、話さないときもある、 それくらいほんの少しの時間一緒にいるおばあさんだ。 そんなおばあさんが小学生 …

怒りと光り

2019/07/07

怒りと光り

noimage

2019/06/26

吐き出される夢

noimage

2019/06/23

6月

記事内の彼女の絵や写真。
2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ