彼女の話

水面に浮かび上がる絵

投稿日:

田植えの時期だ。
彼女は少しずつワクワクし始める。


今年の梅雨は降水量が少ないようだ。
梅雨に入ったとは言いながら日が差している日の方が多い。
彼女は少し知っているだけの農家のおじさんと顔を合わせるたびに
「雨が降りませんね」「まだ降りませんね」と同じ会話を交わしている。
おじさんは米農家だ。


多くの人はこの梅雨の時期を嫌うが、彼女は雨が嫌いではないので
災害にならない限りあまり気にしない。
眠りにつくとき、休日の朝、しとしと雨が降っているとにっこりする。

それに降るべき時に降らなければ農家は困るし、野菜だって高くなる。
降るときに降った方がいいのだ、と彼女は口癖のように言う。


彼女の城の前には田んぼがある。
普通の住宅地なのだが、そこだけぽっかりと田んぼになっているのである。
住宅地の中だから大した面積ではないが、手入れに機械が必要な広さではある。

この時期、まず堰き止められていた近くの小さな川が増水を始める。
その水量によっては彼女の城まで聞こえてくる。
そうすると彼女は始まるなぁとわくわくしだすのだ。

そうこうしているうちに、いつのまにか整えられた田んぼは、
茶色い洋服が少しずつ濡れていくようにある一角から徐々にその色を濃くしていく。
田が水入れされていくのだ。
数日かけて川の水は田に行きわたり、最後には完全に水が張られて水田となる。

その少しずつ田んぼの土が水を吸い込んで一部分からタプタプになっていく様は
「まるで誰かがこの茶色い大きなキャンパスに少しずつ絵を描いていく」ようなのだと言う。
ある夜、完全に満たされた田んぼは反対側にある建物の明かりをその水面に映す。
田植えが始まって苗が水面を覆い隠すまでに成長する
その一時期だけ見られる、とても美しい光景が彼女の城の前に現れるのだ。


今水はまだ田んぼの1/3ほどにしか満たされていないらしいが、
すでにその一角では明かりが灯っているという。
いつの間にかどこからかやってきたたくさんのカエルの声を聴きながら
彼女は今年も早く絵が出来上がってこないだろうかと毎晩眺めている。


-彼女の話

執筆者:

関連記事

知ること

知ること

彼女はいつも何かを考えている。 「考える」とは一見思慮深く大切なことのように思えるがなにごともやりすぎはよくない。 彼女は考えることを止めることができない。 ひとは脳で「考える」。 「考える」と感情が …

noimage

どうにもならないやる気のなさ

彼女がどうにかなんとかできないものかと思っているのが この「どうにもならないやる気のなさ」である。 ときたま突然起こるようだが、一度この現象が起こってしまうと 彼女はもうその辺で転がっていることしかで …

彼女のおでかけー駅

彼女のおでかけー駅

彼女が駅をつかうようになったのはごくごく最近のことだ。 彼女が生まれ育った場所には駅はなくほとんど小説の中の想像上の場所だった。 ラピュタみたいなものだった。 今彼女が住む町には駅がある。 ベッドタウ …

noimage

距離

「なぜ自分のものさしだけで私との距離を測るのか」 「ズカズカ入ってこようとするな、理解しようとなんてするな」 「気を遣ったようなフリをして、私のことを分かったような物言いはやめろ」 距離がとりにくい人 …

noimage

彼女と陰口

職場というのは時に陰口の宝庫となりうる。 彼女の職場も残念ながら例外ではない。 彼女は陰口というのは色んな人の分かりやすい価値観の集まりであるな、とつくづく思う。 「それは本当におもしろくて、いいかげ …

表面下の世界

2019/01/16

表面下の世界

渇き

2019/01/07

渇き

秋晴れ

2018/11/24

秋晴れ

記事内の彼女の絵や写真。
2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ