彼女の話

ことばのパラレルワールドをいきる

投稿日:2016年11月20日 更新日:

「あたまの中で考えているときには言葉を使っていなくてもある程度の、
”何について、どう思って、だから結論が出ないんだ”、みたいな形があるのに
口で表現してみたとたんまったく別の話みたいになる」

「あれ、こんなことを考えていたんだったっけってなる」

「あるステージで、こことは違う場所で、確かにあった言葉が
このステージでは違うものに変換されて、しかもそれはこの世界になんの影響も与えない」

「同じ言語なのに、まるで伝わらない、それどころか自分自身さえ自分の言葉と、その言葉をそこまで持ってきた自分の心に猜疑心をおぼえる。同じようで何かが違う。パラレルワールドみたいなもの」

 

彼女は言葉に敏感だ。

 

「だんだんおなかの中に絡まりながら糸がたまっていく。何かのきっかけでそれが食道を通って芋づる式に全部引きずり出せてしまえばきっとすっきりする」

「口を開くと”正しそうな話”になる。”もっともらしい話”にしようとしてる。だから糸がたまっていく」

 


ことばのパラレルワールドをいきる

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

彼女と誰か

彼女は唐突に気づいてぎょっとした。 ちょっと待て。 だれかいる。 一体自分は誰なのか、どれが自分なのか、という問いに彼女ははからずもがんじがらめになっている。 ただ、少なくともその”自分”たちをある程 …

彼女が大切に大切にこれ以上崩れてしまわないよう手の中に柔らかく包んだ美しいもの

彼女が大切に大切にこれ以上崩れてしまわないよう手の中に柔らかく包んだ美しいもの

誰か、助けてほしい。 彼女は分かっている。 自分は誰かに甘えようとしている。 彼女は分かっている。 本当は誰も助けてなどくれない。 だから余計に願ってしまう。 誰か、助けてほしい。   (追 …

noimage

歯っ欠けの彼女

彼女の歯が砕けて欠けたらしい。 笑ってしまった。 幸い欠けた歯は前歯ではなく、それももともとしてあった詰め物が欠けたらしかった。 だから本物の歯が欠けたわけではないのだが、 彼女はついに恐れていたこと …

noimage

それが問題だ。

最近の彼女はあまり考え込んではいないようだ。 やることがたくさんあるから考えこむ暇がないのである。 思考のループにはまって抜け出せなくなったとき、よく聞く提案。 運動をしろ、とか 好きな音楽を聴け、と …

noimage

随時更新予定

欲求 回避依存 快晴 不信 恋 強くない体 良心 人 HSP 感情 ペルソナ LINE 信頼 疑問 頭痛 彼女を孤独にさせるもの。 彼女を彼女たらしめているもの。 随時更新予定。 関連

秋晴れ

2018/11/24

秋晴れ

優しい時間

2018/10/19

優しい時間

noimage

2018/09/18

アンビバレンス3

記事内の彼女の絵や写真。
2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ