彼女の話

彼女の正月

投稿日:

休みの前の彼女は完全に引きこもれるだけの食料と本とレンタルDVDなどを調達する。
ただし今回の連休はそれに加えて、きちんと年末の大掃除を済ませ、
年越しと新年の準備も欠かさなかった。

ひとりで新年を迎えるとき、昔は彼女もあまり頓着せず、
いつもと同じように過ごしていたのだが、
ある年におせちのおすそ分けを頂いてから、おせちというのはこうも良いものか、と感動して
新年の準備をきちんとすることにした。


(年越しそばはいまだに緑のたぬきから卒業できないが、)
コタツの上には単身用の小さなおせちを真ん中に設置し、
(日本酒は飲めないので)冷やした白ワインをグラスにそそぎ、
元旦の朝に白だしをいれて作った雑煮をよそって、
いくつかのみかんを積み上げ、小さな鏡餅をその横に置いた。

彼女はそれをみて満足そうににんまりと口角を上げておせちに手をつけ
ひとつひとつの料理の由来や意味を確かめながら幸せを飲み込むように食べた。

そして満腹になってひっくり返り
「今年も良いことしかないな!」と頷いた。


-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

ライフ

映画『LIFE!/ライフ(The Secret Life of Walter Mitty、2013)』の冒頭では HSPにはかなり耳障りな時計の秒針音がつづく。 最初の3分間にも満たないわずかな時間の …

noimage

忘れていく彼女 -感情

前回と前々回のつづき 彼女にはときどき顔を合わせるおばあさんがいる。 顔を合わせても話すときもあるし、話さないときもある、 それくらいほんの少しの時間一緒にいるおばあさんだ。 そんなおばあさんが小学生 …

have a good day

HAVE A GOOD DAY!

  「朝だれも言ってくれないからお皿に言ってもらう」そうだ。   彼女は、ささやかなことで人よりも深く考え人より深く傷つく。 それは損をしているようにも見えるし、とても疲れる。 彼 …

noimage

彼女とHSSと著作権と僕2

彼女はクソがつくほど真面目で正義感が強くルールや秩序を重んじる。 正しくあろうと誰よりも目指しながら、でも人は正しいばかりではいられないと苦しむ。 今回の件について彼女は少しも悪くない。 僕は”HSP …

noimage

「おんがくをきこう」

「お腹がすかない だれかいっしょにたべてほしい 会話がおわった 今回はわたしのせいじゃないとおもう 急にあたまがとまる 喉のおくからうまれでそう お腹がおもい そこに何かひっかかってるはれてる つばが …

秋晴れ

2018/11/24

秋晴れ

優しい時間

2018/10/19

優しい時間

noimage

2018/09/18

アンビバレンス3

記事内の彼女の絵や写真。
2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ