彼女の話

哲学の現代的意味

投稿日:

彼女は久しぶりに『ソフィーの世界』を開いていた。
読むでもなく、読まないでもなく、ページをパラパラめくっていた。
忘れかけていた疑問がいくつも蘇る。
そして思う。


「だれかわたしをわたしだと認めてはくれないだろうか。

憎みたかったわけでも憎もうとしたわけでもない。
わたしはただ、そこに居ただけだ」


彼女は今この瞬間のために現代も哲学は意味存在していると考えた。
科学がそこかしこで湧出した現代で哲学は今このために生きながらえている。
自分のような”だれか”の全存在を傍証するために。



哲学の現代的意味

-彼女の話

執筆者:

関連記事

スペクトルの中の零れる虚しさ

スペクトルの中に零れる虚しさ

どうしてこうなってしまったんだろう。 彼女は後ろを振り返ると、 嬉しかったことや楽しかったことをよく思い出す。 それなのになぜだか彼女は生まれて来なくてもよかった、と思っているのだ。 正確には彼女がハ …

noimage

落ち着かない人生

彼女は昔からどうも落ち着かない人生を送っているようだ。 ”波乱万丈だね”と言われることの多い生活なのである。 そして人によっては、彼女自身がそうしている、そういう選択をしているところがある、と言うので …

noimage

腱鞘炎

彼女は最近線を描く。 あまりたくさんの点がかけなくなってしまったからだ。 会う医者や治療者によって腱鞘炎だと言われたり手根症候群だと言われたり色々だが、 とにかく昔から彼女は手をよくやられる。 腱鞘炎 …

noimage

(確固)

彼女は自分がどうしてこんなにもゆらゆらしているのかずっと気になっていた。 最近『民衆の敵』というドラマをみてそれがなんなのか少し分かった気がした。 彼女には確固がないのである。 『民衆の敵』には様々な …

noimage

彼女はまだ

彼女はまだ自分の気質についてよく知らない。 彼女はまだ自分の気質についてはじめて書かれた本を一度も読み終えていない。   これまでに3回読もうとしたが、果たさなかった。   1回目 …

表面下の世界

2019/01/16

表面下の世界

渇き

2019/01/07

渇き

秋晴れ

2018/11/24

秋晴れ

記事内の彼女の絵や写真。
2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ