彼女の話

偏愛

投稿日:

彼女は好き嫌いが激しい。
嫌いなものは我慢ができないくらい嫌いだし、
好きなものはなんだかもうどうしようもないくらいに好きになってしまう。

とてもいい音楽を見つけてしまったときはそれから数か月は同じアーティストの曲ばかり
家でも外でも延々聴いてしまうし、
例の腕時計のように気に入ったものはいつでも自分のそばにおいて何年も何年も使い続けたりする。
気に入っている映画やドラマも繰り返し繰り返し観てしまい、
もし彼女と一緒に生活するようなことがあったら同じシーンのリフレインにきっと辟易するに違いない。

彼女も自分のこの偏愛傾向が不思議で、もっと他にも好きになれるものはあるに決まっているのだから
もっと色々観たりきいたりするようにはしているのだが、
ふっと手をとってしまうのはいつものものだったりするのだ。


そして気づいたのだが、もしかしたらこの偏愛が”誰か”に向くときが
みんなの言う恋だったり愛だったりするのだろうかとはっとした。

今までその感覚は想像の域を越えなかったが、
もしそういうことならばその関係は少し理解できるかもしれないな。
でもどんなに大事に大事にしていても壊れるし、稀に飽きたりすることもあるんだよな、
それが感情をもつ存在になると、やっぱり考えるだけで疲れてしまうなと
また空しいところへ辿り着いてしまった自分の思考と感情を彼女はとても残念に思った。



Predilection

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

彼女のバイブル

彼女はすごくよく笑う人である。 微笑むとかではなく、声を上げてよく笑う。 とにかく何を言ってもよく笑うので、 人からお笑い偏差値が低すぎると言われたこともある。 これは彼女があまりテレビを観ないことに …

noimage

彼女のじんましん

ある夜、彼女は食事を作っていた。 冬の間は土鍋を好んで使う。 土鍋で作って食したものはどれも心身を熱くする。 土鍋の中に水を入れ、昆布を入れ、水でそそいだ茹でうどんを入れ、 卵を落として蓋をしたところ …

3月10日

3月10日

3月9日と3月11日に挟まれた3月10日。 3月9日と3月11日には毎年思うことがあるけれど、3月10日にはない。 彼女はそれを少し不思議に思っている。 これまでも忘れているだけで3月10日にも何かあ …

noimage

彼女の最大の矛盾1

彼女は、たとえば誰かがしあわせになれることで、 それと引き換えに自分が生まれて来ないことになったとしてもそれでよかったのに、と思っている。 彼女は、どんなに悪いことが起こったとしても最後は必ず良いほう …

なんという赤!

なんという赤!

無理して笑ってるでしょ 男は目の前にいたのだが、彼女は こいつ後ろから私を見ている、と悟った。 私のななめ後ろにいて、仮面と顔の境目にできた影を見てる、と思った。 はっと気づいた時、男はさらに畳みかけ …

記事内の彼女の絵や写真。
2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ