彼女の話

投稿日:


「どうか

受け入れてほしい。

私がドアを開けたら

何も正さず

何も壊さず

ただ

ときどきでいいから

抱きしめてほしい。







-彼女の話

執筆者:

関連記事

それ以来の戸惑いと逡巡と躊躇の葛藤のゆらゆら

それ以来の戸惑いと逡巡と躊躇の葛藤のゆらゆら

それ以来、彼女は自分の中に葛藤が生まれたことに気付いた。 そもそもトラブルが起こりうるような人間関係(親密になるなど)を作らないのが彼女だ。 これまでの彼女は万が一誰か何かとトラブルが起これば、 その …

noimage

抑圧と創造

彼女にはしばらく絵を描かない時期があった。 描けなかったのか、描こうとしなかったのか、なんとなく理由をつけて描かなかったのか、わからない。 また描き始めたとき、 彼女は以前ももしかしたら描いているよう …

noimage

おばあちゃんズ

彼女は人の話を聞くのが好きだ。 それも自分と全く関係のない人たちの話を聞くのがいい。 彼女がバス停へ向かうとおばあちゃんAが座ってバスを待っていた。 少し離れたところに彼女も腰を下ろした。 その後もう …

スキン・ピッキング/Living

スキン・ピッキング/Living

彼女のスキン・ピッキングが始まったのは幼少期である。 彼女は保育園のお昼寝で使う布団の端から端まで血のドットを並べた。 血は皮をむしった彼女の唇からあふれ出たものだった。 こんなことをしたらおかしく思 …

noimage

夢の話3

彼女はドラえもんやのび太たちが住んでるような 平たい街にすんでいるようだった。 高い建物がなく、一軒家がただ立ち並ぶ住宅街。 あの塀に囲まれた、車一台と人がやっと通れるような 薄いグレイの道を彼女は誰 …

優しい時間

2018/10/19

優しい時間

noimage

2018/09/18

アンビバレンス3

棚

2018/08/29

記事内の彼女の絵や写真。
2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ