彼女の話

痛み

投稿日:

彼女は痛がりだ。
彼女はそんなことない、ほんとに痛いのだと神妙に言うのだが、
ちょっと大げさなような気もする、と時々思う。


たとえばマッサージに行ったとき、痛かったらいってくださいね、と言われたので
痛い、というと、『え、これでですか?!』と驚かれ、
『ほとんど力入れていないんですけど・・・』と困らせてしまった。
本人はもうどこを押されても痛かったのだが言い出せなくなってしまい、
その次の日は揉み返しに苦しんだ。


整形外科にかかったとき、電気治療を施術されここでも参った。
ほとんど電流も流れていないような状態で痛がるので、
『もう少し頑張れますか、このレベルだと効果全然ないので』と言われ、
「これ以上ビリビリされたら火傷しちゃうよ・・・」と断念した。



片頭痛持ちで知覚過敏、慢性腱鞘炎でお腹はいつもピーピー気味。
親しくない人たちの前ではどんなにつらくても絶対に言わない彼女なのだが、
ことNや僕には「頭が痛い」だの「歯が痛い」だの「指が痛い」だの
しょっちゅう言っているのである。
まったくそんなにいつもどこそこ痛くて
一体どうやってそれらと折り合いをつけながら日々を過ごしているのだろうと思う。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

恣意的彼女

恣意的彼女

あなたは誰かのことをとても知りたい、と思ったことはあるだろうか。 彼女はあまり自分のことを話さない。 話すが好きじゃないのだ。 でも話さないからこそ余計に人は彼女に関心をもってどんな人なのか知ろうとし …

表面下の世界

表面下の世界

「表面の世界でも生きていける。 そしてそれはそんなに悪くない。」 自分は一体何を表現すればいいのだろう。 文字を綴れば、黒鉛を重ねれば、世界をつなげれば、 それらを続けて行けばどこかに直角が訪れるのだ …

noimage

冬の彼女

ハッキリ言って冬の彼女はまるで役に立たない。 朝はますます起きなくなり、ぎりぎりまでコタツに居座り、外に出たくないとばかり考えていた挙句仕事に行くのに仕事着を忘れ、遅刻寸前に出社、帰ればエアコンとコタ …

noimage

「おんがくをきこう」

「お腹がすかない だれかいっしょにたべてほしい 会話がおわった 今回はわたしのせいじゃないとおもう 急にあたまがとまる 喉のおくからうまれでそう お腹がおもい そこに何かひっかかってるはれてる つばが …

彼女の絵

彼女の絵

彼女は昔はわりと見やすい、というか「理解しやすい」点描画をよく描いていた。 白黒の世界をとても愛し、白い紙に黒い点々を延々と描いていた。 花とか赤ん坊の顔とか自分の手とか壁にかかった白いシャツとか。 …

表面下の世界

2019/01/16

表面下の世界

渇き

2019/01/07

渇き

秋晴れ

2018/11/24

秋晴れ

記事内の彼女の絵や写真。
2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ