彼女の話

沿線生活

投稿日:

彼女は昔お金がとてもなかったとき、
線路沿いの安いアパートに住んでいた。
すごく安かったけど、すごくうるさかった。


騒音や刺激に打たれ強い人だって線路沿いの部屋は安くても避ける。
だれだって静かな生活を望むものだ。
当時の彼女は自分のことをまだよく知らなかったので、
安くてきれいだということでとりあえず入居した。
担当した不動産屋の男は電車の騒音は誰でも2,3ヶ月で慣れるようだと話した。
なので彼女もそうかそうか、そんなものかぐらいにしか考えていなかったのである。


実際は何か月経っても慣れなかった。
騒音はもとより、電車が通る度に地鳴りのように響く振動にいちいちビクついていた。
急行が走ると音も振動もさらにひどかった。
おまけに近くに踏み切りまでついてくるというパーフェクトな物件で、
あの警告音が毎回彼女の体を緊張させた。


幸い貨物列車が通る沿線ではなかったので、夜眠る時間には静かだった。
ただし、鉄道会社は時たま夜中に点検作業をするのだ。
それは線路のチェックだったり、騒音を軽減させるための調整だったりした。

初めてその夜に出くわしたとき、彼女は戦争だ!と飛び起きた。
その前に鉄道会社からお知らせはきていたものの、すっかり忘れていたのだ。
とにかくすごいライトをまとった戦車みたいな機械が
真夜中に異常なほどの奇怪な大音量をあげながら線路の上をのろのろ進むのである。
一体何が起こったのか、何の事件なのか?!と彼女はカーテンの隙間から
様子を覗き見ていた。

しばらくして戦車は彼女のアパートの前を轟音と共に去っていった。
イカ釣り漁船並みに周りを煌々と照らしていた戦車がいなくなり、
暗闇の中で彼女は茫然と突っ立っていた。
一体なんだったんだ、今のは、とバクバクする心臓でしばらく寝付けなかった。


次の朝、夢だったのではないか、などと思っていたが、
ふとあのお知らせを思い出して引っ張り出した。
こ、これだったのか、と目を丸くした。
一枚の紙切れ告知で済むような騒動ではなかったのではないかと当時は思った。
あんな大ごとならばもっと大げさに教えておいてほしいと少し腹さえ立てた。


しかし後にはお知らせにしっかり目を通して手帳に書き、
その夜眠る前に今夜はアレが来るのだ、ときちんと意識して眠ることで
以前のようにあの素っ頓狂な音に飛び起きることもなくなった。
いつも目は覚めるので、時々しか見られないそれをこっそり覗きみる余裕もできた。
今では誰にでも見られるものではなかったのだなとさえ思っている。


-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

結婚

彼女は結婚していない。 する予定もないし、する相手もいないし、するつもりもない。 結婚とは不思議なものだよなぁと彼女は思う。 たった一枚の紙切れに辿り着くまでに、 喜怒哀楽どころか希望とか目標とか不安 …

noimage

彼女のじんましん

ある夜、彼女は食事を作っていた。 冬の間は土鍋を好んで使う。 土鍋で作って食したものはどれも心身を熱くする。 土鍋の中に水を入れ、昆布を入れ、水でそそいだ茹でうどんを入れ、 卵を落として蓋をしたところ …

noimage

抑圧と創造

彼女にはしばらく絵を描かない時期があった。 描けなかったのか、描こうとしなかったのか、なんとなく理由をつけて描かなかったのか、わからない。 また描き始めたとき、 彼女は以前ももしかしたら描いているよう …

noimage

サンタマリア号

(※映画『トゥルーマンショー(The Truman Show/1998)』よりネタバレ注意) 自分が一体どこから来て、何者になっていき、どこへ行くのか。 到底答えが出そうもないこのテーマについていつの …

noimage

青りんごの彼女

彼女は自分のことを話すのがあまり得意ではない。 そのせいで言葉足らずになって誤解を受けることも多い。 彼女はそれをものすごく気にする。 人は自分のイメージで話をすることが多い。 自分が青リンゴとして話 …

表面下の世界

2019/01/16

表面下の世界

渇き

2019/01/07

渇き

秋晴れ

2018/11/24

秋晴れ

記事内の彼女の絵や写真。
2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ