彼女の話

純音の朝

投稿日:

いつまでこんな夜を
いつまでこんな朝を
一体いつまで、続けるのだろう。


どうしてこうなってしまったんだろう。
どうしてこんなにもひとりになってしまったんだろう。


毎朝聴くあの無機質な音。
彼女自身が作り出した彼女にしか聴こえない一定音。


何の本で読んだかもう憶えていない。


100年のさみしさ


言葉を読み終える前に、目にしただけで涙した。
「100年つづくさみしさ」
「なんという途方のない感情だろう」



この季節彼女は毎朝思い出す。
あの言葉で声を出して泣いたこと。
あれからあの音が彼女にまとわりついて離れない。



純音の朝

注意
純音は不快に感じる人もいます。
興味をもったらHSPは最初は小さな音で聴くことをおすすめします。
びっくりするかもしれないから。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

雪の夜

雪の夜

夜道を歩く彼女の前にひとつの雪の塊りが降りてきた。 降ってきたのはたったひとつで、見上げてもそれに続くものはないかに見えた。 たったひとつで降りてきて、寂しかったろうなと思ったものの 宙を舞う小さなゴ …

noimage

彼女と誰か

彼女は唐突に気づいてぎょっとした。 ちょっと待て。 だれかいる。 一体自分は誰なのか、どれが自分なのか、という問いに彼女ははからずもがんじがらめになっている。 ただ、少なくともその”自分”たちをある程 …

noimage

スパティフィラムの幸せ自慢

夜中彼女はふと目を醒ましてそばの明かりをつけた。 スパティフィラムが葉先に露を溜めていた。 スパティフィラムは水をたっぷり与えられると根で吸収したのち、 水分コントロールのために余分な水分をそうやって …

noimage

(確固)

彼女は自分がどうしてこんなにもゆらゆらしているのかずっと気になっていた。 最近『民衆の敵』というドラマをみてそれがなんなのか少し分かった気がした。 彼女には確固がないのである。 『民衆の敵』には様々な …

noimage

ある朝

彼女はもう何年も飲まない日の方が少ない毎日だった。 飲みすぎることも時にはあったが、ほとんどは彼女の日々のささやかな楽しみであった。 ある朝彼女はいつものように目を醒まし、 いつものように布団から抜け …

優しい時間

2018/10/19

優しい時間

noimage

2018/09/18

アンビバレンス3

棚

2018/08/29

記事内の彼女の絵や写真。
2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ