彼女の話

彼女と飲み会

投稿日:

昨夜は彼女の職場の飲み会があった。

 

彼女はいつだってできるだけ早く自分の城に帰りたいと思っているし、

何より人と長い時間接しているのが苦手だ。

彼女は飲み会が好きじゃない。

しかも一日中職場の四角い空間に押し込められ、強制的に人と接せられ(だって仕事だから)

内心あっぷあっぷしていた後なのだ。

もう帰りたいのだ。

 

ある時から彼女はできうる限り断ることにした。

嫌なことはやらないことにしたのだが、

以前まさか歓送迎会まで断った時は大変な勇気が要ったことだろう。

(さすがに僕はこの時、今後彼女が仕事がしにくくなる状況になるのではと心配した。

職場において歓送迎会は普通の飲み会とはちょっと違う。)

それでもその時の彼女はそれは絶対に「行けない」と怖がった。

社会人失格と思われようと、変人扱いされようと。

 

少人数であればまだ行けるときもあるが、

どんな飲み会であってもその後彼女は必ず泣く。

もう何が何だかわからないものが溢れ出して帰り道からしくしく泣きだしてしまう。

それはその長い一日に自分が周りから吸収したイメージとか音とか考えとか感情とか彼女のすぐそばで彼女を刺激して通り過ぎていったすべてのものをもう抱えきれずにこぼれ落としてしまうという感じだ。

 

これは何もそんな飲み会の夜だけのことではない。

人の多い場所に行ったあとや自分がとても楽しんだ、と思えた日にさえ起こりうる。

 

彼女はできるだけ日々を自分の小さな城で静かにすごすことで

なんとかバランスをとろうとしている。

いつもそうできればいいのだが、今のところはそうしている。

それはいつか変えられるかもしれないし、変わるかもしれない。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

彼女と声

誰にでも何人かはいると思うが、 彼女にも別に悪い人ではないのだろうができれば避けたい人たちがいる。 彼女にとっては特異な声や話し方の持ち主たちだ。 ひとつはとても声が大きい人。 それから声が高い人。 …

彼女が大切に大切にこれ以上崩れてしまわないよう手の中に柔らかく包んだ美しいもの

彼女が大切に大切にこれ以上崩れてしまわないよう手の中に柔らかく包んだ美しいもの

誰か、助けてほしい。 彼女は分かっている。 自分は誰かに甘えようとしている。 彼女は分かっている。 本当は誰も助けてなどくれない。 だから余計に願ってしまう。 誰か、助けてほしい。   (追 …

彼女と大きな存在

彼女と大きな存在

彼女は大きいものをこわがる。 おそらく巨大物恐怖症というやつだと思われるが、一番最初に怖がったものは壁画だった。 小学生の時に学校行事で訪れた公民館に大きなモザイク壁画があり、 振り返った目先に突然現 …

noimage

彼女とHSSと著作権と僕4

ちなみにアメリカへお伺いをたてていた件だが、 もちろん返事はノーだった。 ドクターアーロンは出版社との契約によって厳しく制限を受けていて 文献からもウェブサイトからも引用は許可できない。 ドクターのア …

noimage

彼女はまだ

彼女はまだ自分の気質についてよく知らない。 彼女はまだ自分の気質についてはじめて書かれた本を一度も読み終えていない。   これまでに3回読もうとしたが、果たさなかった。   1回目 …

表面下の世界

2019/01/16

表面下の世界

渇き

2019/01/07

渇き

秋晴れ

2018/11/24

秋晴れ

記事内の彼女の絵や写真。
2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ