彼女の話

ナンバーワン

投稿日:

あなたは誰かのナンバーワンだろうか。
またはあなたにとってナンバーワンだと思える人はいるだろうか。
彼女はそんな誰かを失った。


友人Nは彼女にとってナンバーワンだった。
ナンバーワンはオンリーワンだ。
事実はどうあれ、Nも自分のことを1番に思ってくれている、とどこかで思っていた。

Nの結婚が決まって以来、彼女はNに会っていなかったのだが、
最近やっと会うことができた。
Nはそれなりに大変そうだが、とても幸せそうだったという。

同時にそれほど何も変わっていないように思えるNを見て、
彼女はどうも自分が知らない人間といるような奇妙な感覚が拭えなかった。
Nの顔を見ていると、パウル・クレーが描くような四角い顔になったり、
雲が作り出すパレイドリアになったりした。

Nが結婚が決まった幸せボケで性格が豹変してしまったわけでは決してない。
これは彼女が受信した感覚でしかない。


彼女がNにとってナンバーワンだと本気で思っていたわけでもない。
ただ、彼女にとってNは唯一身内のような存在だった。
それが、そうではなくなった、ということなのだろう。
いつも自分を1番に助けてくれようとしてくれていた人が、
そうできなくなる。しなくなる。

離れて過ごしていても、なんとなく気づいていたが、
目の当たりにすると寂しさや色んな意味の小さな嫉妬とともに
彼女は自分を見失った。
「今自分は誰の何なのか。」


Nにとって彼女が1番でなくなったとして、
どうして彼女にとっての1番もNでなくなってしまったのだろう。

たぶん、「Nが1番でなくなってしまった」のではなくて
”1番にしないように”しようとしているのだ。
依存しては相手も自分も困るだけだ。

困ったり傷ついたりするくらいなら、最初から距離をとっていた方がいい。
これは彼女が今までずっとずっとずっと繰り返してきた人との付き合い方だ。
僕は彼女がNに対してこの姿勢をとるとはよもや思ってもいなかった。
Nは彼女にとって唯一社会的精神的に絶対に必要な人であったから。
誤解を恐れず言うならば身内がいない彼女にとって、これは自傷行為にも思える。

彼女はこの辺がうまくできない。
まだ0か100でしか人と接することができないのだ。


彼女は急激に体調を崩し、一刻も早く城に戻りたがった。
Nの外出中に帰ってきてしまった。
そこにそのままいれば何かが元に戻らなくなってしまうようでたまらなった。
城に戻って彼女はしばらく胸やけを訴え、
その炎を吐き出すように動物みたいに低く唸り続けていた。
人間であろうと必死に留まろうとしているようだった。


こういう出来事は城の外への恐怖を強化させてしまう。
彼女はまたしばらく冬眠してしまうかもしれない。
誰かにとっての、自分にとってのナンバーワンを求めながら。



ナンバーワン

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

イニシャルドリーム2

彼女は訪れたこともない外国にいた。 見慣れない家の、親しみのない玄関で、 強引に押し入ってこようとする数人の異邦人を何とか入れまいと ドアノブを握りしめていた。 彼らは全員男性だった。 いやだ、こわい …

noimage

共鳴する彼女

彼女は知らない人と話すが苦手だ。 それにも関わらず見知らぬ人に話しかけられやすい。 たとえば職場に新しい人が入ってきたとき、 彼女はできるだけ自分の存在を薄く薄く振る舞い、必要に応じて あの「どうか話 …

noimage

痛み

彼女は痛がりだ。 彼女はそんなことない、ほんとに痛いのだと神妙に言うのだが、 ちょっと大げさなような気もする、と時々思う。 たとえばマッサージに行ったとき、痛かったらいってくださいね、と言われたので …

noimage

(no title2)

彼女は最近ひどく不安定だ。 ゆらゆらしているのに、口は貝のようにしっかりと固く閉ざされている。 誰にでも憂鬱になるときはある。 僕はただ待つしかない。 関連

いちねんせいのかのじょ

いちねんせいのかのじょ1

ある晴れた朝、彼女はぼうっと城のベランダに腰かけて外をみていた。 ふと赤い生き物が視界の隅に入ってきて目を向けると、 それはランドセルを背負った小さな女の子だった。 まだ春休みのはずなのに、今日は登校 …

記事内の彼女の絵や写真。
2019年5月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ