彼女の話

ナンバーワン

投稿日:

あなたは誰かのナンバーワンだろうか。
またはあなたにとってナンバーワンだと思える人はいるだろうか。
彼女はそんな誰かを失った。


友人Nは彼女にとってナンバーワンだった。
ナンバーワンはオンリーワンだ。
事実はどうあれ、Nも自分のことを1番に思ってくれている、とどこかで思っていた。

Nの結婚が決まって以来、彼女はNに会っていなかったのだが、
最近やっと会うことができた。
Nはそれなりに大変そうだが、とても幸せそうだったという。

同時にそれほど何も変わっていないように思えるNを見て、
彼女はどうも自分が知らない人間といるような奇妙な感覚が拭えなかった。
Nの顔を見ていると、パウル・クレーが描くような四角い顔になったり、
雲が作り出すパレイドリアになったりした。

Nが結婚が決まった幸せボケで性格が豹変してしまったわけでは決してない。
これは彼女が受信した感覚でしかない。


彼女がNにとってナンバーワンだと本気で思っていたわけでもない。
ただ、彼女にとってNは唯一身内のような存在だった。
それが、そうではなくなった、ということなのだろう。
いつも自分を1番に助けてくれようとしてくれていた人が、
そうできなくなる。しなくなる。

離れて過ごしていても、なんとなく気づいていたが、
目の当たりにすると寂しさや色んな意味の小さな嫉妬とともに
彼女は自分を見失った。
「今自分は誰の何なのか。」


Nにとって彼女が1番でなくなったとして、
どうして彼女にとっての1番もNでなくなってしまったのだろう。

たぶん、「Nが1番でなくなってしまった」のではなくて
”1番にしないように”しようとしているのだ。
依存しては相手も自分も困るだけだ。

困ったり傷ついたりするくらいなら、最初から距離をとっていた方がいい。
これは彼女が今までずっとずっとずっと繰り返してきた人との付き合い方だ。
僕は彼女がNに対してこの姿勢をとるとはよもや思ってもいなかった。
Nは彼女にとって唯一社会的精神的に絶対に必要な人であったから。
誤解を恐れず言うならば身内がいない彼女にとって、これは自傷行為にも思える。

彼女はこの辺がうまくできない。
まだ0か100でしか人と接することができないのだ。


彼女は急激に体調を崩し、一刻も早く城に戻りたがった。
Nの外出中に帰ってきてしまった。
そこにそのままいれば何かが元に戻らなくなってしまうようでたまらなった。
城に戻って彼女はしばらく胸やけを訴え、
その炎を吐き出すように動物みたいに低く唸り続けていた。
人間であろうと必死に留まろうとしているようだった。


こういう出来事は城の外への恐怖を強化させてしまう。
彼女はまたしばらく冬眠してしまうかもしれない。
誰かにとっての、自分にとってのナンバーワンを求めながら。



ナンバーワン

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

彼女の秘密

彼女はついに絵も描かなくなってしまった。 動悸もするし、ひどく憂鬱そうにしている。 呼吸がしにくいせいで酸素が脳や体内に行きわたっていないのか、 四六時中眠気と闘っている。 だからといって横になっても …

純音の朝

純音の朝

いつまでこんな夜を いつまでこんな朝を 一体いつまで、続けるのだろう。 どうしてこうなってしまったんだろう。 どうしてこんなにもひとりになってしまったんだろう。 毎朝聴くあの無機質な音。 彼女自身が作 …

noimage

ミルクと牛乳

余談だが、ここで彼女になぜミルクなのかと尋ねられた。 牛乳ではいけないのか、というのだ。 僕はそこはそんなに重要ではないと話した。 彼女は眉をひそめた。 言葉を使うのにシャレづくなというのである。 ハ …

noimage

彼女の頭の中のいちばん外側

彼女はいつも自分は結局一体なんなのだろう、と考える。 自分の行動を振り返る。 その時にそれは一般的な行動であったのか、 それとも自分の本来の性格によるものだったのか、 そして、それとも自分のその気質の …

彼女の世界の胚胎

彼女の世界の胚胎

彼女は自分のそんな世界に気付いてから、少しずつ幸せになれるような気がしている。 「これだから自分は自分の人生を認められない」と思っていた頃に比べれば 今は食事を作った時にいつまでもキッチンに残る生姜の …

秋晴れ

2018/11/24

秋晴れ

優しい時間

2018/10/19

優しい時間

noimage

2018/09/18

アンビバレンス3

記事内の彼女の絵や写真。
2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ