彼女の話

ナンバーワン

投稿日:

あなたは誰かのナンバーワンだろうか。
またはあなたにとってナンバーワンだと思える人はいるだろうか。
彼女はそんな誰かを失った。


友人Nは彼女にとってナンバーワンだった。
ナンバーワンはオンリーワンだ。
事実はどうあれ、Nも自分のことを1番に思ってくれている、とどこかで思っていた。

Nの結婚が決まって以来、彼女はNに会っていなかったのだが、
最近やっと会うことができた。
Nはそれなりに大変そうだが、とても幸せそうだったという。

同時にそれほど何も変わっていないように思えるNを見て、
彼女はどうも自分が知らない人間といるような奇妙な感覚が拭えなかった。
Nの顔を見ていると、パウル・クレーが描くような四角い顔になったり、
雲が作り出すパレイドリアになったりした。

Nが結婚が決まった幸せボケで性格が豹変してしまったわけでは決してない。
これは彼女が受信した感覚でしかない。


彼女がNにとってナンバーワンだと本気で思っていたわけでもない。
ただ、彼女にとってNは唯一身内のような存在だった。
それが、そうではなくなった、ということなのだろう。
いつも自分を1番に助けてくれようとしてくれていた人が、
そうできなくなる。しなくなる。

離れて過ごしていても、なんとなく気づいていたが、
目の当たりにすると寂しさや色んな意味の小さな嫉妬とともに
彼女は自分を見失った。
「今自分は誰の何なのか。」


Nにとって彼女が1番でなくなったとして、
どうして彼女にとっての1番もNでなくなってしまったのだろう。

たぶん、「Nが1番でなくなってしまった」のではなくて
”1番にしないように”しようとしているのだ。
依存しては相手も自分も困るだけだ。

困ったり傷ついたりするくらいなら、最初から距離をとっていた方がいい。
これは彼女が今までずっとずっとずっと繰り返してきた人との付き合い方だ。
僕は彼女がNに対してこの姿勢をとるとはよもや思ってもいなかった。
Nは彼女にとって唯一社会的精神的に絶対に必要な人であったから。
誤解を恐れず言うならば身内がいない彼女にとって、これは自傷行為にも思える。

彼女はこの辺がうまくできない。
まだ0か100でしか人と接することができないのだ。


彼女は急激に体調を崩し、一刻も早く城に戻りたがった。
Nの外出中に帰ってきてしまった。
そこにそのままいれば何かが元に戻らなくなってしまうようでたまらなった。
城に戻って彼女はしばらく胸やけを訴え、
その炎を吐き出すように動物みたいに低く唸り続けていた。
人間であろうと必死に留まろうとしているようだった。


こういう出来事は城の外への恐怖を強化させてしまう。
彼女はまたしばらく冬眠してしまうかもしれない。
誰かにとっての、自分にとってのナンバーワンを求めながら。



ナンバーワン

-彼女の話

執筆者:

関連記事

彼女の時計

彼女の時計

残念ながら先日電池を交換した彼女の腕時計の針は 再び散漫な仕事を繰り返すようになってしまった。 修理査定に出そうと考えた彼女はまず時計屋の少なさに驚いた。 文明の利器スマホを頼っても彼女の住む周辺には …

noimage

そこにこころが

彼女は手紙とかLINEとかメールが苦手だ。 そこに心があるかもと思うと開くのがいつも億劫になる。 彼女は時節のあいさつを大切に思っている人で、 そういう時期になればハガキをだす。 でもお別れの手紙とか …

noimage

随時更新予定

欲求 回避依存 快晴 不信 恋 強くない体 良心 人 HSP 感情 ペルソナ LINE 信頼 疑問 頭痛 彼女を孤独にさせるもの。 彼女を彼女たらしめているもの。 随時更新予定。 関連

noimage

沿線生活

彼女は昔お金がとてもなかったとき、 線路沿いの安いアパートに住んでいた。 すごく安かったけど、すごくうるさかった。 騒音や刺激に打たれ強い人だって線路沿いの部屋は安くても避ける。 だれだって静かな生活 …

朽ちかけの大木

彼女の写真: 朽ちかけの大木

彼女は写真を撮る。見るのも撮るのもマクロの写真が好きだ。 その中でも朽ちかけた木を特に愛する。 なぜかはよく分からない。   ちなみに彼女はカバやゾウも好きで、 朽ちかけた木の皮はそんな彼ら …

記事内の彼女の絵や写真。
2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ