彼女の話

(no title)

投稿日:2017年1月20日 更新日:

いつの頃からか眠りに落ちる間際に
時折ふぅっと決まったシーンが彼女のどこかをよぎるようになった。
それはこころかもしれないし、頭の中にかもしれない。

そこは真っ暗だ。
真っ暗な中に白い直方体がぼんわりと浮かび上がっている。
直方体であるらしいことは分かるが、その前方左側は闇に消え入るかのように薄くなっている。

その前にちいさな女の子がいる。
直方体と同じように白く浮かび上がっていて、服も白い。
直方体に寄りかかって立っていることもあるし、
背中を預けて両足を伸ばし座っていることもある。
座っていることが多い。
いつも俯いていて顔は見えない。

彼女のビジョンはそれらを、それらの右斜め上から覗き見ている。

以前は眠るときにしか浮かんでこなかったが、最近は眠れない時にもイメージするとすっと現れるようになった。
しばらく眺めていると体と顔が弛緩をはじめる。
そして自然と眠りに落ちるのだ。

眺めていても彼女は特に何も感じないし何も考えない。他には何も浮かんでこない。
彼女はただ見ているだけだ。





(2017.2.5追記)
とても疲れているとき、思惟の波にもまれたとき、このビジョンは見えない。
ただ暗闇の中に何とか存在しようと白い霧がうっすら見えるだけだ。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

なぜ口でキスするのか

  どうしてキスは口でするのか。 いつからヒトは唇でキスするようになったのだろうか。   まつ毛とか鼻とかでキスみたいなことをする人たちも世界にはいるが、 彼女は映画なんかで唇でち …

noimage

暖房便座と彼女の熱量

彼女はフローリングの床の上に文字通り転がっていた。 「真冬の立体駐車場のコンクリートの上に転がっているみたいだ」と呟いた。 「今日はすごく寒いね」 真夏ほどではないにしても外気温はまだ30度近くある。 …

noimage

距離

「なぜ自分のものさしだけで私との距離を測るのか」 「ズカズカ入ってこようとするな、理解しようとなんてするな」 「気を遣ったようなフリをして、私のことを分かったような物言いはやめろ」 距離がとりにくい人 …

彼女の恥

彼女の恥

彼女はどうやら「ものすごく恥ずかしいこと」をしてしまったようだ。 ある人と話しているうちに頭にきて派手に口喧嘩をかましたらしい。 そんなことはなんの恥でもない、生きていればそんな経験の一度や二度はある …

肺

彼女は最近ある男性がぜんそくで亡くなったことを聞いた。 知り合いの知り合いの話で彼女は会ったこともない。 男性は若いころからハチャメチャの生活をしていて、 周りによく迷惑をかけてる生活を送っていたそう …

記事内の彼女の絵や写真。
2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ