彼女の話

偏愛

投稿日:

彼女は好き嫌いが激しい。
嫌いなものは我慢ができないくらい嫌いだし、
好きなものはなんだかもうどうしようもないくらいに好きになってしまう。

とてもいい音楽を見つけてしまったときはそれから数か月は同じアーティストの曲ばかり
家でも外でも延々聴いてしまうし、
例の腕時計のように気に入ったものはいつでも自分のそばにおいて何年も何年も使い続けたりする。
気に入っている映画やドラマも繰り返し繰り返し観てしまい、
もし彼女と一緒に生活するようなことがあったら同じシーンのリフレインにきっと辟易するに違いない。

彼女も自分のこの偏愛傾向が不思議で、もっと他にも好きになれるものはあるに決まっているのだから
もっと色々観たりきいたりするようにはしているのだが、
ふっと手をとってしまうのはいつものものだったりするのだ。


そして気づいたのだが、もしかしたらこの偏愛が”誰か”に向くときが
みんなの言う恋だったり愛だったりするのだろうかとはっとした。

今までその感覚は想像の域を越えなかったが、
もしそういうことならばその関係は少し理解できるかもしれないな。
でもどんなに大事に大事にしていても壊れるし、稀に飽きたりすることもあるんだよな、
それが感情をもつ存在になると、やっぱり考えるだけで疲れてしまうなと
また空しいところへ辿り着いてしまった自分の思考と感情を彼女はとても残念に思った。



Predilection

-彼女の話

執筆者:

関連記事

スキン・ピッキング/Living

スキン・ピッキング/Living

彼女のスキン・ピッキングが始まったのは幼少期である。 彼女は保育園のお昼寝で使う布団の端から端まで血のドットを並べた。 血は皮をむしった彼女の唇からあふれ出たものだった。 こんなことをしたらおかしく思 …

noimage

随時更新予定

欲求 回避依存 快晴 不信 恋 強くない体 良心 人 HSP 感情 ペルソナ LINE 信頼 疑問 頭痛 彼女を孤独にさせるもの。 彼女を彼女たらしめているもの。 随時更新予定。 関連

noimage

夢の話3

彼女はドラえもんやのび太たちが住んでるような 平たい街にすんでいるようだった。 高い建物がなく、一軒家がただ立ち並ぶ住宅街。 あの塀に囲まれた、車一台と人がやっと通れるような 薄いグレイの道を彼女は誰 …

noimage

沿線生活

彼女は昔お金がとてもなかったとき、 線路沿いの安いアパートに住んでいた。 すごく安かったけど、すごくうるさかった。 騒音や刺激に打たれ強い人だって線路沿いの部屋は安くても避ける。 だれだって静かな生活 …

noimage

彼女の頭の中のいちばん外側

彼女はいつも自分は結局一体なんなのだろう、と考える。 自分の行動を振り返る。 その時にそれは一般的な行動であったのか、 それとも自分の本来の性格によるものだったのか、 そして、それとも自分のその気質の …

記事内の彼女の絵や写真。
2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ