彼女の話

彼女の隣人

投稿日:

彼女の城の隣では最近何か変化が起きたようだ。


時々宅配のおにいさんがピンポンを鳴らしたりしていたから
誰か住んでいるのは確かなようだった。
2,3ヶ月前まで隣人はおそらくほとんど帰っていないか、
もしくは彼女と生活リズムがまったく合っていないか、
壁がものすごく厚いのか、
そのどれかだろうと彼女は思っていた。
それほどに静かだったのである。
生活音がまるでない。
静けさを好む彼女にとっては大変な好都合だった。


彼女は一時期、特に海外に住んでいた頃ミソフォニアともいえるほどに
他人の生活音が許せなくなったときがあった。
音に関して言えば延々と反復される音が今でも苦手であるし、
(他人が鉛筆を叩く音、マッサージ機のウィンウィン音、ゆるい蛇口から落ち続ける滴音など)
音楽を聴いていてもメインのメロディラインの背後に譜された単調なリズムを
すぐに発見してしまってはそこばかりが気になって音楽全体が楽しめない、ということがある。


そんな彼女の隣人は最近住む人が変わったのか、生活が変わったのか、
とにかくよく音をたてる人である。
彼女は自分の住む城の壁が厚くはないことを確信した。

隣人は彼女よりも早く家を出る。
それがいつもきっかり8:02。
その直前に明らかにアセっているらしいトイレのフタとドアを乱暴に連続して閉める音が聞こえる。
ボンッ!、・・バンッッッ!!!
彼女はいつも少しびくっとする。
おそらく隣人は8:00に出たいのだが出れずにアセっているのだろう。


最近彼女の帰宅は遅いので、隣人はいつも先に帰っているのか、
彼女が体を洗って食事を摂るころにはイビキがきこえてくる。
壁がよっぽど薄いのか、イビキがよっぽど大きいのかは分からない。


彼女はある時ニヤリとほくそ笑む自分に気付いた。
そのなんとも人間らしい、いや、生き物らしいイビキ。
笑えてくる。

そして思った。
自分は朝と夜と聞くこの隣人の生活音にまったく不快感をおぼえない。
むしろその生活音、もとい世界音を楽しんでいる。


彼女は急に”外の世界”を感じた。


城の外の世界。
そこに拡がる誰かたちの世界。
そこは彼女が思いもよらない音で満ちているかもしれないことを。



彼女の隣人

-彼女の話

執筆者:

関連記事

彼女がつくり、守ってきたもの

彼女がつくり、守ってきたもの

彼女はときどき放心している。 急に頭が重たくなってひどく眠たくなって頭を床に打ち付けるように倒れこむ。 目が覚めたとき、まるで眠っている間に誰かが頭に鉛を詰め込んでいったかのように さらに重たくなって …

noimage

「おんがくをきこう」

「お腹がすかない だれかいっしょにたべてほしい 会話がおわった 今回はわたしのせいじゃないとおもう 急にあたまがとまる 喉のおくからうまれでそう お腹がおもい そこに何かひっかかってるはれてる つばが …

noimage

退行する彼女

彼女は自分は成長どころか退行していると感じている。 彼女はNと相変わらず連絡をとっていない。 Nからは、週末を使った小旅行に行かないかと誘いがあったのだが答えていない。 読んだときは何も思わなかった。 …

たくさんの小さなうれしいこと

たくさんの小さなうれしいこと

朝、静かに降る雨のおかげで 彼女はとても落ち着いた気持ちで目を覚ますことができた。 外出先のお店で、この間まで体調不良を訴えていた店員さんが 病院で薬をもらってすっかり元気になっていた。 家に帰ったと …

noimage

彼女とHSSと著作権と僕3

こういう時僕はすごく思う。 少し知識のある人がこれまでの彼女の話を読んだならおそらく見当がついているだろう。 そう、おそらく彼女はHSSだ。 海外でフラフラ数年暮らし、 7、8時間のトレッキングもひと …

優しい時間

2018/10/19

優しい時間

noimage

2018/09/18

アンビバレンス3

棚

2018/08/29

記事内の彼女の絵や写真。
2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ