彼女の話

スパティフィラムの幸せ自慢

投稿日:

夜中彼女はふと目を醒ましてそばの明かりをつけた。
スパティフィラムが葉先に露を溜めていた。

スパティフィラムは水をたっぷり与えられると根で吸収したのち、
水分コントロールのために余分な水分をそうやって葉先に露として放出しようとする。
これは温度や湿度が整った条件でないと見られない。

彼女はそんなことを思い出しながらぼんやりと膨らんだ滴を眺めていた。
無色透明だけれど、何かを映し出せるほど大きくもない。

つい先ほど自分が明かりをつけるまで
暗闇の中でこの一滴をヨイサヨイサとこしらえていたスパティフィラムを想像した。


十分な水と適温と心地の良い湿度。

満たされている。


彼女は「ああ!」と言ってひらめいた。
「幸せ自慢ね」。


白熱灯の角度を変えると滴は明かりを反射して薄い橙色に染まった。
「まあまあ、そんなに照れないで」


目を細めた彼女は瞼の重さを思い出すとそのまま眠りにおちてしまった。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

(no title4)

「美しいものだけをみていたいって思うのよ」 「たとえかなわなくっても」 関連

空腹の彼女

空腹の彼女

彼女の体は燃費が悪い。 普段から少ししか食べない。 その分しか胃のキャパがないのか、食べるとすぐにお腹がいっぱいになってしまう。 もしくは食べた、という事実で満腹になったような気になって食事は終わる。 …

noimage

偏愛

彼女は好き嫌いが激しい。 嫌いなものは我慢ができないくらい嫌いだし、 好きなものはなんだかもうどうしようもないくらいに好きになってしまう。 とてもいい音楽を見つけてしまったときはそれから数か月は同じア …

彼女の隣人

彼女の隣人

彼女の城の隣では最近何か変化が起きたようだ。 時々宅配のおにいさんがピンポンを鳴らしたりしていたから 誰か住んでいるのは確かなようだった。 2,3ヶ月前まで隣人はおそらくほとんど帰っていないか、 もし …

noimage

サンタマリア号

(※映画『トゥルーマンショー(The Truman Show/1998)』よりネタバレ注意) 自分が一体どこから来て、何者になっていき、どこへ行くのか。 到底答えが出そうもないこのテーマについていつの …

記事内の彼女の絵や写真。
2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ