彼女の話

(no title)

投稿日:2017年1月20日 更新日:

いつの頃からか眠りに落ちる間際に
時折ふぅっと決まったシーンが彼女のどこかをよぎるようになった。
それはこころかもしれないし、頭の中にかもしれない。

そこは真っ暗だ。
真っ暗な中に白い直方体がぼんわりと浮かび上がっている。
直方体であるらしいことは分かるが、その前方左側は闇に消え入るかのように薄くなっている。

その前にちいさな女の子がいる。
直方体と同じように白く浮かび上がっていて、服も白い。
直方体に寄りかかって立っていることもあるし、
背中を預けて両足を伸ばし座っていることもある。
座っていることが多い。
いつも俯いていて顔は見えない。

彼女のビジョンはそれらを、それらの右斜め上から覗き見ている。

以前は眠るときにしか浮かんでこなかったが、最近は眠れない時にもイメージするとすっと現れるようになった。
しばらく眺めていると体と顔が弛緩をはじめる。
そして自然と眠りに落ちるのだ。

眺めていても彼女は特に何も感じないし何も考えない。他には何も浮かんでこない。
彼女はただ見ているだけだ。





(2017.2.5追記)
とても疲れているとき、思惟の波にもまれたとき、このビジョンは見えない。
ただ暗闇の中に何とか存在しようと白い霧がうっすら見えるだけだ。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

何もない日

朝早く起きられたということ。 シンとした空気に触れられたこと。 本を読めたこと。 朝食をいつもより多く食べられたこと。 日焼け止めをきちんと塗って外出したこと。 通勤ラッシュの中知らない誰かが車を止め …

noimage

おでこのこり

最近とても気になっていることがある。 それは彼女のおでこのコリだ。 彼女は考えているときや本を読んでいるとき、人ごみにもまれたときなど いつの間にか眉間に力が入ってしまう。 しわができない代わりにずっ …

noimage

彼女とHSSと著作権と僕3

こういう時僕はすごく思う。 少し知識のある人がこれまでの彼女の話を読んだならおそらく見当がついているだろう。 そう、おそらく彼女はHSSだ。 海外でフラフラ数年暮らし、 7、8時間のトレッキングもひと …

彼女が大切に大切にこれ以上崩れてしまわないよう手の中に柔らかく包んだ美しいもの

彼女が大切に大切にこれ以上崩れてしまわないよう手の中に柔らかく包んだ美しいもの

誰か、助けてほしい。 彼女は分かっている。 自分は誰かに甘えようとしている。 彼女は分かっている。 本当は誰も助けてなどくれない。 だから余計に願ってしまう。 誰か、助けてほしい。   (追 …

温かみは城の外に

温かみは城の外に

最近彼女が恋しがっているのが分かる。 彼女はさみしがっている。 誰かにそばにいてほしいと思っているし、 横で寝息が聞こえたら頭痛と共に目が醒めることもなくなるだろうと思っている。 男。 今まで彼女はあ …

表面下の世界

2019/01/16

表面下の世界

渇き

2019/01/07

渇き

秋晴れ

2018/11/24

秋晴れ

記事内の彼女の絵や写真。
2019年4月
« 1月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ