彼女の話

忘れていく彼女 -ことば

投稿日:

前回のつづき




彼女はこうやって自分の記憶があまり正確でも信用できるものでもないようだと気づいたとき、
それまでよりも余計に自分がふわふわしたところにいる感覚が強くなってしまった。
小さいころから自分が放った言葉の意味に対応しない言葉が相手から返ってきてなんの話だか分からず戸惑う。
もしかしたら自分は言葉自体の意味も記憶違いしているのではないだろうか。
みんなの世界の言葉をみんなと同じに覚えなかった。
だから自分の言葉は正確に伝わらないし、相手の言っていることも分からないのではないか。
そう思い始めた。

成長とともに言葉を言語として理解するようにはなったが、
同時に、どうも伝わらないらしいという言葉も感覚的につかめるようになった。
みんなが話すように自分も話すようになった。
そしてだんだん本来の自分の言葉をどこかに置いてくる癖がついた。

でも置き場所にも限界がある。


彼女はいつも願っている。
すべて吐き出したい
自分のことばで話したい。
話したいことがたくさんあるはずなのに。
同じ言葉を話す人に、自分の言葉を理解してくれる人に。
会いたい会いたい会いたい会いたい。

そして彼女は知っている。
自分と同じ世界を生きる人たちが実はたくさんいる、ということに。
自分も彼らにとっての会いたい人かもしれないことに。

僕から見ているとそんな世界の彼女たちは
毎朝バスを待つ列で、職場のデスクで、映画館の座席で、すぐ隣同士にいるかもしれないのに、
みんなが彼女のようにひっそりと息をひそめ仮面をつけて外へ出てくるので、
結局はすぐそばにいながらお互いに気付けない、というそんなもどかしさがある。
そしてそれはなんだかとても切ない。



忘れていく彼女―ことば

-彼女の話

執筆者:

関連記事

彼女が大切に大切にこれ以上崩れてしまわないよう手の中に柔らかく包んだ美しいもの

彼女が大切に大切にこれ以上崩れてしまわないよう手の中に柔らかく包んだ美しいもの

誰か、助けてほしい。 彼女は分かっている。 自分は誰かに甘えようとしている。 彼女は分かっている。 本当は誰も助けてなどくれない。 だから余計に願ってしまう。 誰か、助けてほしい。   (追 …

彼女の世界の胚胎

彼女の世界の胚胎

彼女は自分のそんな世界に気付いてから、少しずつ幸せになれるような気がしている。 「これだから自分は自分の人生を認められない」と思っていた頃に比べれば 今は食事を作った時にいつまでもキッチンに残る生姜の …

彼女がつくり、守ってきたもの

彼女がつくり、守ってきたもの

彼女はときどき放心している。 急に頭が重たくなってひどく眠たくなって頭を床に打ち付けるように倒れこむ。 目が覚めたとき、まるで眠っている間に誰かが頭に鉛を詰め込んでいったかのように さらに重たくなって …

彼女と酒

彼女と酒

彼女は酒が好きだ。 飲み会は嫌いだが、ひとりで飲むのはとても好きだ。 昔は平日も仕事の後の楽しみに発泡酒を1本飲んでいたが、 知り合いにノンアルコールをすすめられて以来、平日はALL FREEで事足り …

”変わる”ということは何かを”失くす”ということ

”変わる”ということは何かを”失くす”ということ。

”変わる”ということは何か”失くす”ということだ。 ある人たちにとっては当然かもしれないその事実に彼女はようやく気付きかけている。 彼女は変わるということについてほとんど意識すらしていなかった。 ただ …

秋晴れ

2018/11/24

秋晴れ

優しい時間

2018/10/19

優しい時間

noimage

2018/09/18

アンビバレンス3

記事内の彼女の絵や写真。
2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ