彼女の話

痛み

投稿日:

彼女は痛がりだ。
彼女はそんなことない、ほんとに痛いのだと神妙に言うのだが、
ちょっと大げさなような気もする、と時々思う。


たとえばマッサージに行ったとき、痛かったらいってくださいね、と言われたので
痛い、というと、『え、これでですか?!』と驚かれ、
『ほとんど力入れていないんですけど・・・』と困らせてしまった。
本人はもうどこを押されても痛かったのだが言い出せなくなってしまい、
その次の日は揉み返しに苦しんだ。


整形外科にかかったとき、電気治療を施術されここでも参った。
ほとんど電流も流れていないような状態で痛がるので、
『もう少し頑張れますか、このレベルだと効果全然ないので』と言われ、
「これ以上ビリビリされたら火傷しちゃうよ・・・」と断念した。



片頭痛持ちで知覚過敏、慢性腱鞘炎でお腹はいつもピーピー気味。
親しくない人たちの前ではどんなにつらくても絶対に言わない彼女なのだが、
ことNや僕には「頭が痛い」だの「歯が痛い」だの「指が痛い」だの
しょっちゅう言っているのである。
まったくそんなにいつもどこそこ痛くて
一体どうやってそれらと折り合いをつけながら日々を過ごしているのだろうと思う。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

朝目覚めたときの彼女

彼女の状態は朝目が覚めたときに分かる。 意識が覚醒した時、最初に感じたのが今現在の彼女の健康状態に一番近い。 最近の彼女のスケジュールは毎日毎時間ギチギチに詰まっている。 今何事かを成しながら常に数時 …

哲学の現代的意味

哲学の現代的意味

彼女は久しぶりに『ソフィーの世界』を開いていた。 読むでもなく、読まないでもなく、ページをパラパラめくっていた。 忘れかけていた疑問がいくつも蘇る。 そして思う。 「だれかわたしをわたしだと認めてはく …

noimage

「嘘ってなんだろう」 彼女は嘘についてよく考える。 昔彼女は嘘は2種類あると思っていた。 黒い嘘と白い嘘ってやつだ。 「大人」になって、もう一つそのどちらにも分類できない 自分を守るための嘘があること …

2001.9.11のあの夜

2001.9.11のあの夜

あの9.11から16年も経った。 彼女はあの夜のことを16回も思い出しているということだ。 その頃彼女はMD/CDラジカセを愛用していた。 使うのはもっぱらMDやCDでラジオの電源を入れることはほとん …

デジャヴ

デジャヴ

彼女のデジャヴはすべて「確かに夢でみたもの」だそうで 彼女はそれがいつ頃みた夢であったかも憶えている。 デジャヴとなった夢の中では感情はなく「何を考えても思っても感じてもいない」。 さらには「どうして …

記事内の彼女の絵や写真。
2019年5月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ