彼女の話

ことばのパラレルワールドをいきる

投稿日:2016年11月20日 更新日:

「あたまの中で考えているときには言葉を使っていなくてもある程度の、
”何について、どう思って、だから結論が出ないんだ”、みたいな形があるのに
口で表現してみたとたんまったく別の話みたいになる」

「あれ、こんなことを考えていたんだったっけってなる」

「あるステージで、こことは違う場所で、確かにあった言葉が
このステージでは違うものに変換されて、しかもそれはこの世界になんの影響も与えない」

「同じ言語なのに、まるで伝わらない、それどころか自分自身さえ自分の言葉と、その言葉をそこまで持ってきた自分の心に猜疑心をおぼえる。同じようで何かが違う。パラレルワールドみたいなもの」

 

彼女は言葉に敏感だ。

 

「だんだんおなかの中に絡まりながら糸がたまっていく。何かのきっかけでそれが食道を通って芋づる式に全部引きずり出せてしまえばきっとすっきりする」

「口を開くと”正しそうな話”になる。”もっともらしい話”にしようとしてる。だから糸がたまっていく」

 


ことばのパラレルワールドをいきる

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

彼女とHSSと著作権と僕2

彼女はクソがつくほど真面目で正義感が強くルールや秩序を重んじる。 正しくあろうと誰よりも目指しながら、でも人は正しいばかりではいられないと苦しむ。 今回の件について彼女は少しも悪くない。 僕は”HSP …

忘れていく彼女―ことば

忘れていく彼女 -ことば

前回のつづき 彼女はこうやって自分の記憶があまり正確でも信用できるものでもないようだと気づいたとき、 それまでよりも余計に自分がふわふわしたところにいる感覚が強くなってしまった。 小さいころから自分が …

noimage

みんなと同じ彼女

彼女はときどき突っ走ってしまう。 そして突然傀儡が人の手を離れて首をうなだれるようにぱったりと動かなくなってしまう。 しなければいけないことがあるとき、したいことがあるとき、彼女はもう半分自分を捨てる …

人にやさしくするということ

人にやさしくするということ

彼女は人にやさしくするとはどういうことだろうとこれもまた長年考えている。 彼女は別にやさしくないわけではない。 でもそれが果たして本当に自分の内面からくるやさしさなのか、それはわからないという。 &n …

noimage

友人N

彼女を語るうえで絶対に外すことができない存在が彼女の友人Nである。 Nなくして今の彼女はいないのである。 Nは「一番親しく古い友人であり、姉であり妹であり、遠くにいても近いひと」である。 Nは彼女の人 …

怒りと光り

2019/07/07

怒りと光り

noimage

2019/06/26

吐き出される夢

noimage

2019/06/23

6月

記事内の彼女の絵や写真。
2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ