彼女の話

哲学の現代的意味

投稿日:

彼女は久しぶりに『ソフィーの世界』を開いていた。
読むでもなく、読まないでもなく、ページをパラパラめくっていた。
忘れかけていた疑問がいくつも蘇る。
そして思う。


「だれかわたしをわたしだと認めてはくれないだろうか。

憎みたかったわけでも憎もうとしたわけでもない。
わたしはただ、そこに居ただけだ」


彼女は今この瞬間のために現代も哲学は意味存在していると考えた。
科学がそこかしこで湧出した現代で哲学は今このために生きながらえている。
自分のような”だれか”の全存在を傍証するために。



哲学の現代的意味

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

朝目覚めたときの彼女

彼女の状態は朝目が覚めたときに分かる。 意識が覚醒した時、最初に感じたのが今現在の彼女の健康状態に一番近い。 最近の彼女のスケジュールは毎日毎時間ギチギチに詰まっている。 今何事かを成しながら常に数時 …

noimage

ベストアルバム for her

「ベタか笑」 Ben Folds Rockin’ the suburbs 関連

noimage

飲み込んだ空気の行きついた先は

その先は呑気症だった。 最近急に涼しくなって人々が生き生きしている。 ある朝彼女は目を覚まし起き上がってテラスのドアを開けた。 瞬間ぶわぁっとあの懐かしいひんやりと乾いた空気が彼女を一気に包み込んだ。 …

noimage

彼女の中から消されるということ

彼女はあの日以来未だに少しふさぎ込んでいるのだが、 今日はだいぶ浮上してきたようだ。 というのも朝からある知り合いとずっとオンライン上で話をしていたようで それで気が紛れてきたようだ。 相手が慎重で明 …

noimage

(確固)

彼女は自分がどうしてこんなにもゆらゆらしているのかずっと気になっていた。 最近『民衆の敵』というドラマをみてそれがなんなのか少し分かった気がした。 彼女には確固がないのである。 『民衆の敵』には様々な …

記事内の彼女の絵や写真。
2019年5月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ