彼女の話

友人N

投稿日:2017年1月23日 更新日:

彼女を語るうえで絶対に外すことができない存在が彼女の友人Nである。
Nなくして今の彼女はいないのである。


Nは「一番親しく古い友人であり、姉であり妹であり、遠くにいても近いひと」である。
Nは彼女の人生の半分以上を知っている。
その間いつもいつもそばで彼女を見ていた、というわけではないが、
彼女の人生の転換期や分岐点においてNが彼女を支えてきたことは間違いない。

彼女はたとえ自分が殺人を犯したとしても、世界でNだけは面会に来てくれるだろうと思っている。
僕もそう思う。

彼女がどうしてそこまでNに絶対的な信頼を置けるかというと、それはNの一貫性にあるかもしれない。
環境や人や生活など彼女が意図しようとしまいと、目まぐるしく変化してきた彼女のこれまでにおいて
唯一絶対に変わらなかった存在がNであるからだ。


ふたりは子供の頃に出会っているから、Nだってそれから成長し変化したものは当然ある。
しかしNのNたらしめる部分だけは子供の時分から揺らいでいないのだ、と彼女は言う。


これまで彼女にどんなことが起ころうと、彼女がどれだけ崩れていこうと、
Nはどこかで”彼女は大丈夫だ”と信じていた。
そしてそれを彼女がぼんやりとした心で漠然と受け取っていた。
「自分を信じてくれているたったひとりがNだった」
それは何かあるごとに強化されていった。

彼女は今までも色んな意味でNがいなければ生きてこれなかったかもしれない。
前述したような支えの意味でも、城の保証人など社会的な意味でも。


彼女は最近自分の世界にとても感謝し、大切にし、それが自分を紛れもなく支えてくれているということが奇跡のように思える。
今このタイミングで新しい世界が開けつつあるのはなぜだろう、どうして突然こんな出会いがあったのだろうと考えていたが、彼女は最近なんとなくその理由が分かった気がする。

それはこれまで意識しようともしまいとも自分の一部であったようなN。
そのNが近々結婚するかもしれないからだ。


今この彼女に自信を与えてくれる新たな世界に出会うまで、Nは長いこと彼女の船となってくれていた。
逆に言えばこの世界がなければ彼女はNという船からぐるりんと今度こそ海へ落ちてしまうところだったかもしれない。
世の中はなるようになっている、と思ってしまいそうだ。


「NはこれからもNだ。それは変わらない。」
「こんな時でも自分のことばかりで悪いけど、今余裕でお祝いできる自分がいて良かった。見捨てないでとすがらない自分を作ってくれたのもNだった。それがとてもとてもとてもうれしくてありがたい」





-彼女の話

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

noimage

何もない日

朝早く起きられたということ。 シンとした空気に触れられたこと。 本を読めたこと。 朝食をいつもより多く食べられたこと。 日焼け止めをきちんと塗って外出したこと。 通勤ラッシュの中知らない誰かが車を止め …

noimage

彼女と絵: パウル・クレー

パウル・クレーは彼女が今のところ「いちばん好きだ」という画家だ。 (今のところ、というのは自分はまだ世界中のすべての絵を見たわけではないから、ということだ。)   彼の作品にはたくさんの色を …

noimage

彼女はまだ

彼女はまだ自分の気質についてよく知らない。 彼女はまだ自分の気質についてはじめて書かれた本を一度も読み終えていない。   これまでに3回読もうとしたが、果たさなかった。   1回目 …

noimage

彼女と鉛筆

彼女は鉛筆がめちゃくちゃ好きだ。 それから鉛筆をカッターで削るのが更に好きだ。 彼女は鉛筆のあの柔らかさが好きだ。 いわゆるシャーペンは紙を傷つけながらかいている感があるのだという。 かいたあとに紙を …

noimage

彼女を包む音

引越しをして彼女は色んな音に耳を傾けるようになった。 近くに川や木々が多くあることで、鳥が多い。 色んなさえずりが聞こえてくる。 時々は雨どいをトントン跳ねながらぴーちく言っている。 その足音はなんと …

優しい時間

2018/10/19

優しい時間

noimage

2018/09/18

アンビバレンス3

棚

2018/08/29

記事内の彼女の絵や写真。
2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ