彼女の話

強烈ノスタルジー

投稿日:

今年彼女は強烈なノスタルジーを感じる存在に出会った。
その存在をみたりきいたりしているとこころがぎゅいんとしたりほわんとしたりする。


その存在についてもっと知ろうと思えば知ることはできるのだが、
彼女は知りたいような気もするし、
知ってしまうと、その心地いい強力な懐かしさを感じることができなくなるような気もして
そのままにしている。


それでも彼女はなんとなくわかっている。
自分はこの存在とすぐにではなくても、数年後もしくは数十年後きっと関わることになる。


だから焦らない。
彼女は自分にできる方法で自然とその存在に近づいていくことになるような気がしているし、
描くことがそれを助けるのかもしれない、と少しほほえむ。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

認められるということ

認める、というのは人が成す行為だ。 彼女は認められたいと思っている。 彼女は”人”が彼女を『認める』ことを望んでいるということだ。 彼女は「たぶん絵を認めてほしい」と思っている。 絵はただの絵だ。 彼 …

朽ちかけの大木

彼女の写真: 朽ちかけの大木

彼女は写真を撮る。見るのも撮るのもマクロの写真が好きだ。 その中でも朽ちかけた木を特に愛する。 なぜかはよく分からない。   ちなみに彼女はカバやゾウも好きで、 朽ちかけた木の皮はそんな彼ら …

彼女が大切に大切にこれ以上崩れてしまわないよう手の中に柔らかく包んだ美しいもの

彼女が大切に大切にこれ以上崩れてしまわないよう手の中に柔らかく包んだ美しいもの

誰か、助けてほしい。 彼女は分かっている。 自分は誰かに甘えようとしている。 彼女は分かっている。 本当は誰も助けてなどくれない。 だから余計に願ってしまう。 誰か、助けてほしい。   (追 …

noimage

彼女と税金

彼女は別に貧乏ではないがお金持ちでもない。 大体は根っからの倹約家であるため、ムダにお金を使うこともないが、 かといってその時に必要だと思えば大枚をはたくこともあまりいとわない。 この間のように2か月 …

noimage

彼女と鉛筆

彼女は鉛筆がめちゃくちゃ好きだ。 それから鉛筆をカッターで削るのが更に好きだ。 彼女は鉛筆のあの柔らかさが好きだ。 いわゆるシャーペンは紙を傷つけながらかいている感があるのだという。 かいたあとに紙を …

表面下の世界

2019/01/16

表面下の世界

渇き

2019/01/07

渇き

秋晴れ

2018/11/24

秋晴れ

記事内の彼女の絵や写真。
2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ