彼女の話

彼女の正月

投稿日:

休みの前の彼女は完全に引きこもれるだけの食料と本とレンタルDVDなどを調達する。
ただし今回の連休はそれに加えて、きちんと年末の大掃除を済ませ、
年越しと新年の準備も欠かさなかった。

ひとりで新年を迎えるとき、昔は彼女もあまり頓着せず、
いつもと同じように過ごしていたのだが、
ある年におせちのおすそ分けを頂いてから、おせちというのはこうも良いものか、と感動して
新年の準備をきちんとすることにした。


(年越しそばはいまだに緑のたぬきから卒業できないが、)
コタツの上には単身用の小さなおせちを真ん中に設置し、
(日本酒は飲めないので)冷やした白ワインをグラスにそそぎ、
元旦の朝に白だしをいれて作った雑煮をよそって、
いくつかのみかんを積み上げ、小さな鏡餅をその横に置いた。

彼女はそれをみて満足そうににんまりと口角を上げておせちに手をつけ
ひとつひとつの料理の由来や意味を確かめながら幸せを飲み込むように食べた。

そして満腹になってひっくり返り
「今年も良いことしかないな!」と頷いた。


-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

満たされないのは

「どこにいても 何をしていても だれと話しても 満たされないのは 自分のことばかり かんがえているから」 関連

noimage

彼女のInstagram

彼女はこの1月からInstagramのアカウントを自分で作って自分で管理している。 このブログやTwitterやGoogle+は僕が100%管理運営していて、彼女は傍観しているだけなのだが、 Inst …

いちねんせいのかのじょ

いちねんせいのかのじょ1

ある晴れた朝、彼女はぼうっと城のベランダに腰かけて外をみていた。 ふと赤い生き物が視界の隅に入ってきて目を向けると、 それはランドセルを背負った小さな女の子だった。 まだ春休みのはずなのに、今日は登校 …

彼女のおでかけー駅

彼女のおでかけー駅

彼女が駅をつかうようになったのはごくごく最近のことだ。 彼女が生まれ育った場所には駅はなくほとんど小説の中の想像上の場所だった。 ラピュタみたいなものだった。 今彼女が住む町には駅がある。 ベッドタウ …

noimage

紙と食器と重力と

自分は疲れてばかりだな、とある時彼女は思った。 真夜中にふと目を覚ました時、うっすらと瞳を開けてゆらゆらと瞳を浮遊させながら思った。 「やることは山ほどあるのに、ただの一つも済んでいかない」 部屋の中 …

表面下の世界

2019/01/16

表面下の世界

渇き

2019/01/07

渇き

秋晴れ

2018/11/24

秋晴れ

記事内の彼女の絵や写真。
2019年4月
« 1月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ