彼女の話

スパティフィラムの幸せ自慢

投稿日:

夜中彼女はふと目を醒ましてそばの明かりをつけた。
スパティフィラムが葉先に露を溜めていた。

スパティフィラムは水をたっぷり与えられると根で吸収したのち、
水分コントロールのために余分な水分をそうやって葉先に露として放出しようとする。
これは温度や湿度が整った条件でないと見られない。

彼女はそんなことを思い出しながらぼんやりと膨らんだ滴を眺めていた。
無色透明だけれど、何かを映し出せるほど大きくもない。

つい先ほど自分が明かりをつけるまで
暗闇の中でこの一滴をヨイサヨイサとこしらえていたスパティフィラムを想像した。


十分な水と適温と心地の良い湿度。

満たされている。


彼女は「ああ!」と言ってひらめいた。
「幸せ自慢ね」。


白熱灯の角度を変えると滴は明かりを反射して薄い橙色に染まった。
「まあまあ、そんなに照れないで」


目を細めた彼女は瞼の重さを思い出すとそのまま眠りにおちてしまった。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

彼女と鉛筆

彼女は鉛筆がめちゃくちゃ好きだ。 それから鉛筆をカッターで削るのが更に好きだ。 彼女は鉛筆のあの柔らかさが好きだ。 いわゆるシャーペンは紙を傷つけながらかいている感があるのだという。 かいたあとに紙を …

noimage

1000の中の彼女

彼女は最近大変忙しい女性と会う機会があった。 この女性は母であり妻でありPTA役員であり地域の行事係でもあるような とてもとても忙しい人なのである。 彼女はこの人に決して複雑とは言えない かなり明快な …

ヘドロの中で

ヘドロの中で

「ヘドロの中で生殺しにされている気分だ」 僕はこの日、点滴にするか牛乳プリンにするかで悩んでいた。 点滴は今の彼女を直接的に物理的に助けることを明らかだった。 ただし僕の記憶では彼女は牛乳プリンが実は …

noimage

青りんごの彼女

彼女は自分のことを話すのがあまり得意ではない。 そのせいで言葉足らずになって誤解を受けることも多い。 彼女はそれをものすごく気にする。 人は自分のイメージで話をすることが多い。 自分が青リンゴとして話 …

noimage

彼女は何の音もない世界にいるのが好きだ。 城の中は空気も動かないような静けさが横たわっている。 そんな時彼女は「ああ、なんて静かなんだろう」とその静謐に耳を傾ける。 嫌いな音が多い。 改造車やバイクの …

優しい時間

2018/10/19

優しい時間

noimage

2018/09/18

アンビバレンス3

棚

2018/08/29

記事内の彼女の絵や写真。
2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ