彼女の話

彼女の隣人

投稿日:

彼女の城の隣では最近何か変化が起きたようだ。


時々宅配のおにいさんがピンポンを鳴らしたりしていたから
誰か住んでいるのは確かなようだった。
2,3ヶ月前まで隣人はおそらくほとんど帰っていないか、
もしくは彼女と生活リズムがまったく合っていないか、
壁がものすごく厚いのか、
そのどれかだろうと彼女は思っていた。
それほどに静かだったのである。
生活音がまるでない。
静けさを好む彼女にとっては大変な好都合だった。


彼女は一時期、特に海外に住んでいた頃ミソフォニアともいえるほどに
他人の生活音が許せなくなったときがあった。
音に関して言えば延々と反復される音が今でも苦手であるし、
(他人が鉛筆を叩く音、マッサージ機のウィンウィン音、ゆるい蛇口から落ち続ける滴音など)
音楽を聴いていてもメインのメロディラインの背後に譜された単調なリズムを
すぐに発見してしまってはそこばかりが気になって音楽全体が楽しめない、ということがある。


そんな彼女の隣人は最近住む人が変わったのか、生活が変わったのか、
とにかくよく音をたてる人である。
彼女は自分の住む城の壁が厚くはないことを確信した。

隣人は彼女よりも早く家を出る。
それがいつもきっかり8:02。
その直前に明らかにアセっているらしいトイレのフタとドアを乱暴に連続して閉める音が聞こえる。
ボンッ!、・・バンッッッ!!!
彼女はいつも少しびくっとする。
おそらく隣人は8:00に出たいのだが出れずにアセっているのだろう。


最近彼女の帰宅は遅いので、隣人はいつも先に帰っているのか、
彼女が体を洗って食事を摂るころにはイビキがきこえてくる。
壁がよっぽど薄いのか、イビキがよっぽど大きいのかは分からない。


彼女はある時ニヤリとほくそ笑む自分に気付いた。
そのなんとも人間らしい、いや、生き物らしいイビキ。
笑えてくる。

そして思った。
自分は朝と夜と聞くこの隣人の生活音にまったく不快感をおぼえない。
むしろその生活音、もとい世界音を楽しんでいる。


彼女は急に”外の世界”を感じた。


城の外の世界。
そこに拡がる誰かたちの世界。
そこは彼女が思いもよらない音で満ちているかもしれないことを。



彼女の隣人

-彼女の話

執筆者:

関連記事

ことばのパラレルワールドをいきる2

ことばのパラレルワールドをいきる

「あたまの中で考えているときには言葉を使っていなくてもある程度の、 ”何について、どう思って、だから結論が出ないんだ”、みたいな形があるのに 口で表現してみたとたんまったく別の話みたいになる」 「あれ …

だれかのことを思うとき

だれかのことを思うとき

今朝彼女の家には佐川急便やら郵便やらが入れ替わりたち替わりやってきて 大中小の箱をそれぞれ置いていった。 12月25日の朝、誰かから彼女へのクリスマスプレゼントだ。 彼女はみんなきちんとパーフェクトな …

noimage

彼女を包む音

引越しをして彼女は色んな音に耳を傾けるようになった。 近くに川や木々が多くあることで、鳥が多い。 色んなさえずりが聞こえてくる。 時々は雨どいをトントン跳ねながらぴーちく言っている。 その足音はなんと …

空腹の彼女

空腹の彼女

彼女の体は燃費が悪い。 普段から少ししか食べない。 その分しか胃のキャパがないのか、食べるとすぐにお腹がいっぱいになってしまう。 もしくは食べた、という事実で満腹になったような気になって食事は終わる。 …

忘れていく彼女―ことば

忘れていく彼女 -ことば

前回のつづき 彼女はこうやって自分の記憶があまり正確でも信用できるものでもないようだと気づいたとき、 それまでよりも余計に自分がふわふわしたところにいる感覚が強くなってしまった。 小さいころから自分が …

表面下の世界

2019/01/16

表面下の世界

渇き

2019/01/07

渇き

秋晴れ

2018/11/24

秋晴れ

記事内の彼女の絵や写真。
2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ