彼女の話

どきどきする

投稿日:

彼女はときどき動悸がする。

甲状腺に軽い疾患があるためそのせいかもしれない。

一度始まると立ち上がるだけで息が上がるようになってしまうため

できればおさまるまで深くゆっくり深呼吸しながら横になっているのがベストだ。

 

どうしてもやらなければならないことがあって無理をして動いていると、どんどん頭が重たくなってくる。

手にも力が入らなくなり、瞼が目玉を半分以上覆うようになる。

頭を抱えたり、両手で顔をくしゃくしゃにこするような仕草をする。

目をこすったり、口を頬ごと大きく覆ったりする。

喉の奥を掴まれて下に引っ張られるような感覚になり顎が落ち込んでいく。

そして急速に強烈な眠気に襲われどちらにしても視界を黒くして横になることになる。

 

少量のアルコールでおさまるときもあり、100ml程度のグラスにワインを注ぐ。

 

(ペルソナを被っているとあまり動悸が起こることはないのだが)

職場や外出先ではその気配があるといつもバッグに常備してある小さな錠剤を飲む。

飲むとひどく眠たくなってしまう。

 

どきどきするたびに彼女は真っ黒に薄れていく意識の中で

「いったい何から逃げ続けているのだろう」といつも漠然と思う。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

彼女と誰か

彼女は唐突に気づいてぎょっとした。 ちょっと待て。 だれかいる。 一体自分は誰なのか、どれが自分なのか、という問いに彼女ははからずもがんじがらめになっている。 ただ、少なくともその”自分”たちをある程 …

空腹の彼女

空腹の彼女

彼女の体は燃費が悪い。 普段から少ししか食べない。 その分しか胃のキャパがないのか、食べるとすぐにお腹がいっぱいになってしまう。 もしくは食べた、という事実で満腹になったような気になって食事は終わる。 …

彼女のおでかけーお化粧編

彼女のおでかけーお化粧編

彼女は街へ出かけるとき割ときちんと化粧をする。 普段仕事に行くときはほとんど頓着しないが、 それは職場でそんなことしたって意味がない、と思っているからだ。 彼女は化粧をするとき、顔がキャンパスだとよく …

noimage

腱鞘炎

彼女は最近線を描く。 あまりたくさんの点がかけなくなってしまったからだ。 会う医者や治療者によって腱鞘炎だと言われたり手根症候群だと言われたり色々だが、 とにかく昔から彼女は手をよくやられる。 腱鞘炎 …

彼女のおでかけ

彼女のおでかけ

彼女は実は結構服が好きだ。 あまり出かけることがないので持っていても出番はないだろう、と買わないことが多いのだが、 クローゼットにある服はどれも気に入っている。 ただし彼女の深く深く考える癖はこういう …

noimage

2019/06/23

6月

noimage

2019/05/18

3月11日-ある春の日

表面下の世界

2019/01/16

表面下の世界

記事内の彼女の絵や写真。
2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ