彼女の話

どきどきする

投稿日:

彼女はときどき動悸がする。

甲状腺に軽い疾患があるためそのせいかもしれない。

一度始まると立ち上がるだけで息が上がるようになってしまうため

できればおさまるまで深くゆっくり深呼吸しながら横になっているのがベストだ。

 

どうしてもやらなければならないことがあって無理をして動いていると、どんどん頭が重たくなってくる。

手にも力が入らなくなり、瞼が目玉を半分以上覆うようになる。

頭を抱えたり、両手で顔をくしゃくしゃにこするような仕草をする。

目をこすったり、口を頬ごと大きく覆ったりする。

喉の奥を掴まれて下に引っ張られるような感覚になり顎が落ち込んでいく。

そして急速に強烈な眠気に襲われどちらにしても視界を黒くして横になることになる。

 

少量のアルコールでおさまるときもあり、100ml程度のグラスにワインを注ぐ。

 

(ペルソナを被っているとあまり動悸が起こることはないのだが)

職場や外出先ではその気配があるといつもバッグに常備してある小さな錠剤を飲む。

飲むとひどく眠たくなってしまう。

 

どきどきするたびに彼女は真っ黒に薄れていく意識の中で

「いったい何から逃げ続けているのだろう」といつも漠然と思う。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

『鑑定士と顔のない依頼人』

『鑑定士と顔のない依頼人』(The Best Offer、2013) ネタバレ注意 この間彼女は放心したような興奮したような様子で観た映画のエンディングについて話し出した。 とてもとても美しいラストシ …

3月10日

3月10日

3月9日と3月11日に挟まれた3月10日。 3月9日と3月11日には毎年思うことがあるけれど、3月10日にはない。 彼女はそれを少し不思議に思っている。 これまでも忘れているだけで3月10日にも何かあ …

noimage

彼女と絵: パウル・クレー

パウル・クレーは彼女が今のところ「いちばん好きだ」という画家だ。 (今のところ、というのは自分はまだ世界中のすべての絵を見たわけではないから、ということだ。)   彼の作品にはたくさんの色を …

noimage

彼女のじんましん2

その後も彼女は突拍子もない痒みと肌のツッパリと腫れに襲われた。 時には顔だけでなく、首や鎖骨辺りまで赤くなることがあった。 ほとんどは夜だったが、出勤まえに起こるとすごく焦った。 彼女はキノコが大好き …

noimage

破れ仮面

彼女はそんなに簡単に仮面をつけることはできない。 自分の城、という自分だけの個室の空間にいていきなり”自分”以外にはなれないのである。 彼女がLINEを使わず、電話番号もごく一部の人にしか知らせないの …

秋晴れ

2018/11/24

秋晴れ

優しい時間

2018/10/19

優しい時間

noimage

2018/09/18

アンビバレンス3

記事内の彼女の絵や写真。
2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ