彼女の話

彼女の隣人

投稿日:

彼女の城の隣では最近何か変化が起きたようだ。


時々宅配のおにいさんがピンポンを鳴らしたりしていたから
誰か住んでいるのは確かなようだった。
2,3ヶ月前まで隣人はおそらくほとんど帰っていないか、
もしくは彼女と生活リズムがまったく合っていないか、
壁がものすごく厚いのか、
そのどれかだろうと彼女は思っていた。
それほどに静かだったのである。
生活音がまるでない。
静けさを好む彼女にとっては大変な好都合だった。


彼女は一時期、特に海外に住んでいた頃ミソフォニアともいえるほどに
他人の生活音が許せなくなったときがあった。
音に関して言えば延々と反復される音が今でも苦手であるし、
(他人が鉛筆を叩く音、マッサージ機のウィンウィン音、ゆるい蛇口から落ち続ける滴音など)
音楽を聴いていてもメインのメロディラインの背後に譜された単調なリズムを
すぐに発見してしまってはそこばかりが気になって音楽全体が楽しめない、ということがある。


そんな彼女の隣人は最近住む人が変わったのか、生活が変わったのか、
とにかくよく音をたてる人である。
彼女は自分の住む城の壁が厚くはないことを確信した。

隣人は彼女よりも早く家を出る。
それがいつもきっかり8:02。
その直前に明らかにアセっているらしいトイレのフタとドアを乱暴に連続して閉める音が聞こえる。
ボンッ!、・・バンッッッ!!!
彼女はいつも少しびくっとする。
おそらく隣人は8:00に出たいのだが出れずにアセっているのだろう。


最近彼女の帰宅は遅いので、隣人はいつも先に帰っているのか、
彼女が体を洗って食事を摂るころにはイビキがきこえてくる。
壁がよっぽど薄いのか、イビキがよっぽど大きいのかは分からない。


彼女はある時ニヤリとほくそ笑む自分に気付いた。
そのなんとも人間らしい、いや、生き物らしいイビキ。
笑えてくる。

そして思った。
自分は朝と夜と聞くこの隣人の生活音にまったく不快感をおぼえない。
むしろその生活音、もとい世界音を楽しんでいる。


彼女は急に”外の世界”を感じた。


城の外の世界。
そこに拡がる誰かたちの世界。
そこは彼女が思いもよらない音で満ちているかもしれないことを。



彼女の隣人

-彼女の話

執筆者:

関連記事

彼女が失うもの

彼女が失うもの

彼女は、こういう自分が失うものは何だろうと考える。 人と距離をあけすぎる自分。みんなができることができない自分。嫌なことにはどうしても我慢ができない自分。そしてそれらすべての自分から逃げている自分。 …

noimage

燻る-くすぶる

彼女はある夜自分の中が激しく噴火したがっているのを感じた。 くやしい くやしいくやしいくやしい!! 怒りのような欲求不満のようなハラワタがとび出てきそうな そんな不快感。 そして熱。 食いしばった歯の …

雪の夜

雪の夜

夜道を歩く彼女の前にひとつの雪の塊りが降りてきた。 降ってきたのはたったひとつで、見上げてもそれに続くものはないかに見えた。 たったひとつで降りてきて、寂しかったろうなと思ったものの 宙を舞う小さなゴ …

noimage

幸せは手さげ袋の中に。

今日彼女はとても幸せな気分で笑った。   彼女にはときどき顔を合わせるおじさんがいる。 おじさんといってももう初老の、おじいさんだ、とご本人はいうのだが。 この初老のおじさんはいつも元気でよ …

惜しい音

惜しい音

彼女にしか聴こえない音がある。 ごく小さいころから聴こえていたので、それがどうも他の人には聴こえていないようだ、と気付いた時はかなり仰天した。 一番最初に気付いた音は太鼓の音だった。 夏だったので近所 …

記事内の彼女の絵や写真。
2019年5月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ