彼女の話

どきどきする

投稿日:

彼女はときどき動悸がする。

甲状腺に軽い疾患があるためそのせいかもしれない。

一度始まると立ち上がるだけで息が上がるようになってしまうため

できればおさまるまで深くゆっくり深呼吸しながら横になっているのがベストだ。

 

どうしてもやらなければならないことがあって無理をして動いていると、どんどん頭が重たくなってくる。

手にも力が入らなくなり、瞼が目玉を半分以上覆うようになる。

頭を抱えたり、両手で顔をくしゃくしゃにこするような仕草をする。

目をこすったり、口を頬ごと大きく覆ったりする。

喉の奥を掴まれて下に引っ張られるような感覚になり顎が落ち込んでいく。

そして急速に強烈な眠気に襲われどちらにしても視界を黒くして横になることになる。

 

少量のアルコールでおさまるときもあり、100ml程度のグラスにワインを注ぐ。

 

(ペルソナを被っているとあまり動悸が起こることはないのだが)

職場や外出先ではその気配があるといつもバッグに常備してある小さな錠剤を飲む。

飲むとひどく眠たくなってしまう。

 

どきどきするたびに彼女は真っ黒に薄れていく意識の中で

「いったい何から逃げ続けているのだろう」といつも漠然と思う。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

バランスボールの中の小人

彼女は自分の中で何かが急速に変化していくのに気付き始めた。 まるでバランスボールの中にいつの間にか閉じ込められた小人みたいな自分。 どんなに抜け出そうともがいても、もがいた方向に転がるだけで突き破れな …

noimage

彼女と『深夜特急』

彼女がはじめて『深夜特急』を知ったのはある年の正月で ドラマ『劇的紀行 深夜特急』三作が三箇日にわたって一話ずつ放映されたのがきっかけだった。 今思えば年が明けて早々の深夜(放映は深夜だった)になぜ『 …

noimage

彼女とHSSと著作権と僕3

こういう時僕はすごく思う。 少し知識のある人がこれまでの彼女の話を読んだならおそらく見当がついているだろう。 そう、おそらく彼女はHSSだ。 海外でフラフラ数年暮らし、 7、8時間のトレッキングもひと …

noimage

暖房便座と彼女の熱量

彼女はフローリングの床の上に文字通り転がっていた。 「真冬の立体駐車場のコンクリートの上に転がっているみたいだ」と呟いた。 「今日はすごく寒いね」 真夏ほどではないにしても外気温はまだ30度近くある。 …

noimage

探しもの

彼女の同僚の財布が消えた。 帰宅後連絡を受けた彼女は探すのを手伝いに職場に戻った。 見つからなかったらいけないので、失くした彼のために急場しのぎの数万円を財布に入れた。 まずはみんながパニクっているの …

優しい時間

2018/10/19

優しい時間

noimage

2018/09/18

アンビバレンス3

棚

2018/08/29

記事内の彼女の絵や写真。
2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ