彼女の話

スパティフィラムの幸せ自慢

投稿日:

夜中彼女はふと目を醒ましてそばの明かりをつけた。
スパティフィラムが葉先に露を溜めていた。

スパティフィラムは水をたっぷり与えられると根で吸収したのち、
水分コントロールのために余分な水分をそうやって葉先に露として放出しようとする。
これは温度や湿度が整った条件でないと見られない。

彼女はそんなことを思い出しながらぼんやりと膨らんだ滴を眺めていた。
無色透明だけれど、何かを映し出せるほど大きくもない。

つい先ほど自分が明かりをつけるまで
暗闇の中でこの一滴をヨイサヨイサとこしらえていたスパティフィラムを想像した。


十分な水と適温と心地の良い湿度。

満たされている。


彼女は「ああ!」と言ってひらめいた。
「幸せ自慢ね」。


白熱灯の角度を変えると滴は明かりを反射して薄い橙色に染まった。
「まあまあ、そんなに照れないで」


目を細めた彼女は瞼の重さを思い出すとそのまま眠りにおちてしまった。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

どうしようもないこと

昨夜から彼女は貝になってしまった。 何も話さず、ただ海に中にいるみたいに顔がびしゃびしゃになっていた。 酸素を取り入れようとするけどうまくかない、といったように ときどきゲホゲホと咳き込んだ。 すごく …

彼女の時計

彼女の時計

残念ながら先日電池を交換した彼女の腕時計の針は 再び散漫な仕事を繰り返すようになってしまった。 修理査定に出そうと考えた彼女はまず時計屋の少なさに驚いた。 文明の利器スマホを頼っても彼女の住む周辺には …

恣意的彼女

恣意的彼女

あなたは誰かのことをとても知りたい、と思ったことはあるだろうか。 彼女はあまり自分のことを話さない。 話すが好きじゃないのだ。 でも話さないからこそ余計に人は彼女に関心をもってどんな人なのか知ろうとし …

noimage

歯っ欠けの彼女

彼女の歯が砕けて欠けたらしい。 笑ってしまった。 幸い欠けた歯は前歯ではなく、それももともとしてあった詰め物が欠けたらしかった。 だから本物の歯が欠けたわけではないのだが、 彼女はついに恐れていたこと …

noimage

おばあちゃんズ

彼女は人の話を聞くのが好きだ。 それも自分と全く関係のない人たちの話を聞くのがいい。 彼女がバス停へ向かうとおばあちゃんAが座ってバスを待っていた。 少し離れたところに彼女も腰を下ろした。 その後もう …

表面下の世界

2019/01/16

表面下の世界

渇き

2019/01/07

渇き

秋晴れ

2018/11/24

秋晴れ

記事内の彼女の絵や写真。
2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ