彼女の話

(no title)

投稿日:2017年1月20日 更新日:

いつの頃からか眠りに落ちる間際に
時折ふぅっと決まったシーンが彼女のどこかをよぎるようになった。
それはこころかもしれないし、頭の中にかもしれない。

そこは真っ暗だ。
真っ暗な中に白い直方体がぼんわりと浮かび上がっている。
直方体であるらしいことは分かるが、その前方左側は闇に消え入るかのように薄くなっている。

その前にちいさな女の子がいる。
直方体と同じように白く浮かび上がっていて、服も白い。
直方体に寄りかかって立っていることもあるし、
背中を預けて両足を伸ばし座っていることもある。
座っていることが多い。
いつも俯いていて顔は見えない。

彼女のビジョンはそれらを、それらの右斜め上から覗き見ている。

以前は眠るときにしか浮かんでこなかったが、最近は眠れない時にもイメージするとすっと現れるようになった。
しばらく眺めていると体と顔が弛緩をはじめる。
そして自然と眠りに落ちるのだ。

眺めていても彼女は特に何も感じないし何も考えない。他には何も浮かんでこない。
彼女はただ見ているだけだ。





(2017.2.5追記)
とても疲れているとき、思惟の波にもまれたとき、このビジョンは見えない。
ただ暗闇の中に何とか存在しようと白い霧がうっすら見えるだけだ。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

彼女のInstagram

彼女はこの1月からInstagramのアカウントを自分で作って自分で管理している。 このブログやTwitterやGoogle+は僕が100%管理運営していて、彼女は傍観しているだけなのだが、 Inst …

noimage

泥の中に手を

彼女はある夏の日のことを後悔している。 その時彼女はひとりで7時間行程の山登りをした。 山登りといっても山登りとハイキングの間みたいなものだった。 彼女はときどきこうやってひとりで人のいないところへ行 …

彼女のカーテン

彼女のカーテン

彼女の部屋のカーテンは大体いつも閉じられている。   彼女の瞳の色は普通のひとより真っ黒だ。 髪の色も真っ黒だが、たぶん瞳はもっと黒い。 でも彼女は眩しく明るい場所が好きじゃない。 年を経て …

だれかのことを思うとき

だれかのことを思うとき

今朝彼女の家には佐川急便やら郵便やらが入れ替わりたち替わりやってきて 大中小の箱をそれぞれ置いていった。 12月25日の朝、誰かから彼女へのクリスマスプレゼントだ。 彼女はみんなきちんとパーフェクトな …

noimage

彼女とモネ

彼女はモネに対して少し複雑な感情を抱いている。   美術館で著名な画家の絵や有名な作品を見ると彼女はいつも同じことを思う。 全部ニセモノかもな・・・   フランスから初来日した絵だ …

表面下の世界

2019/01/16

表面下の世界

渇き

2019/01/07

渇き

秋晴れ

2018/11/24

秋晴れ

記事内の彼女の絵や写真。
2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ