HSPとその他の話 彼女の話

彼の生まれてきた意味

投稿日:2017年6月4日 更新日:

彼の話には続きがある。
いや、続きというよりもプロローグというべきか。


別にHSPじゃなくたって、
僕らもふと「一体自分は何のために生まれてきたのか」と漠然と思う時はある。
ぜんそくで死んだ彼は生きている間、どんなことを考えていたのだろうか。


彼は5人兄弟の次男坊だった。
兄弟はそれぞれがかなり不仲だったというが、
彼がまともに生活し始めてしばらくした頃、
5人兄弟が約20年ぶりに一堂に会する機会があった。
そしてその時彼らは驚くほどに仲良く会話や酒を交わしたそうだ。

彼が亡くなったのはその少し後だった。
残された兄弟たちは、根拠はないが5人を仲良く再会させてくれたのは
この次男坊の彼だったのではないかと感じたという。


これは彼女の勝手な想像だが
(こんなことを言ったら亡くなった人にすごく失礼かもしれないけれど)
生きていた頃、ハチャメチャやっていた彼は
『一体俺は何をやってんだろうな』とか
『なんで生きてんだろうな』とか思ったことがあったんじゃないか。
彼じゃなくたって誰にだってあるんだから。


HSPはよく答えの出ないことを考えて続けている。
人とは、とか
社会とは、とか
生きる意味、とか
存在意義、とか
感情レギュレーターについて、とか。

それから自分が生まれた理由、とか、


彼女は今回の話を聞いて、生まれる理由ってあるのかもしれないな、と思った。
使命とまで言わずとも、少なくとも全く何の意味もございません、
というわけでもなさそうだ、と思った。


彼女は、亡くなった瞬間彼はそのことを知ることができただろうか、と考えている。
そうだったらいいなと願っている。
どうしようもないことも全てが空しくなった時があったかもしれなくても
それがどこかにかつながっているかもしれないことを、彼が思ったならいい。
そしてその残り火がまったく見ず知らずの彼女に希望を与えたということも。



彼の生まれた意味

-HSPとその他の話, 彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

くろくなる光

「白いキャンパスに光を描こうとするとくろくなる」 彼女は自分が塗り上げたその黒さに絶望する。 久しぶりに会った彼女はひどく痩せていた。 まるで地球上の重力すべて集めましたといった重さの鉄板によって き …

noimage

彼女の右後ろと左斜め前

彼女はいつの頃からか死をごく親しみのある近しい存在に感じるようになっている。 いつ、どうしてそうなったのかは分からないが、 彼女は”それ”が”そこ”にある、ということを感じるのだ。 ちなみに”そこ”と …

noimage

彼女とHSSと著作権と僕4

ちなみにアメリカへお伺いをたてていた件だが、 もちろん返事はノーだった。 ドクターアーロンは出版社との契約によって厳しく制限を受けていて 文献からもウェブサイトからも引用は許可できない。 ドクターのア …

noimage

彼女と時計

彼女の城には時計がない。 もう何年も置かない。 とにかく彼女はあの秒針のカチコチ音が大嫌いだ。 他の空間で寝なければならない時などはどこかに隠してしまうが、 そうできるときとできない時がもちろんある。 …

noimage

彼女と箱の世界のフラクタル

彼女がはじめて自分の気質について知ったとき、 結果的にそうか、そういうところに入るんですね、ということで落ち着いた。 人は誰でも何かしら生きづらくなる何かをもっている。 それは自分の変えようのない体に …

優しい時間

2018/10/19

優しい時間

noimage

2018/09/18

アンビバレンス3

棚

2018/08/29

記事内の彼女の絵や写真。
2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ