彼女の話

彼女の正月

投稿日:

休みの前の彼女は完全に引きこもれるだけの食料と本とレンタルDVDなどを調達する。
ただし今回の連休はそれに加えて、きちんと年末の大掃除を済ませ、
年越しと新年の準備も欠かさなかった。

ひとりで新年を迎えるとき、昔は彼女もあまり頓着せず、
いつもと同じように過ごしていたのだが、
ある年におせちのおすそ分けを頂いてから、おせちというのはこうも良いものか、と感動して
新年の準備をきちんとすることにした。


(年越しそばはいまだに緑のたぬきから卒業できないが、)
コタツの上には単身用の小さなおせちを真ん中に設置し、
(日本酒は飲めないので)冷やした白ワインをグラスにそそぎ、
元旦の朝に白だしをいれて作った雑煮をよそって、
いくつかのみかんを積み上げ、小さな鏡餅をその横に置いた。

彼女はそれをみて満足そうににんまりと口角を上げておせちに手をつけ
ひとつひとつの料理の由来や意味を確かめながら幸せを飲み込むように食べた。

そして満腹になってひっくり返り
「今年も良いことしかないな!」と頷いた。


-彼女の話

執筆者:

関連記事

たそがれ

たそがれ

彼女が一日の中で一番すきな時間はたそがれ時だ。 早朝の「キリっとパリッとした空気」も好きだが(彼女は早起きが苦手だし)、 その日一日あつく熱された世界を静かに穏やかに落ち着かせようとするあの時間には変 …

noimage

彼女は何の音もない世界にいるのが好きだ。 城の中は空気も動かないような静けさが横たわっている。 そんな時彼女は「ああ、なんて静かなんだろう」とその静謐に耳を傾ける。 嫌いな音が多い。 改造車やバイクの …

noimage

ダウンタイム

彼女には最近生活の変化があって、あまり仕事をしていない。 もちろん収入は減るが彼女はときどき食べるために働くことをやめて 心や体をリセットでもさせるようにダウンタイムを人生の端々で設けている。 出勤し …

noimage

距離

「なぜ自分のものさしだけで私との距離を測るのか」 「ズカズカ入ってこようとするな、理解しようとなんてするな」 「気を遣ったようなフリをして、私のことを分かったような物言いはやめろ」 距離がとりにくい人 …

noimage

愛する自信・愛される自信

僕は待つつもりだったのだが、思いがけず彼女が口を開いた。 それは彼女がコラージュをしているときだった。 「私は頭がおかしいんじゃない。 愛する自信も愛される自信もないだけなのだ」 それはとてもネガティ …

記事内の彼女の絵や写真。
2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ