彼女の話

ことばのパラレルワールドをいきる

投稿日:2016年11月20日 更新日:

「あたまの中で考えているときには言葉を使っていなくてもある程度の、
”何について、どう思って、だから結論が出ないんだ”、みたいな形があるのに
口で表現してみたとたんまったく別の話みたいになる」

「あれ、こんなことを考えていたんだったっけってなる」

「あるステージで、こことは違う場所で、確かにあった言葉が
このステージでは違うものに変換されて、しかもそれはこの世界になんの影響も与えない」

「同じ言語なのに、まるで伝わらない、それどころか自分自身さえ自分の言葉と、その言葉をそこまで持ってきた自分の心に猜疑心をおぼえる。同じようで何かが違う。パラレルワールドみたいなもの」

 

彼女は言葉に敏感だ。

 

「だんだんおなかの中に絡まりながら糸がたまっていく。何かのきっかけでそれが食道を通って芋づる式に全部引きずり出せてしまえばきっとすっきりする」

「口を開くと”正しそうな話”になる。”もっともらしい話”にしようとしてる。だから糸がたまっていく」

 


ことばのパラレルワールドをいきる

-彼女の話

執筆者:

関連記事

どうしようもないこと

昨夜から彼女は貝になってしまった。 何も話さず、ただ海に中にいるみたいに顔がびしゃびしゃになっていた。 酸素を取り入れようとするけどうまくかない、といったように ときどきゲホゲホと咳き込んだ。 すごく …

彼女のおでかけー駅

彼女のおでかけー駅

彼女が駅をつかうようになったのはごくごく最近のことだ。 彼女が生まれ育った場所には駅はなくほとんど小説の中の想像上の場所だった。 ラピュタみたいなものだった。 今彼女が住む町には駅がある。 ベッドタウ …

彼女と酒

彼女と酒

彼女は酒が好きだ。 飲み会は嫌いだが、ひとりで飲むのはとても好きだ。 昔は平日も仕事の後の楽しみに発泡酒を1本飲んでいたが、 知り合いにノンアルコールをすすめられて以来、平日はALL FREEで事足り …

消えた『群集の中の孤独』

消えた『群集の中の孤独』

彼女は最近彼女にしては頻繁に人ごみの中へ出かけている。 用があって出ているのだが、久しぶりに雑踏の中へ出かけて新鮮味があるようだ。 彼女は萩原朔太郎の『群集の中に居て』という詩がとても好きだ。 都会へ …

noimage

どうにもならないやる気のなさ

彼女がどうにかなんとかできないものかと思っているのが この「どうにもならないやる気のなさ」である。 ときたま突然起こるようだが、一度この現象が起こってしまうと 彼女はもうその辺で転がっていることしかで …

表面下の世界

2019/01/16

表面下の世界

渇き

2019/01/07

渇き

秋晴れ

2018/11/24

秋晴れ

記事内の彼女の絵や写真。
2019年4月
« 1月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ