彼女の話

忘れていく彼女

投稿日:

彼女はあまり記憶力がよくない。
まるでわざとそうしているようかのように、これまでのことをどんどん忘れて行ってしまう。


彼女は特にそういったハンディキャップや疾患があるわけではない。
なのでつい最近のことはまあそこそこ憶えているのである。
しかしそれが10日前、1ヶ月前、となると途端に憶えていないことが増える。

たとえば職場で関係者に宛てた年賀状に、自分が他愛のない一言を手書きで添えた内容。
相手Bから年明け取り急ぎのお礼のメールを受け取った時、
Bはどうも自分が書いたことに対してわざわざ返信してくれているようなのだが、まったくなんのことか分からない。


いつ、どこで、だれと、なにがあったか、がバラバラになっていることもよくある。


たとえばCさんに最後に会ったのはいつだっただろう、と考えて
ああそうだあの頃あそこでだった気がする、などと結論付けるのだが
それは全く別の人物、別の時、といったように記憶の結びつきも取り出し方もめちゃくちゃだったりする。

どうも確かな記憶に行きつくまでの手続きもないがしろにしてしまっているようで、
Cの話にしろ本来ならばその人と自分との接点や共通点などを手がかりに記憶をたどっていくものだが、
彼女は突然どこからかCに最後に会ったような雰囲気を”持ってきて”、
でもその材料としての雰囲気は他の誰かと会った時の記憶から作られた”イメージ”だったりして、
結局はその記憶も”作られた”ものになってしまうのである。
彼女は多くの記憶をそうやってその時ごとに変換して出力してしまっている、とでもいえばいいだろうか。

もちろん、こういった記憶のエラーは彼女に限って起こるものではないのだが、
彼女の場合はどうもそれが頻繁であるようで、しかもかなりの現実感をもっている。


彼女はごく若いころにこの妙な癖を自覚し、
そして成長と共になぜそんなことになってしまうのか、なんとなくその原因も分かってきたように感じている。

それはたぶん「脅かされることのないように、おぼえておく気がそもそもない」からだ、と。



忘れていく彼女

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

彼女のカトラリー

彼女のカトラリーはほとんどが木製だ。 ステンレスなど金属のものは調理用に使うことはあっても口はつけない。 いつの頃からそうなったのかは分からないが、木のカトラリーを使いだして久しい。 子供のころから彼 …

noimage

どきどきする

彼女はときどき動悸がする。 甲状腺に軽い疾患があるためそのせいかもしれない。 一度始まると立ち上がるだけで息が上がるようになってしまうため できればおさまるまで深くゆっくり深呼吸しながら横になっている …

花がら

アンビバレンス2 ー花がら

HSPはとかく外界からの刺激に対する敏感さを挙げられることが多いが、 自分の内界からの刺激にもそれは同じである。 自分が作り上げた妄想世界を自分自身で衝撃的に拒否してしまったあとも、 彼女が完全にその …

秋晴れ

秋晴れ

この日僕は彼女の城へ向かって川沿いを歩いていた。 今年の秋は本当によく晴れる。 彼女の城のすぐそばの芝生を抜けようとしたとき、 見慣れた後ろ姿に僕は足を止めた。 彼女が一人で背中を丸めて顎を空へ突き出 …

noimage

いちねんせいのかのじょ2

彼女はそもそも学校を思い出すのも苦手だ。 小学校も中学校も高校も大嫌いだった。 小学校に入学してから数ヶ月間、彼女は教室へ行けなかった。 いつもお腹を痛がって保健室で過ごしていた。 仮病だと言われたり …

表面下の世界

2019/01/16

表面下の世界

渇き

2019/01/07

渇き

秋晴れ

2018/11/24

秋晴れ

記事内の彼女の絵や写真。
2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ