彼女の話

忘れていく彼女 -ことば

投稿日:

前回のつづき




彼女はこうやって自分の記憶があまり正確でも信用できるものでもないようだと気づいたとき、
それまでよりも余計に自分がふわふわしたところにいる感覚が強くなってしまった。
小さいころから自分が放った言葉の意味に対応しない言葉が相手から返ってきてなんの話だか分からず戸惑う。
もしかしたら自分は言葉自体の意味も記憶違いしているのではないだろうか。
みんなの世界の言葉をみんなと同じに覚えなかった。
だから自分の言葉は正確に伝わらないし、相手の言っていることも分からないのではないか。
そう思い始めた。

成長とともに言葉を言語として理解するようにはなったが、
同時に、どうも伝わらないらしいという言葉も感覚的につかめるようになった。
みんなが話すように自分も話すようになった。
そしてだんだん本来の自分の言葉をどこかに置いてくる癖がついた。

でも置き場所にも限界がある。


彼女はいつも願っている。
すべて吐き出したい
自分のことばで話したい。
話したいことがたくさんあるはずなのに。
同じ言葉を話す人に、自分の言葉を理解してくれる人に。
会いたい会いたい会いたい会いたい。

そして彼女は知っている。
自分と同じ世界を生きる人たちが実はたくさんいる、ということに。
自分も彼らにとっての会いたい人かもしれないことに。

僕から見ているとそんな世界の彼女たちは
毎朝バスを待つ列で、職場のデスクで、映画館の座席で、すぐ隣同士にいるかもしれないのに、
みんなが彼女のようにひっそりと息をひそめ仮面をつけて外へ出てくるので、
結局はすぐそばにいながらお互いに気付けない、というそんなもどかしさがある。
そしてそれはなんだかとても切ない。



忘れていく彼女―ことば

-彼女の話

執筆者:

関連記事

彼女のおでかけ

彼女のおでかけ

彼女は実は結構服が好きだ。 あまり出かけることがないので持っていても出番はないだろう、と買わないことが多いのだが、 クローゼットにある服はどれも気に入っている。 ただし彼女の深く深く考える癖はこういう …

noimage

夢の話3

彼女はドラえもんやのび太たちが住んでるような 平たい街にすんでいるようだった。 高い建物がなく、一軒家がただ立ち並ぶ住宅街。 あの塀に囲まれた、車一台と人がやっと通れるような 薄いグレイの道を彼女は誰 …

noimage

(no title)

いつの頃からか眠りに落ちる間際に 時折ふぅっと決まったシーンが彼女のどこかをよぎるようになった。 それはこころかもしれないし、頭の中にかもしれない。 そこは真っ暗だ。 真っ暗な中に白い直方体がぼんわり …

彼女と精油

彼女と精油

彼女は精油が好きでたくさんもっている。 高価なものなので、少しずつ少しずつ集めてきた。 中でもフランキンセンスが一番のお気に入りで欠かさない。 初めて精油の匂いをかいだとき、彼女はどれをとってもとにか …

noimage

静けさと感情でいっぱいの場所

彼女はときどき美術館に行く。 行ったことのない遠くの美術館へも気になる展示があれば出かけていく。 美術館は大抵街の真ん中にあったりして、 駅の改札を抜け、雑踏を抜け、美術館の入り口を抜けると突然ロビー …

表面下の世界

2019/01/16

表面下の世界

渇き

2019/01/07

渇き

秋晴れ

2018/11/24

秋晴れ

記事内の彼女の絵や写真。
2019年4月
« 1月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ