彼女の話

痛み

投稿日:

彼女は痛がりだ。
彼女はそんなことない、ほんとに痛いのだと神妙に言うのだが、
ちょっと大げさなような気もする、と時々思う。


たとえばマッサージに行ったとき、痛かったらいってくださいね、と言われたので
痛い、というと、『え、これでですか?!』と驚かれ、
『ほとんど力入れていないんですけど・・・』と困らせてしまった。
本人はもうどこを押されても痛かったのだが言い出せなくなってしまい、
その次の日は揉み返しに苦しんだ。


整形外科にかかったとき、電気治療を施術されここでも参った。
ほとんど電流も流れていないような状態で痛がるので、
『もう少し頑張れますか、このレベルだと効果全然ないので』と言われ、
「これ以上ビリビリされたら火傷しちゃうよ・・・」と断念した。



片頭痛持ちで知覚過敏、慢性腱鞘炎でお腹はいつもピーピー気味。
親しくない人たちの前ではどんなにつらくても絶対に言わない彼女なのだが、
ことNや僕には「頭が痛い」だの「歯が痛い」だの「指が痛い」だの
しょっちゅう言っているのである。
まったくそんなにいつもどこそこ痛くて
一体どうやってそれらと折り合いをつけながら日々を過ごしているのだろうと思う。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

彼女のおでかけ

彼女のおでかけ

彼女は実は結構服が好きだ。 あまり出かけることがないので持っていても出番はないだろう、と買わないことが多いのだが、 クローゼットにある服はどれも気に入っている。 ただし彼女の深く深く考える癖はこういう …

noimage

腱鞘炎

彼女は最近線を描く。 あまりたくさんの点がかけなくなってしまったからだ。 会う医者や治療者によって腱鞘炎だと言われたり手根症候群だと言われたり色々だが、 とにかく昔から彼女は手をよくやられる。 腱鞘炎 …

noimage

おでこのこり

最近とても気になっていることがある。 それは彼女のおでこのコリだ。 彼女は考えているときや本を読んでいるとき、人ごみにもまれたときなど いつの間にか眉間に力が入ってしまう。 しわができない代わりにずっ …

彼の生まれた意味

彼の生まれてきた意味

彼の話には続きがある。 いや、続きというよりもプロローグというべきか。 別にHSPじゃなくたって、 僕らもふと「一体自分は何のために生まれてきたのか」と漠然と思う時はある。 ぜんそくで死んだ彼は生きて …

noimage

(no title)

いつの頃からか眠りに落ちる間際に 時折ふぅっと決まったシーンが彼女のどこかをよぎるようになった。 それはこころかもしれないし、頭の中にかもしれない。 そこは真っ暗だ。 真っ暗な中に白い直方体がぼんわり …

優しい時間

2018/10/19

優しい時間

noimage

2018/09/18

アンビバレンス3

棚

2018/08/29

記事内の彼女の絵や写真。
2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ