彼女の話

忘れていく彼女 -ことば

投稿日:

前回のつづき




彼女はこうやって自分の記憶があまり正確でも信用できるものでもないようだと気づいたとき、
それまでよりも余計に自分がふわふわしたところにいる感覚が強くなってしまった。
小さいころから自分が放った言葉の意味に対応しない言葉が相手から返ってきてなんの話だか分からず戸惑う。
もしかしたら自分は言葉自体の意味も記憶違いしているのではないだろうか。
みんなの世界の言葉をみんなと同じに覚えなかった。
だから自分の言葉は正確に伝わらないし、相手の言っていることも分からないのではないか。
そう思い始めた。

成長とともに言葉を言語として理解するようにはなったが、
同時に、どうも伝わらないらしいという言葉も感覚的につかめるようになった。
みんなが話すように自分も話すようになった。
そしてだんだん本来の自分の言葉をどこかに置いてくる癖がついた。

でも置き場所にも限界がある。


彼女はいつも願っている。
すべて吐き出したい
自分のことばで話したい。
話したいことがたくさんあるはずなのに。
同じ言葉を話す人に、自分の言葉を理解してくれる人に。
会いたい会いたい会いたい会いたい。

そして彼女は知っている。
自分と同じ世界を生きる人たちが実はたくさんいる、ということに。
自分も彼らにとっての会いたい人かもしれないことに。

僕から見ているとそんな世界の彼女たちは
毎朝バスを待つ列で、職場のデスクで、映画館の座席で、すぐ隣同士にいるかもしれないのに、
みんなが彼女のようにひっそりと息をひそめ仮面をつけて外へ出てくるので、
結局はすぐそばにいながらお互いに気付けない、というそんなもどかしさがある。
そしてそれはなんだかとても切ない。



忘れていく彼女―ことば

-彼女の話

執筆者:

関連記事

彼女のカーテン

彼女のカーテン

彼女の部屋のカーテンは大体いつも閉じられている。   彼女の瞳の色は普通のひとより真っ黒だ。 髪の色も真っ黒だが、たぶん瞳はもっと黒い。 でも彼女は眩しく明るい場所が好きじゃない。 年を経て …

noimage

彼女と夏

夏は子供のころから彼女に懐かしい何かを感じさせる。 自分に何か大きな転機が訪れるとするなら 冬でも春でもなくそれは夏だろうと今でもなぜか確信している。 このまとわりつくような暑さと、生の匂いのような緑 …

noimage

飲み込んだ空気の行きついた先は

その先は呑気症だった。 最近急に涼しくなって人々が生き生きしている。 ある朝彼女は目を覚まし起き上がってテラスのドアを開けた。 瞬間ぶわぁっとあの懐かしいひんやりと乾いた空気が彼女を一気に包み込んだ。 …

noimage

彼女と迷子の落ち葉

ここ1か月くらい彼女の部屋の床には落ち葉が散らばっている。 まとめて置いておいたのだが、エアコンの風に吹き飛ばされたり、うっかり蹴とばしてしまったりして、 まただんだんと色んな所へ広がりをみせている。 …

noimage

夢の話3

彼女はドラえもんやのび太たちが住んでるような 平たい街にすんでいるようだった。 高い建物がなく、一軒家がただ立ち並ぶ住宅街。 あの塀に囲まれた、車一台と人がやっと通れるような 薄いグレイの道を彼女は誰 …

表面下の世界

2019/01/16

表面下の世界

渇き

2019/01/07

渇き

秋晴れ

2018/11/24

秋晴れ

記事内の彼女の絵や写真。
2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ