彼女の話

偏愛

投稿日:

彼女は好き嫌いが激しい。
嫌いなものは我慢ができないくらい嫌いだし、
好きなものはなんだかもうどうしようもないくらいに好きになってしまう。

とてもいい音楽を見つけてしまったときはそれから数か月は同じアーティストの曲ばかり
家でも外でも延々聴いてしまうし、
例の腕時計のように気に入ったものはいつでも自分のそばにおいて何年も何年も使い続けたりする。
気に入っている映画やドラマも繰り返し繰り返し観てしまい、
もし彼女と一緒に生活するようなことがあったら同じシーンのリフレインにきっと辟易するに違いない。

彼女も自分のこの偏愛傾向が不思議で、もっと他にも好きになれるものはあるに決まっているのだから
もっと色々観たりきいたりするようにはしているのだが、
ふっと手をとってしまうのはいつものものだったりするのだ。


そして気づいたのだが、もしかしたらこの偏愛が”誰か”に向くときが
みんなの言う恋だったり愛だったりするのだろうかとはっとした。

今までその感覚は想像の域を越えなかったが、
もしそういうことならばその関係は少し理解できるかもしれないな。
でもどんなに大事に大事にしていても壊れるし、稀に飽きたりすることもあるんだよな、
それが感情をもつ存在になると、やっぱり考えるだけで疲れてしまうなと
また空しいところへ辿り着いてしまった自分の思考と感情を彼女はとても残念に思った。



Predilection

-彼女の話

執筆者:

関連記事

3月10日

3月10日

3月9日と3月11日に挟まれた3月10日。 3月9日と3月11日には毎年思うことがあるけれど、3月10日にはない。 彼女はそれを少し不思議に思っている。 これまでも忘れているだけで3月10日にも何かあ …

彼女の洞窟リテラシー

彼女の洞窟リテラシー

彼女は本当はずっと小さな頃からずっとずっと感じていたのだ。 自分は何か違うということを。 どんなに自己主張が強くてもちっとも伝わらないことはどこかで分かっていた。 むしろあの頃の方が自分の中の宇宙に気 …

数字と中学生と彼女

数字と中学生と彼女

彼女は数字が大嫌いだ。 彼女は最近期末テストを間近に控えた中学生と話すことがあった。 この中学生の直近の問題は試験初日の数学だそうで彼女は気の毒で仕方がなかった。 聞けばこの子はもう数学教師がもはや日 …

noimage

くろくなる光

「白いキャンパスに光を描こうとするとくろくなる」 彼女は自分が塗り上げたその黒さに絶望する。 久しぶりに会った彼女はひどく痩せていた。 まるで地球上の重力すべて集めましたといった重さの鉄板によって き …

noimage

におい

彼女の鼻は大抵詰まっている。 なので匂いにはそんなに敏感ではないはずなのだが、 そんな時でもやたらと気になる匂いというのがいくつかある。 まず決して受けつけないのはタバコの臭いだ。 これはいついかなる …

記事内の彼女の絵や写真。
2019年5月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ