彼女の話

忘れていく彼女

投稿日:

彼女はあまり記憶力がよくない。
まるでわざとそうしているようかのように、これまでのことをどんどん忘れて行ってしまう。


彼女は特にそういったハンディキャップや疾患があるわけではない。
なのでつい最近のことはまあそこそこ憶えているのである。
しかしそれが10日前、1ヶ月前、となると途端に憶えていないことが増える。

たとえば職場で関係者に宛てた年賀状に、自分が他愛のない一言を手書きで添えた内容。
相手Bから年明け取り急ぎのお礼のメールを受け取った時、
Bはどうも自分が書いたことに対してわざわざ返信してくれているようなのだが、まったくなんのことか分からない。


いつ、どこで、だれと、なにがあったか、がバラバラになっていることもよくある。


たとえばCさんに最後に会ったのはいつだっただろう、と考えて
ああそうだあの頃あそこでだった気がする、などと結論付けるのだが
それは全く別の人物、別の時、といったように記憶の結びつきも取り出し方もめちゃくちゃだったりする。

どうも確かな記憶に行きつくまでの手続きもないがしろにしてしまっているようで、
Cの話にしろ本来ならばその人と自分との接点や共通点などを手がかりに記憶をたどっていくものだが、
彼女は突然どこからかCに最後に会ったような雰囲気を”持ってきて”、
でもその材料としての雰囲気は他の誰かと会った時の記憶から作られた”イメージ”だったりして、
結局はその記憶も”作られた”ものになってしまうのである。
彼女は多くの記憶をそうやってその時ごとに変換して出力してしまっている、とでもいえばいいだろうか。

もちろん、こういった記憶のエラーは彼女に限って起こるものではないのだが、
彼女の場合はどうもそれが頻繁であるようで、しかもかなりの現実感をもっている。


彼女はごく若いころにこの妙な癖を自覚し、
そして成長と共になぜそんなことになってしまうのか、なんとなくその原因も分かってきたように感じている。

それはたぶん「脅かされることのないように、おぼえておく気がそもそもない」からだ、と。



忘れていく彼女

-彼女の話

執筆者:

関連記事

なんという赤!

なんという赤!

無理して笑ってるでしょ 男は目の前にいたのだが、彼女は こいつ後ろから私を見ている、と悟った。 私のななめ後ろにいて、仮面と顔の境目にできた影を見てる、と思った。 はっと気づいた時、男はさらに畳みかけ …

noimage

ベストアルバム for her

「ベタか笑」 Ben Folds Rockin’ the suburbs 関連

たくさんの小さなうれしいこと

たくさんの小さなうれしいこと

朝、静かに降る雨のおかげで 彼女はとても落ち着いた気持ちで目を覚ますことができた。 外出先のお店で、この間まで体調不良を訴えていた店員さんが 病院で薬をもらってすっかり元気になっていた。 家に帰ったと …

noimage

彼女とtwitter

彼女は僕が作ったこのブログ用のtwitterアカウントで少し向こうの大きな存在に近づいた。 大げさに思うかもしれないが、彼女にとってはあなたが初めて人前で歌うということと同じくらい緊張することなのだ。 …

彼女のおでかけーお化粧編

彼女のおでかけーお化粧編

彼女は街へ出かけるとき割ときちんと化粧をする。 普段仕事に行くときはほとんど頓着しないが、 それは職場でそんなことしたって意味がない、と思っているからだ。 彼女は化粧をするとき、顔がキャンパスだとよく …

記事内の彼女の絵や写真。
2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ