彼女の話

強烈ノスタルジー

投稿日:

今年彼女は強烈なノスタルジーを感じる存在に出会った。
その存在をみたりきいたりしているとこころがぎゅいんとしたりほわんとしたりする。


その存在についてもっと知ろうと思えば知ることはできるのだが、
彼女は知りたいような気もするし、
知ってしまうと、その心地いい強力な懐かしさを感じることができなくなるような気もして
そのままにしている。


それでも彼女はなんとなくわかっている。
自分はこの存在とすぐにではなくても、数年後もしくは数十年後きっと関わることになる。


だから焦らない。
彼女は自分にできる方法で自然とその存在に近づいていくことになるような気がしているし、
描くことがそれを助けるのかもしれない、と少しほほえむ。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

彼女と窮屈な箱

これも巨大物恐怖症と同じく彼女の弱点のひとつだが、 大きすぎるものと反対に彼女は狭い空間を嫌がる。 閉所恐怖症だ。 なぜこうなったかは分からないが、 とてもとても小さかったときの彼女はむしろそんな場所 …

noimage

「どうか 受け入れてほしい。 私がドアを開けたら 何も正さず 何も壊さず ただ ときどきでいいから 抱きしめてほしい。 」 関連

哲学の現代的意味

哲学の現代的意味

彼女は久しぶりに『ソフィーの世界』を開いていた。 読むでもなく、読まないでもなく、ページをパラパラめくっていた。 忘れかけていた疑問がいくつも蘇る。 そして思う。 「だれかわたしをわたしだと認めてはく …

noimage

燻る-くすぶる

彼女はある夜自分の中が激しく噴火したがっているのを感じた。 くやしい くやしいくやしいくやしい!! 怒りのような欲求不満のようなハラワタがとび出てきそうな そんな不快感。 そして熱。 食いしばった歯の …

noimage

それが問題だ。

最近の彼女はあまり考え込んではいないようだ。 やることがたくさんあるから考えこむ暇がないのである。 思考のループにはまって抜け出せなくなったとき、よく聞く提案。 運動をしろ、とか 好きな音楽を聴け、と …

記事内の彼女の絵や写真。
2019年5月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ