彼女の話

哲学の現代的意味

投稿日:

彼女は久しぶりに『ソフィーの世界』を開いていた。
読むでもなく、読まないでもなく、ページをパラパラめくっていた。
忘れかけていた疑問がいくつも蘇る。
そして思う。


「だれかわたしをわたしだと認めてはくれないだろうか。

憎みたかったわけでも憎もうとしたわけでもない。
わたしはただ、そこに居ただけだ」


彼女は今この瞬間のために現代も哲学は意味存在していると考えた。
科学がそこかしこで湧出した現代で哲学は今このために生きながらえている。
自分のような”だれか”の全存在を傍証するために。



哲学の現代的意味

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

彼女の秘密

彼女はついに絵も描かなくなってしまった。 動悸もするし、ひどく憂鬱そうにしている。 呼吸がしにくいせいで酸素が脳や体内に行きわたっていないのか、 四六時中眠気と闘っている。 だからといって横になっても …

noimage

たくさんの話から

彼女の上司は大変いい人である。 色んな事を知っていて好奇心旺盛な人であり、腰が低く人脈が広い。 感性も鋭くよく気が利き、ユーモアに富み周りへの気遣いや配慮に溢れた人だ。 彼はおそらくHSPであるようで …

ことばのパラレルワールドをいきる2

ことばのパラレルワールドをいきる

「あたまの中で考えているときには言葉を使っていなくてもある程度の、 ”何について、どう思って、だから結論が出ないんだ”、みたいな形があるのに 口で表現してみたとたんまったく別の話みたいになる」 「あれ …

noimage

彼女とHSSと著作権と僕3

こういう時僕はすごく思う。 少し知識のある人がこれまでの彼女の話を読んだならおそらく見当がついているだろう。 そう、おそらく彼女はHSSだ。 海外でフラフラ数年暮らし、 7、8時間のトレッキングもひと …

noimage

何もない日

朝早く起きられたということ。 シンとした空気に触れられたこと。 本を読めたこと。 朝食をいつもより多く食べられたこと。 日焼け止めをきちんと塗って外出したこと。 通勤ラッシュの中知らない誰かが車を止め …

記事内の彼女の絵や写真。
2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ