彼女の話

彼女と飲み会

投稿日:

昨夜は彼女の職場の飲み会があった。

 

彼女はいつだってできるだけ早く自分の城に帰りたいと思っているし、

何より人と長い時間接しているのが苦手だ。

彼女は飲み会が好きじゃない。

しかも一日中職場の四角い空間に押し込められ、強制的に人と接せられ(だって仕事だから)

内心あっぷあっぷしていた後なのだ。

もう帰りたいのだ。

 

ある時から彼女はできうる限り断ることにした。

嫌なことはやらないことにしたのだが、

以前まさか歓送迎会まで断った時は大変な勇気が要ったことだろう。

(さすがに僕はこの時、今後彼女が仕事がしにくくなる状況になるのではと心配した。

職場において歓送迎会は普通の飲み会とはちょっと違う。)

それでもその時の彼女はそれは絶対に「行けない」と怖がった。

社会人失格と思われようと、変人扱いされようと。

 

少人数であればまだ行けるときもあるが、

どんな飲み会であってもその後彼女は必ず泣く。

もう何が何だかわからないものが溢れ出して帰り道からしくしく泣きだしてしまう。

それはその長い一日に自分が周りから吸収したイメージとか音とか考えとか感情とか彼女のすぐそばで彼女を刺激して通り過ぎていったすべてのものをもう抱えきれずにこぼれ落としてしまうという感じだ。

 

これは何もそんな飲み会の夜だけのことではない。

人の多い場所に行ったあとや自分がとても楽しんだ、と思えた日にさえ起こりうる。

 

彼女はできるだけ日々を自分の小さな城で静かにすごすことで

なんとかバランスをとろうとしている。

いつもそうできればいいのだが、今のところはそうしている。

それはいつか変えられるかもしれないし、変わるかもしれない。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

彼女はまだ

彼女はまだ自分の気質についてよく知らない。 彼女はまだ自分の気質についてはじめて書かれた本を一度も読み終えていない。   これまでに3回読もうとしたが、果たさなかった。   1回目 …

noimage

咬みしめる彼女

先日歯医者に行って撮られた自分の歯を見た彼女は仰天した。 歯にヒビが入っていたのである。それも1本ではない。 彼女には咬みしめる癖がある。 歯医者によると、咬みしめの力は自分の体重ほどもある。 そのエ …

noimage

彼女は昼寝をする。 あまり長くはしない。   誰でも昼間いくらぎゅっと目をつむっても光を感じるものだ。 彼女は少しの刺激にも反応してしまうので光にも敏感であり、 視界が明るく感じると眠ること …

noimage

夢の話3

彼女はドラえもんやのび太たちが住んでるような 平たい街にすんでいるようだった。 高い建物がなく、一軒家がただ立ち並ぶ住宅街。 あの塀に囲まれた、車一台と人がやっと通れるような 薄いグレイの道を彼女は誰 …

彼女とテレビ

彼女とテレビ

彼女はほとんどテレビを観ない。 唯一続けて毎週観ているのはイッテQで、出演者はみんな好きだが、 特に「イモトとオカリナと出川(親しみ込めて敬称略)」がとても好きだ。   ときどき気になるドラ …

表面下の世界

2019/01/16

表面下の世界

渇き

2019/01/07

渇き

秋晴れ

2018/11/24

秋晴れ

記事内の彼女の絵や写真。
2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ